絢(あや)とゆうこ

April 03 [Mon], 2017, 21:08
転職活動は辞職前から行ない、転職する先がはっきりしてから辞職するのが理想です。

退職してからの方が時間に余裕が持てますし、間を置かずに働き初められますが、転職先がすぐに見つからないこともあります。

職の無い期間が半年を超えてしまうと、ますます就職先が減っていきますから、後先を考慮せずに今の仕事を退職しないようにして下さい。



転職したいと思った場合、まずは、一番身近な存在の家族に相談を持ちかける方が殆どでしょう。
所帯を持っている方なら、家族の誰にも伝えないままで勝手に転職をするのは避ける方がいいですよね。
家族に内緒で転職してしまったら、そのことが原因で離婚に至る可能性も出てきてしまうことがあります。
転職する理由は、書類選考や面接においてとても大事です。
相手が納得するような理由でない場合評価されません。



でも、転職したい理由を質問されても理解して貰う答え方がわからない人も多いかもしれません。


ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、この転職理由が苦労の元となります。転職の際に有利な資格というのは、専門職を除くとそれほど多くないようですが、取得資格が有利にはたらくということでは、国家資格が最も使える資格のようです。



なかでも、建築・土木系では建築士のように「業務独占資格」と呼ばれるその資格がない状態では実務をすることができないという仕事も少なくないので、狙ってみてはいかがでしょうか。転職理由はどういったものが望ましいかというと、まずは転職しようと思った本当の動機をよく考察して思いおこして頂戴。考えたことをそのまま伝える必要はないので、素直にノートに記して下さい。



そして、それを後ろ向きな印象を与えないように表現を変更してみて頂戴。

転職理由が長くなりすぎると言いりゆうめいてきこえてしまうため、長さには注意して下さい。人材を紹介してくれる会社を利用して転職した人も少ないことはありません。一人で転職の為の活動をするのは、精神的にキツイと感じることも多いです。転職先が中々みつからないと、何をどうしたらうまくいくのかわからなくなることもあります。人材紹介会社に頼めば、自分がもとめる求人情報を紹介してくれたり、いいアドバイスがもらえたりするでしょう。

不動産業界で転職先をみつけたいと考えているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。宅建主任者資格保持者でないと、会社によっては就職できない場合も報告されています。どのような仕事をするかによって必要とされる資格も変わりますので、転職の前に、仕事に見合った資格を取得を終えておくのも利口な方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)でしょう。

転職したいときに有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。いままでの職歴を生かした転職活動を考えている人にもおすすめできる資格です。



社会保険労務士という資格を持っていると、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuma
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる