クラミジア以外の感染タンポポ茶の利尿

November 20 [Tue], 2012, 3:03
"◇原因
・カンジダ(カビの仲間)の感染。
・直腸からの自己感染、日和見感染、性交感染など。
・不衛生、風邪や下痢、抗生剤の長期服用、妊娠中、ピル服用中の方が感染しやすいです。

◇症状
・白色のおりものが増えますが、悪臭はしません(力ツテージチーズのようなポロポロした感じ)。
・強烈なかゆみがあります。
・外陰部の発赤、腫脹、湿潤が見られます。

◇治療
・抗真菌性の膣剤の使用。
・軟膏やクリームの塗布。
・経口薬の使用。
※カンジダはしつこく潜在するので、しっかり治療して駆除することが大切です。

染色体異常
・卵子が卵巣の中で成熟する過程や精子が精巣の中で成熟する過程で起こるものと、卵子と精子の受精過程で起こるものがほとんどです。
・普通、ヒトの体細胞(皮膚やその他すべての身体を構成している細胞)の染色体の数は、女性でしたら46XX、男性でしたら46XYと決まっています。しかし、卵子や精子という生殖細胞は、最初は普通の体細胞と同じだけの染色体をもっていますが、受精が近づくと23><や23Yという半分の数になります(減数分裂)。この時に何らかの異常が起こって染色体異常が発生します(この異常を引き起こすメカニズムについては、放射線や紫外線、化学物質など様々な原因が考えられますが、一定した見解はありません)。
・流産の70%程度が胎児の染色体異常によるものといわれ、このうちの約25%程度が45Xによるものとされています。" 不妊治療その後
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orion3131
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/orion3131/index1_0.rdf