March 15 [Fri], 2013, 21:26
進学か就職か迷ったけど、進学を選んでよかったと思う。
学部4年、この1年は22年間生きててもっとも成長した1年だと思う。社会との関わりも多くて、実際の社会でどうふるまうべきかを学べた。もっとも勉強できたことは、どう事を進めていくか。小学校から学部3年までの授業や実験は先生がいつもどこかに居て極論を言えば受け身で座っていれば終わる。でも研究は自分から事を起こさねば何も進まない。そんな時、どうするべきか。何事も自分から動かないと始まらない。1年間がむしゃらにやってみたけど、正直研究は全く進まなかった。でも、とても勉強になった。再来週は卒業式。参加しないけどいまの大学を選んでよかったと思う。

学部4年

October 21 [Sun], 2012, 20:32
去学部3年の冬、研究室配属、就職しようか進学しようか迷っていた。就職するか進学するかでどの研究室を選ぶかも重要になるからだ。進学するなら化学系の研究室、就職するなら物理系の研究室と考えていた。散々まよったあげく、進学することにした。でも学部4年の半ばまでは就職しなくてよかったのかな…なんて思ってた。進学を選んだ理由は、単純にやりたい研究があったから。もともと今通っている大学を選んだのも、国立大学であること意外に興味のある研究室があったからなんだ。高校の時からその分野に興味があって、4年来の夢を諦めるわけにはいかない、ということである化学系の研究室を希望した。でもね、物理系の研究室にもほんとはすごい興味があったんだ。化学系の研究室は有機合成メインなんだけど、物理系の研究室は物理ということでより自然界の本質の研究をしていてすごい興味があったんだ。
 研究室配属の前には研究室見学期間みたいなのがあって、気になる研究室をみんなで見にいくんだ。希望の研究室で先生と話をした結果、進学希望者しかとらない…みたいな雰囲気だった。あと、君のやりたい研究は1年間じゃ無理だし、就職でもいいけどそんなんじゃ誰にでもできるつまんない研究しかできないよ…と言われた。その言葉で進学を決意した。

 そして始まった研究生活。はじめは毎日実験を覚えるのが大変だった。ゼミなんかもはじめての時は緊張したなあ。そして最近やっと実験操作を一通り覚えた。今はとにかく実験を繰り返してる。始発で学校に行き、終電で帰ってくることだってある。頑張って実験しても、いい結果や予想した結果が得られることは少ない。いい結果が得られないのは、自分の実験技量のせいかもしれないし、原理的な問題なのかもしれない。それゆえに、いい結果が得られた時は本当に嬉しい。そして毎日毎日本当に実験がしたくてたまらない。今は本当に実験が楽しい。そして22年間生きていて今が1番充実していると心から思っている。

欲しいものなどメモ(チラシのすみっこ)

November 08 [Mon], 2010, 21:23
【人文科学系】
・青春について  (亀井 勝一郎
・現代史の課題 (亀井 勝一郎
・イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告 ハンナ アーレント
・アイヒマン調書―イスラエル警察尋問録音記録 ヨッヘン・フォン ラング
・遠い場所の記憶 自伝  エドワード・W. サイード
・支配と服従の倫理学 羽入 辰郎
・七三一部隊の生物兵器とアメリカ―バイオテロの系譜
・モーセと一神教 フロイト

【自然科学系】
・人物で語る物理入門 米沢 富美子
・ 物理学とは何だろうか  朝永 振一郎
・ 集合への30講 志賀 浩二
・集合とはなにか (ブルーバックス) 竹内 外史
・高校数学でわかるフーリエ変換 (ブルーバックス) 竹内 淳
・実践 量子化学入門  (ブルーバックス) 平山 令明
・熱力学で理解する化学反応のしくみ (ブルーバックス) 平山 令明
・非線形科学 蔵本 由紀

【映像】
・ラマラ・コンサート (ヨーヨー・マ , ダニエル・バレンボイム)
・スペシャリスト~自覚なき殺戮者 (アドルフ・アイヒマン, エイアル・シヴァン
・夜と霧 アラン・レネ
・オイディプス王 アテネ公演  野村萬斎

無題

October 13 [Wed], 2010, 22:20
もし学部を終えて進学するなら、専門を変えようか…などと考えている。
次の専門は高分子や化学工学なんかが楽しそうだ。


nothing

October 10 [Sun], 2010, 0:07
 この20年で1番悩んでいる。選択肢があるだけ幸せだけど、その選択肢が多すぎて悩む。自分はいつも楽観的、そして面倒臭がり屋だ。でも、将来まで楽観視してていいのだろうか。
 野心を持って生きるべきか、下野した様に静かに生きるか。もしかすると時代は後者を許さないかもしれない。静かに時代や人々に埋もれて生きて行きたいと思う一方、野心をもって生きるべきだという自分がいる。静かに生きることについては1つの選択しかない。おそらく会社員や公務員など雇われて生活するのだろう。しかしそんなことをしていていいのだろうか、などという考えがどこからともなく浮かんでくる。自分は日本と言う国に生まれ、平和や繁栄を享受しているが、その平和や繁栄を自分たちのものだけにしてて良いのだろうか、それらを享受している自分たちは、貧しい国々に尽くすべきではないのだろうか…などと考えてしまう。ここで言う野心というのはそのようなものだ。具体的に言えば、途上国を支援したい。そこで最近思うのが、企業。具体的には、途上国で水産加工をメインに徐々に周辺工業へと事業を拡大していきたい。結果的に途上国を支援できたら良いと思う。

 最近、孫正義の人生計画についての動画を見た。それを見て以来、自分の人生は自分でしっかり歩まなくてはいけないと思う気持ちがいっそう強くなった。そして企業への野心がさらに強まった。もし十分にお金と名声が得られれば、将来的には政界に進出したいと思う。確かに政治には興味は人並みもしくはそれ以上に興味はあったけど、つい最近まで自分が政界なんてありえないと思っていた。でもいろいろと思う事があってそう思うようになった。2世議員の利権政治には飽き飽きだし、日本をどうにかして強国として長持ちさせたいし、財政状態だって気になるし、それに人生は1度きりだしね、国民の権利義務として意見を言わなくてはならない。とにかく小選挙区制の選挙制度を改めたい。あと日本を資源大国にしたい。あと科学系の学生として、もっと科学を育てたい。



でもお金がない。勇気もない。だから結局普通の人生を歩むのだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:3年前に忘れました。
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1907年12月31日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
  • アイコン画像 趣味:
    ・京都-離島
    ・中東-みちのく
    ・ロシア-太平洋
読者になる
馬鹿です
精神年齢8歳の暇人です
ごめんなさい
懺悔します



2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像おれ
» 欲しいものなどメモ(チラシのすみっこ) (2010年11月12日)