"体外受精の方法卵子(P∀`q*)テレ"

November 17 [Sat], 2012, 2:32
"卵子・精子の前培養

採取した卵子は、精子を加える前に卵管内の液体に近い組成を持つ培羨液に入れ、4〜5時間にわたり37.0±0.1度、炭酸ガス/酸素/窒素の混合気層(6:5:89)で培養器に保管します。体外受精では排卵する前に卵子を採取していますので、卵子の成熟を完丁させるため、このような前培養をおこないます。

一方、精子も卵子と一緒にする前に、まず精液に精子洗浄用の培貧液を混ぜ合わせ、洗浄した後、遠心分離機で精子を集めることを数回繰り返します。この操作により精液中の細菌や白血球などを除去し、精子のみを集めます。集めた精子は、卵子に使用するのと同じ培養液中で4時間程度にわたり、卵子とは別々に前培養します。この過程で精子が受精できる能力を獲得できると考えられています

藤野先生よりひと言B
卵細胞のまわりを包む卵丘細胞をはがす前処置を行い、成熟が確認できた卵細胞に行います。マイクロピペットを刺す部分は、卵細胞の第一極体からできるだけ離れた位置を選び(第一極体のすぐ近くに染色体や細胞分裂に必要な紡錘糸という重要な部分があります)、透明帯から細胞質を穿刺し、精子を1個、卵細胞の細胞質の中に入れます。その後、卵細胞を新しい培養液の中にうつしかえ、以後の発育を観察していきます。
この方法ですと、精子がたとえ1個しかなくとも、その精子を使って受精、分割、妊娠が可能となります。さらに、従来、究極の絶対的男性不妊症であった無精子症の場合でも、受精、妊娠が可能となりました。無精子症の場合、精液中に精子がいないわけですから、精巣上体や精巣組織から精子、精子細胞を手術的にとり出し、これを卵子に注入することで受精させることができるわけです。" タンポポ茶にはどんな効能がある?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orion211
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/orion211/index1_0.rdf