代替エネルギー 

2006年08月11日(金) 0時09分
昨今の「ガソリン代沸騰」ニュースに湧く今にふさわしい!? 映画を観てみました。
ホントは偶然です。「シリアナ」という映画です。

石油利権のお話なのですが、これまたなんだかドロドロで。ホントにコルタールのようなお話でした。
アメリカの経済界とCIAとアラブの国々とテロリストが絡み合っちゃって、ごっちゃまぜです。
石油利権を求めての争いは、ここずっと耐えなかったわけだけれど、アメリカは石油よりも、石油によって富と権力を握っている中東を滅ぼしたい。だけど石油は美味しいから、貪るだけ貪って滅ぼそうという考え。アメリカの国、の考えというよりも、アメリカの消費を握っている経済界トップの考え。
そのたくらみに振り回されるCIAのスパイやアラブの王族たち、そして石油を彫るために雇われている外国人労働者。それぞれの姿を描いた映画でした。
結局、今アメリカは中東テロに悩まされているわけだけれど、それは宗教、ではなく石油の犠牲になったものたちの復讐だと。そういうお話です。

仕事柄、私もよく「新エネルギー」をテーマにした題材を取り上げる機会が増えてきました。いつか枯渇する化石燃料。それに頼らないで生きていくことを確かに考えなければいけない時代かもしれない。そもそも石油が地球温暖化を進めたんだとか、環境が大事だとかいう。利権争いの戦争もたえないから石油離れが平和を呼ぶともいう。
でも、そんなことを強く訴えているのは、実は電気会社だったりして、環境問題だって上手いこと
、表面は正義の論理を展開しているけれど、ホントは自分たちの利益欲しさだったりするんじゃないかとも思われるわけです。環境は、今じゃでかい商品。たしかに環境を守るということはいいことだと思うけれど、扱う人間たちが利益ばかりを求めていたら、また同じことの繰り返しが、いつの時代かには訪れちゃうのではないだろうか…。

なんて思うわけです。

なんだか上っ面な話ですが、突っ込んだ話はまた今度。私も勉強しま〜す。
シリアナは面白かったですよ。情報のつなぎに映画、とか小説ってとっても素敵な気がしてます。

2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:osaru-saruo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる