つっこみたいけど 

2006年02月20日(月) 0時17分
今日は初めて子供を連れて義実家に行ってきた。
やっぱり寒い!
義母が「うちは暖かいでしょ」
というのをあいまいな笑顔で「陽があたれば暖かいですよね」
などと返す。本音は
「外と気温変わらんやん、ストーブ付けようよ〜」
だけど、最初に「暖かいでしょ」
と言われれば言いにくい。
節約してるのか気にならないのか、お湯が出ない。
ぬくぬくと育ってきた私にはアンビリーバボーな水温で食器を洗う。

結婚前、挨拶に行って風邪ひいたなぁ。。
お正月、暑いから、とストーブ消されて、家の中なのに息が白かったなぁ。。
とか、思い出が蘇る。
くそー、やっぱりカイロ持ってくれば良かった!

子供はめちゃ厚着させて行った。
それでも手が冷た〜くなってしまった。
義父が「こんな格好じゃ手が冷たい。こんな服はダメだ」
と何度も言う。
あまりに言うので、勝手にストーブ点けちゃったよ。
そしたら義母は
「ストーブ点けたから暑くてのぼせちゃったわ」
だって。今日の最高気温は8℃ですぜ。
私が寒がりなのか???


意見の相違 

2006年02月17日(金) 4時26分
久しぶりに、小学校の時からの付き合いのある友人に電話をした。
以前から、ノリの良い、悪く言えば深く考えないところはあったが。
こんなに話通じなかったっけ?

立場が違う者同士が話をする時は、相手の状況を考えて、なるべく言わんとしていることを汲み取りながら会話するものと思っていたが、彼女はそうではないらしい。

私は子持ち、彼女は独身。

ダンナは、「立場が違うんだから、分からなくて当然」
と言うけどそうかな?

独身の友達はたくさんいるが、それぞれと立場の違いを超えて理解しあっていると私は思っている。

分からないのではなく、分かろうとしないことが寂しかったんだ。

子供は可愛いだけではないこと。ダンナも親も頼れない状況での、母子家庭のような子育て。仕事も趣味も辞めて、一からまた築かなくてはならない人間関係。地元を遠く離れて暮らしているため、気心の知れた友人も近くにはいない。良いことばかりではない。

でも何とか前向きに努力している。

それも「いいじゃん、幸せで」
という一言で片付けられてしまう。

あのね、私の話、聞いてますか?
「子供が3時間おきに起きて授乳なので、細切れ睡眠なのよ」
と言うと
「いいじゃん、赤ちゃん可愛いじゃん」
そういうことを言ってるんじゃないんだけど。。
適当に答えられているようで悲しいわ。

独身とはいえ、自宅から程よい距離での一人暮らし。
仕事はそれなりに順調。
趣味もいろいろ。
若い彼氏とラブラブ。
彼女なりに幸せで、満たされていると思うのだけど。
どうして私はただ「幸せ」に見えるのだろう?
彼女のお姉さんは結婚してるけど、そういう話しないのかな?

今日もダンナは帰ってこない。土日も休めないらしい。
また私は子供と二人きりかよ。勘弁してよ。
それでも
「いいじゃん、幸せで」
なんだろうな。

今日から 

2006年02月12日(日) 17時16分
以前から少しは知っていたブログを試しに始めることにした。

目的は?単なる暇つぶしと。。。
話し相手のいない、専業主婦・乳飲み子との生活は
思考がぐるぐる同じところを回って進まないので
少しずつ整理していくため。

毎日考えは変わり、しかも浅はかである。

前に進むためにはどうすればよいのだろう?
有言不実行な状態から、一歩でも歩き出したい。

ため息をつく前に、深呼吸。
「生活を楽しむ」という漠然とした目標は捨てて、
とりあえずできることをひとつ、こなしてみる。

今日はブログを立ち上げた。
他人からすると、それで?
ということかもしれないが、とりあえず、ひとつ。

新しい毎日が始まる事を期待して。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:osakanakuwaeta
読者になる
Yapme!一覧
読者になる