サンフランシスコベーカリー&レーズンパンでフランス語の名前

February 02 [Tue], 2016, 18:44

c 2016年2月2日18時十九分24秒
ラ・ブーランジェリー・サン・フランシスコ・痛みAUX-rasinsレーズン渦巻

雨が降っていたので、私はこの場所で終わりました。ヘイズとオクタビアの角に、ラ・ブーランジェリー・デ・サンフランシスコは明らかラBoulangeを交換しました。私が何を読んでから、もともとパスカル離合によって設立されたラBoulangeは、2012年にスターバックスが購入(ツタンカーメンちぇ)が、今は完全閉鎖しているように見えるました。氏リゴは幸いにも23ラBoulange位置の6へと開催され、新鮮な新しいスタートのためにそれらを少し改造しました。

私はクリスマス休暇の後に戻ってパリから来たので、私は痛みのAUXレーズンを渇望されているので、私はラ・ブーランジェリー・デ・サンフランシスコについて書いてbothereringています主な理由です。選択肢が与えられたとき、パン・オ・ショコラの上に痛みのAUXレーズンを選ぶだけの私には全くの狂気のように思えた - 私はパリにいた、私は私もそれらに触れることを拒否するために使用されるので、奇数である、それらを食べることに夢中になっている間も意味します。うん...私は間違っていました。

それはすべてではなく、二日酔い/私に飢えは私の親友のでオーバー眠った後に目が覚めた2016年1月1日、に始まりました。我々は両方ショップ/パン屋は/任意のインプレース-と-何も食用には、本当に私たちの甘いと脂肪欲求から私たちを救うために開いてであろうと、摩耗のためというより悪い感じ、と知っているのではなく、期待して立ち上がりました。私たちは、オープンパン屋を見つけるには十分に幸運だったし、それは毎回同じように私は私の脳は非常に具体的で非常にランダムな欲求を開発することを決定し、少し二日酔いだ - 通常、私はヨーグルト、卵やパンの非常識な量を飲む、ジュースが必要であることを見つけますバター - この時間は、しかし、私は明らかに日生き残るために痛みのAUXレーズンを必要としていました。それは結局のところ、私も幸せな私を保つために、その後毎日痛みの補助レーズンを必要とすることになりました。

フランスのままにすると、あなたが想像できるような拷問でした。私はサンフランシスコでPARを見つけることに来ることができる最も近いオムパネラ・ブレッドからいくつかの奇妙なレーズンのベーグル...それに対して何か何かだったが、それはあっても、同じリーグではありません。私はまた、いくつかの他のフランスのパン屋がTartineのは多分それらを作ったが、人々は明らかにそれは私のために無行きませんでしたので、そこに年齢のために並んで待つ傾向にあると呼ばれることを聞きました。

SO。ラ・ブーランジェリーで、この赤ちゃんを見つけることは(それはレーズンスワールか何かと呼ばれると思う)、大規模な取引でした:


そして、それは私がパリに持っていたかなりの数よりも良好でした。公平に、場所はフランスのランとそれはそれを説明するだろうので、(私はあなたがここにMurricaから応援を聞くことができます)所有です。

ところで、私は行くために私のコーヒーを持って、彼らは通常、巨大なボウルでホットドリンクサーブ - 次回を楽しみにして何かを。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:オリゴジョニー
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/origorio/index1_0.rdf