カイテキオリゴは便秘薬併用の必要なし!便秘が治らないかも!

September 27 [Tue], 2016, 12:57
カイテキオリゴの口コミを調べてみると、何年も悩まされてきた辛い便秘がようやく治った!という感想をいくつも見つけることができます。

便秘解消効果が非常に高いんですが、便秘薬を使ったらもっとスムーズに便秘が治ってくれるんじゃないか?という期待を抱いている人もいるんですが、使わないのが正解です。



便秘薬はむしろ、便秘を余計に治りづらくしてしまう危険があるので、カイテキオリゴだけで便秘解消に取り組むのがオススメですよ。



■便秘薬は不要!

病院で処方してもらえる下剤以外にも、コーラックなど市販の便秘薬を使って、とりあえず便秘を一時的に解消することはできますが、腸には決して良い効果はありません。

どちらかというと、薬は弱っている腸を無理やり働かせて半強制的に便を出させているので、使った後はさらに腸内環境が乱れている可能性があります。



カイテキオリゴを飲んでいたとしても、便と一緒にせっかくのオリゴ糖まで体の外に追い出されてしまいますから、善玉菌を思うように増やすことができなくなります。

便秘があまりにも長く続いてお腹が痛かったり苦しい場合には便秘薬を使ったほうが良いものの、それ以外の場合は飲むべきではありません。



■効果が出るまでの期間は?

カイテキオリゴを飲み始めてから、いったいどのくらいで効果が現れるのかというと、個人差があるので何とも言えませんが、早い人だと1週間くらいで効果を実感しています。

遅い人でも1ヶ月くらいで便秘しなくなってきた、という人が多いので、カイテキオリゴを飲み始めたら少なくとも1ヶ月は様子を見るようにしてくださいね。



逆に言うと、腸内環境を整えるには通常、そのくらいの期間はどうしてもかかってしまうわけです。早く効果が出るようにと、カイテキオリゴを飲む量を増やしてもあまり意味がありません。

善玉菌の数がそもそも少なければ、オリゴ糖が余ってしまうだけ。使い切れなかったオリゴ糖はやはり、便と一緒に体の外に出されてしまい、全く意味をなさなくなってしまいます。



■効果的な飲み方はこれ!

カイテキオリゴを使って、より早く便秘を解消したと思ったら、普段食べるものを見直すのが良いですよ。

たとえば、お茶やワイン。水分を多めに摂るのは体に良いものの、これらにはカテキンというポリフェノールの一種が含まれています。カテキンは便を固くして出にくくする効果があるんです。



逆に、積極的に食べたほうが良いものと言えば、たとえばバナナがあります。レジスタントスターチという悪玉菌を抑制して善玉菌が増えやすい環境を作ってくれます。

リンゴにも整腸効果が高いアップルペクチンという成分が含まれているので、オリゴ糖と一緒に食べるようにすると効果的です。

ヨーグルトなどの発酵食品を食べるのも、決して無駄ではないので、朝食の時にヨーグルトに混ぜてカイテキオリゴを摂取するのも効果を高めてくれますよ。


便秘薬を一切使わなくても便秘を治してくれるカイテキオリゴの効果を返金保証付きで試してみるにはこちら
↓↓↓








カイテキオリゴを飲み始めるとオナラが出る?しかも臭い?

September 27 [Tue], 2016, 12:54
カイテキオリゴを飲み始めたら、臭いオナラが出るようになった、という口コミもちらほらと見かけることがあります。
その原因は、善玉菌の数が増えることによって、数を減らした悪玉菌の残骸です。悪玉菌から生まれる臭いが便やオナラに混ざってしまうわけです。

オナラが出るのは決してカイテキオリゴの副作用でもなければ、体の調子がおかしくなっているわけではありません。便秘が解消されていく過程の好転反応です。
善玉菌と悪玉菌のバランスが再び元通りになってきたら、臭いも落ち着くし、オナラが出る頻度だってうんと少なくなりますよ。