漢字検定1級の試験は途方に暮れる戦い

March 15 [Fri], 2013, 11:13
今はいろいろな検定試験が行われていますが、私もいくつか受けてきました。


中でも1番時間をかけてきたのが「漢字検定」だと思います。


小学生の頃から受けてきたので、もう10年以上勉強してきたことになります。


私と同様に、漢字がとても好きで漢字検定を受け続けている方というのはたくさんいると思います。


だいたい、そういう方は1級まで受けていく方が多いと思うのですが、皆さんも知っていると思いますが、1級の漢字は物凄く難しいものばかりです。


初めて目にするような漢字ばかりで、普通なら逃げ出したくなるようなことだと思うのですが、それでも果敢に挑戦していく方は本当に漢字が好きなのだと思います!
ただ、1級は例年の合格率が10%くらいです。


10人に1人しか受からない。


しかも、その合格者の中には1度受かっているのに何度も受け続けているという方も結構いるようなので、実質の合格率はもっと低いということなのです。


この漢字検定1級というのは扱っている漢字がただ難しいだけではなく、範囲が物凄く広いのが合格するのが難しい点なのです。


試験勉強をして受けても、そのたびにまた新しい難しい漢字が出てくる。


それを覚えてまた受けてもその繰り返し・・・。


このように漢字も難しい、範囲が広いのでは点数を上げるのも至難のわざと言ったところだと思います。


なので、途方に暮れながらも1つ1つ知らない漢字を覚えていくしか、そういう地道な方法しかないと思います。


一歩一歩確実に進んでいくのが漢字検定1級の合格の秘訣だと思います!

P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/orytq/index1_0.rdf