現実。 

2008年02月16日(土) 15時55分
学祭にいってみた。
コンサートがあったから。同期はみんな役員してて、それみたら来年もし復学できたとしても、みんな卒業しちゃっていないんだなぁって当たり前のことなんだけど現実をみせつけられた気がした。

やばいなぁ。明日バイトなのに鬱だ。

ひとりぼっちな感じ。
もう戻れない。
過ぎた時間は元には戻らないし、悔やんでも仕方ないことだけど悔しくて。
泣きたい。

だいたいあたしは病気なんだろうか。
今日3枚目の休学届かいたからかな。

だめだ。どーしようもない。

8日だからかな。

これであたしは5期とも一緒に卒業できなくなっちゃった。

ほんとにひとりぼっちだなぁ。

いつなら卒業できるのかな。
そんなこと考えたら、友達に会えたのは嬉しかったけど、切なさっていうのかな、よくわかんない気持ちでいっぱいになった。

今すぐ必要なら!比較できる! 

2008年02月10日(日) 6時58分
消費者金融について

浜の耐久レース 

2008年01月29日(火) 1時58分
 通称・浜の耐久レースです。場所は福岡県遠賀郡岡垣町の波津の浜です。ここは赤海ガメの産卵地で今は車両進入禁止になっております。
 4WD全盛期の昭和57年から衰退期の平成5年まであらゆる意味で4WDの性能実験場になってましたし,4WD乗りの憩いの場所でもありました。
 私は車がデザートを走れるなんてできる訳ないと思ってました。車の免許を取った当時,4WDといえばジープであり、仲間にジープを乗っている者はいませんでしたし…
 一度福岡市の海の中道でオフロードバイクが砂と格闘しているのを見たことがあり、まさか、車が砂を走るなんてできるはずがないと、このとき思い込んでしまいました。
 昭和57年パジェロが出現してこのような間違った観念はなくなっていったんです。私がパジェロを手に入れたのが昭和61年、例外なくここで砂の走り方を覚えました。砂のハイスピードカウンター・ジャンプなどです。
 そして、デザートレースをやっていると、知ったのが1年後だったと思います。
 教えてくれた人が、もう亡くなりましたが、地元で4WDショップを経営していた親父でした。この親父は口癖のように「四駆は足回り」と、言い放ってました。
 また、浜の耐久に出ている車にあまりいい感情をもってなく、俺のところの車のほうが早いと断言してました。
 私もこの親父の言うことを何の疑いもなく信じてました。
 金も一杯使いましたね。親父に進められるままに部品を追加していきました。独身でしたし、何とでもなりました。
 どんぶり勘定とはこの親父のことで、金を払ったらすぐセカンドバッグに入れてしまいます。レジなん かありません。
 後で親父から離れて冷静になれてやっとぼったくられたと判りましたけど。
 この浜はなだらかなアップ・ダウンとウオッシュボードが続きます。パジェロの場合、高速で走るとほとんど宙に浮いた状態になりますが、足のいいマシンほど跳ぶことなく、足は路面を舐めます。でもわたしのパジェロには最高のコースでした。ただしノーマルのシングルショックアブソーバーでは30分、車は耐えられませんね。
 着地のショックでフロントがつんのめった反動でフロントが持ち上がって姿勢を崩し、ショックアブソーバーがへたって車体が物凄く上下・左右に振動しだしてドライバーが運転に耐えられなくなるでしょう。
 私が初めて参戦したのが平成1年でした。30分、30分の2クールやるんですが、最初の30分で身体が車の振動に耐えられなくなってリタイヤしました。
 その時の足回りは親父に高い金取られて造ったフロントのロアアームにドカルボンのダブルショックでした。(親父のノウハウに拠るとパジェロはこのフランス製の1本2万円のドカルボン以外選択の余地はないとのこと)
 レース後、車が異常に揺れるんで、このレースの主催の会長にちょっと私の車に乗ってみてくれないかと、頼んでしまいました。
 浜の耐久レースは地元のバギークラブが始めたレースです。年間4戦するシリーズ戦で、参加料は4千円と手軽な草レースでしたが、なかなか勝てませんでした。
 最初の頃は4WDが一緒に走ってもバギーの相手じゃなかったですね。バギーはリヤにスポーツエンジンを載せた非常に重量配分に優れたマシンです。もちろん4輪独立でギャップだらけのコースでも車に上下・左右の激しい揺れはありません。
 やっぱり、4WDがバギーと対等に競えるようになったのはパジェロが出てからでした。
 バギーを作るには高度な専門知識が要りますし、普通の会社員に作るなんて到底無理でしたが、パジェロを手に入れればバギーと同等に走ることができたんです。
 このレースの写真は私の知り合いの専門家が撮ってくれました。
 レースの経過は最終周回まで1位ジープJ56改のS選手、2位D21ダットラのN選手、3位私、4位バギーの会長で、周回を重ねていったんですが、残り1周でN選手が砂に足を取られてエンジンストップ、すぐ後ろに付けていた私もつられてエンジンストップ、二人の20メートル先でなぜかS選手も止まりまして、結局4位だった会長が優勝しました。
最後にこのときの私のマシンの足回りは、フロントがエンジンルームにスチールのアングルを組みホイールハウスに穴を開けてアッパーアームにモンローSSFレーシングの100番の2本掛け、リヤは親父が組んだ改悪サスを捨てて、ノーマルストロークのモンローSSFレーシングをノーマル車の位置に取り付けました。

当たって砕けろ 

2008年01月16日(水) 11時38分
今日、久々に彼女に対して怒りました。
理由は言えないけど、彼女に対してかなり腹が立ちました。

そのことに対しての彼女の返答にも腹が立ち、ついには親と直接対話。

結局30分ほど話して・・・

それで感じたことは、やっぱり彼女よりの答えだったなぁ・・・
自分の母親も話まともに聞いてくれんし。

俺には味方がいないんか・・・

結局当たって砕けました。






電話が終わった今、考えてみると、俺何してんだろうな〜って。
久々に先のこと考えないで行動したわ。

この先、どうすればいいのかまったく分からん。
正直実家に帰るのはかなりの体力を使うし、危険だし。
そこまでのリスクをおってまで帰る意味があるのかな?


はぁ〜先が見えん。どうすればいいのか分からん。
夏休みで暇だからこそどんどんわからなくなってしまう。


そりゃ、去年に比べたら凄くよくなったと思う。
でも、良くなったらさらに上を求めてしまうもんだし。


今度の3連休、実家に帰る予定だったけど、多分帰りません。
彼女は「帰ってきて」とは言ってくれんかった。
母親は「たかが3連休で帰ってくるな」って。
こっちの友達は「え〜帰らないでよ」って言ってくれた。
・・・俺を必要としてくれたのは金沢の人。
多分帰らないな。


はぁ・・・

奈良県のミニバス 

2008年01月09日(水) 14時07分
卓球の話ではないのですが、奈良県はミニバスも強いです。なぜ詳しいかと言いますとうちの娘がしてたからです!
卓球では小瀬クラブが全国区で有名です。
ミニバスでは昨年が平群ミニバス女子が全国優勝、一昨年は椿井アキンズ男子が同じく、4,5年前はスーパージャンボ谷口君のいた上牧が全国でも好成績と、なかなか強いです。
今、たまたまミニバスのブログがひっかかって見てみると、卓球の父兄さんと同じくミニバスも熱心な父兄さんが多いですね。あちらは団体競技やからよけいです。
うちの子は今中学バスケ部活で、曜日にかかわらず1日練習しています。よくも飽きずにしんどいのに、足なんかこけてでしょうが青たんいっぱいで。
好きこそ物の上手なれと言いますが、好きなんでしょうねバスケ。昔よりかなり上手くなってます。本人は今頃奈良県の選抜に選ばれるかどうかどきどき中みたいです。(笑)

ブログ開設 

2007年12月28日(金) 21時43分
はじめまして〜☆ 真珠です。
このブログには日記や詩を書いていこうと思います。
タイトルは「6月の誕生石」ですが、
別に宝石とかのことを書く訳じゃないです。
まぁそんなこんなでよろしくお願いします♪
設定終わったらまた更新します。

よお寝たvv 

2007年12月14日(金) 9時39分
⊇ンにチパ(★*UωUpq).*oOO 

今日めちゃ寝てたvv

もお絶対夜寝れないわー☆

勉強もUてないU。。最悪↓

書<事もと<に無かったからー中身の無い文に。。⊇゛めンなさい(´д`=) 

まあいつも内容無いわな゚( ゚^∀^゚)゚。ブェーッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ ▄█▀█●ガーン

ちょい狂ったけど気にUないでvv藁

よU!!遊ぼおー!!(え

耐火偽装―これでは住まいも心配だ(朝日新聞社社説) 

2007年12月07日(金) 2時49分
耐火偽装―これでは住まいも心配だ

 そこに住む人の命や安全を考えなかったのだろうか。住宅づくりにかかわる会社としては、信じがたい不正である。

 建材メーカー大手の「ニチアス」が、住宅の軒裏やビルの間仕切り壁に使う耐火材の性能をごまかし、国土交通相の認定を不正に受けて出荷していたのだ。

 手口は単純だ。耐火性能の試験を受けるときに、持ち込む試験材にあらかじめ水を含ませるなどして、高い性能があるかのように細工していた。

 大臣認定のお墨つきを早く受け、他社との競争を有利に進めたい。そんな身勝手な理由からだ。

 お墨つきを得るには基準があるのだから、メーカーはそれを満たす製品を開発するよう努力するのが当然だ。技術が足りず、性能の良いものをつくれないからといって、試験で偽装工作を重ねるとは、とんでもないことだ。

 さらに驚くのは、社長ら幹部が昨年の社内調査で不正に気づきながら、そのまま性能の劣る製品を売り続けたことだ。内部告発の動きがあって初めて国交省に報告したというのだから、あきれてしまう。経営者としての資格はない。

 耐火材の性能が悪ければ、火事が起きたときに燃え広がる恐れが増す。木造家屋が密集する地域では、とりわけ危険だ。建物火災で亡くなる人は全国で年に約1500人もいる。

 だからこそ耐火材が必要なのに、こんなごまかしがあるようでは、とても安心して家を買ったり、そこに住んだりすることはできない。

 性能を偽った建材は約10万棟に使われた。このうち少なくとも4万棟は、大臣認定の基準を満たしていないという。

 問題の製品は、どの建物のどの部分に使われたのか。ニチアスは住宅メーカーを通じて確かめる必要がある。建物の持ち主や住人にきちんと説明したうえで、必要な改修を急がなければならない。その費用はすべてニチアスが負担するのは当然のことだ。

 不幸にも、すでに火災が起き、被害をこうむったような物件はないか。そうした調査も欠かせない。場合によっては、警察の捜査も必要になるだろう。

 国交省には、再発防止の手だてが求められる。水を含ませれば合格するような性能試験の進め方は、改めなければならない。偽装がありうるかもしれない、という前提で、どのようにして不正をチェックするか。その方法を早急に考えてもらいたい。

 同じようなごまかしが、ほかのメーカーでもおこなわれていないか。そう思いたくなるほど、企業による不正や偽装が相次いでいる。この際、国交省は他社の製品についても、大臣認定を出した耐火材の性能を確かめ直した方がいい。

 食べものとともに住まいは、人々が安心して暮らすための基盤である。そうした仕事に携わる企業はいっそう責任が重いことを思い起こしてほしい。

チンゲンサイの発芽:20071013 

2007年12月02日(日) 17時49分
記録していなかったのですが、先週末にチンゲンサイを種蒔きしました。
一週間経過して無事に発芽しました。











一箇所固まって芽が出ていますが、誤って種をこぼしてしまったところです。
間引いて収穫しようと思います。



我家は葉物を育てるのが苦手なのですが、この冬は思い切って各種の葉物
に挑戦しようと思います。

掲示板も 難しいね。 

2007年11月28日(水) 11時18分
掲示板を つくっているけど わたしは トピ主が いつも書いているような掲示板は 

望まない。

たまに 出て行くような感じで いいと思っている。

掲示板に 自由に いろんな人が 書いていけば いい。

わたしは ただ 場所の提供をしているだけで いいと思っている。

主体は 掲示板を利用する人たちです。。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oronha1507
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 現実。 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 現実。 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 現実。 (2008年10月09日)
アイコン画像きりひと
» 現実。 (2008年10月05日)
アイコン画像はにまる
» 現実。 (2008年10月02日)
アイコン画像りぃこ
» 現実。 (2008年10月02日)
アイコン画像ハム太郎
» 現実。 (2008年09月25日)
アイコン画像ikumi
» 現実。 (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» 現実。 (2008年09月14日)
アイコン画像名前
» 現実。 (2008年08月10日)
Yapme!一覧
読者になる