藤野先生よりひと言Aタンポポ茶のどこで買える

November 20 [Tue], 2012, 3:11
"特に、粘膜下筋腫や一部の筋層内筋腫は子宮内膜を圧迫し着床障害の原因になったり、子宮内膜や内腔の変形をもたらし習慣流産の原因になることがあります。このような症状を起こす子宮筋腫は、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で大きくなるため、生理がある間は個人差はありますが、徐々に大きくなっていきます。
治療法としては薬物療法と手術療法とがあります。まず、薬物療法についてご説明します。子宮筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるため、女性ホルモンの分泌を止めるような方法で治療します。すなわち、卵巣からエストロゲンが出なくなるように脳下垂体から卵巣刺激ホルモンを出なくするGnRHアゴニストという薬を毎日あるいは月に1回使うことによって、エストロゲン分泌を抑制して子宮筋腫の発育をおさえるわけです。これを偽閉経療法といいます。この治療により子宮筋腫の発育はかなりおさえられ、症状は軽快します。

藤野先生よりひと言A
また、血中hCG値がこの値以上でしたら多胎妊娠の可能性も考えられますので、胎嚢や胎児心拍の確認に十分な注意が必要となります。
ところで、顕微授精によって妊娠、出産された子どもに特に異常が多いといったご心配をおもちになることはありません。一般的に、自然妊娠の胎児奇形発生率は約2.0〜3.8%程度と報告されています。また、顕微授精による胎児奇形発生率は、2.6〜3.3%と報告されています。このような結果から考えても、顕微授精と自然妊娠の胎児奇形発生率にそれほど大きな差は認められないものと考えられます。もちろん精巣からとり出された精子を使った顕微授精でも同様です。ただし、体外受精や顕微授精で妊娠された場合、自然妊娠に比べ若干流産率が高くなることが最近報告されています。" 不妊症だった時・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orion3132
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/orion3132/index1_0.rdf