さんた

May 19 [Wed], 2010, 23:00
さんた
第一作目。

とりえが無かった翠の前に突如としてあらわれた声。
  転校生として現れた真一。
  先輩として現れた優。
  
  翠の新たな出会いと成長。 
  
  部活に生きた翠の姿をご覧ください。

  登場人物ver.3

48章 

May 18 [Tue], 2010, 23:42
「おはよう

よく眠れた??」

「まぁな」

「今日も部活あるよね

一旦家に帰るよね??

送ってくよ

「わりーな。」

=================================

うちらはチャリで真一の家まで行った

昨日の夜、とってもいい夢を見た
王子様が迎えに来てくれる夢
とっても優しくぎゅっと抱いてくれて
甘いキスをしてくれた。

その王子様はどこかで会ったことのある人で
とても懐かしくて、一緒にいて心地よかった

それで、自分の気持ちにやっと気付いた

「おくってくれてありがとな

翠はこのまま学校に行くのか??」

「うん」

「じゃあ、またあとで会うな」

「うん」

「??
どうした。おまえにしては元気ないぞ」

「ずっとしてなかった」

「何??」

「ずっとしてなかった告白の返事

待たせてごめんね

うちを真一の彼女にして下さい」

「それ、本当か??

冗談じゃないのか??

俺でいいのか」

「うん。
真一でいいんじゃなくて、真一がいいの

「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

翠が俺の彼女だ」

真一がうちをお姫様抱っこした

「やった

信じられない。俺の彼女だ」

「うん」

「好きだ。大好きだ
もうお前を離さないぞ」

「恥ずかしいなぁ」

「何度でも言うぞ

好きだ。好きだ。大好きだ

47章 夜這い!?

May 08 [Sat], 2010, 12:16
眠れねえな

翠の家に泊まるとか
こんな緊張してるのにゆっくり休めるかよ

ちょっと翠の部屋に行ってみようかな


コンコン

「翠まだ起きてるか??」

返事がないな


「おじゃましまーす」

なんだ寝てるのか。。。

こうしてみるとかわいい寝顔なんだよな
いつもは悲しそうな顔するか怒るかだもんな

俺はなんでもっとこいつに優しくしてやれなかったのかな

去年なんていじりたくていじりたくて
気持ちが先走って。。。

翠には嫌われちまった


こんなに好きになるなんて思いもしなかったよ

初めて会った時はほんとにびっくりした
俺の初恋の人と同じ顔だから

結局は全くの別人だったのだけれど



今はほんとに翠のことが好きなんだ
愛してる


翠がアメリカに行ってしまうことを止めたい
ずっと一緒にいたい

でもアメリカに行きたいっていう翠の気持ちも尊重したい


だから今の俺に出来る最大のことをする

それしかできないから
「ん〜〜」

翠が寝返りをうった

「好きだよ。
絶対に翠を強くするから俺を信じてくれ
今までしたことは全部謝るから

最初っからしんとして会っていれば
こんなことにはなっていなかったのかな??」


「ゆう先輩。。。

ヒック」

翠が悲しそうに泣きだした

「まだ先輩のこと忘れられねえのかよ

さっさと忘れろよ
ばか」

真一は翠を持ち上げてキスした



46章 お泊り

April 25 [Sun], 2010, 14:16
俺翠の部屋に来ちゃったよ

巡真一人生初婦女子の部屋訪問!!!!!!!!!!

いいにおいするな

安心するーーー。これが翠のにおい


「おまたせ

はは

なぁーに、また正座してんの??

そんなに緊張した??」

「緊張ぐらいするさ

女子の家に入ったの初めてだし
部屋に入ったのだって初めてだから」

「そんなに緊張しなくてもいいじゃん

いまはうちと真一しかいないんだからさ」

二人っきり。。。
密室→二人だけ→


「顔赤いよ??

熱でもあるんじゃない??」

「え。」

翠が俺のおでこを触ってきた

近い近い

「ん〜〜〜

ちょっと熱あるかも。

やっぱり雨で濡れたからかな

「大丈夫だよ。」

「ダメだよ

熱でたら大変じゃん

なんか上着持ってくるね」

翠がどこかへ行ってしまった

なんだか言われたとうり熱があるような気がする

「はい。これ着て」

「なんじゃこりゃーーー

「何って
はんてんと腹巻きと股引だよ

暖かいでしょ??

じいちゃんのだからちょっと古いけど。。。」

「まぁ暖かいけど。。。」

「熱でたらダメだから横になって

この部屋せまいな

となりの客間に行こっか

「そんな気ぃ使わなくていいよ」

「だぁめ

言う事聞きなさい

ずっきゅんはーと

怒った顔もかわいい


「はい」

=====================================

「やっぱりまだ熱あるね

今日は家に泊っていかない??

いろいろ聞きたいことあるし」

母さんしばらく出張でいないからな
別に無断外泊にならないよな

「じゃあ甘えさせてもらおうかな」

「そうしなよ

トナカイ 二人だけの放課後

April 19 [Mon], 2010, 18:01
いつまでも続く関係はない

友情も恋愛もどんな人間関係にも終わりはくる

始まりが来ない関係もある


そんな関係ばかりの世の中で、永遠に続く関係を求めていた男がいた

戸内という男だ
その男は、いつも疑問を抱いている
どうして自分は生きているのか
どうして自分は死なないのか
どうして自分は男なのか
どうして自分は女じゃないのか

まわりには理解してもらえない疑問も抱いたことがある

彼は疑問に思っても誰にも聞こうとしない
その理由は、彼には聞いてもらえる関係がないからだ

両親はいない
2年前、家が火事で燃えてしまったのだ
生き残ったのは、彼だけである


戸内は、今高校2年生。
高校生活もなんとなく過ぎていくばかりで
特になんにもなかった

部活もはいっていない

だから友達も先輩も後輩もいない

***
今日もなんとなく学校に行った

天気は雨で、風も結構強かった
どしゃぶりでまわりの音もよく聞こえない

授業は聞くけど気になることばかりだから
真剣に聞かない

なんとなく一日が終わって家に帰ろうとしていた
その時、どこかから人の声がした
ふとグラウンドを見てみると、ラグビー部が雨の中
泥まみれになりながら練習をしていた

どうしてみんな濡れながら練習しているんだろう

「お〜っとごめんよ」

後ろから誰かがぶつかってきた
戸内はぼけーとしていたのでぶつかった拍子に転んでしまった

「わあ」

泥まみれ、白いワイシャツが茶色に染まった

「ごめん。
怪我無いか??」

「大丈夫だから」

「汚れちまったな」

「大丈夫だから」

「大丈夫じゃねえよ

そのままじゃ帰れないだろ
こっち来いよ」

そう言った男は、中井と言った
ラグビー部なのだが、教師に呼ばれたので
練習に遅れたそうだ


「ここ。使えよ
ラグビー部のシャワー室だから
洗ったらこのタオルな。」

「ありがとう」

***
シャワーあびている間戸内はまた考えていた

どうして彼は親切にしてくれるんだろう

どうして。。。


戸内は今まで感じたことのない感情が
胸の中にうずいているのを感じた


「シャワーありがとう」

「こっちこそごめんな

ワイシャツの汚れおちないよな
わぁ〜〜」

「俺がよそ見していたのが悪いんだ
そんなに気にしないでくれ」

「お前さっきメガネかけてなかったっけ??

もしかして割れちゃった??」

「あれはダテメガネ。」

「そうだったのか


よくみるとお前っていい顔してんな」


「お前 お前って。。。
俺は、戸内って名前だ」

「ごめんごめん
俺は、中井

それで戸内、彼女いる??」

「いないけど」

「好きな人は??」

「いない」

「男に興味は??」

「俺恋愛とか男とか女とか正直言ってどうでもいいから」

「じゃあ俺はどう??」

「中井??」

中井は、戸内のピンクの唇にキスをした

まだ髪が濡れている
身体は、火照ってまるでタコのようだった

「戸内こういうの嫌??」

「俺こいいうの初めてだから
嫌とか好きとかは。。。」

「じゃあ俺が教えてやるよ」

中井は上半身裸になり
戸内の濡れた髪を触った

「戸内顔真っ赤。
かわいいな」

「俺は、俺は」

「ここが硬いのは何でかな??」

「えっ」

「ほら。俺に見せてよ」

そう言って中井は、戸内の服を脱がした
戸内は、恥ずかしながら服を脱いだ

「嫌がらないんだな」

「好きなわけじゃない」

「身体は正直だぞ

ほら、ここ触ったら。。。」

「っあ」

戸内の身体がぴくんとうずいた

「ん

ふ       ああぁ

そこ触っッたら」

「俺はどうなるのか気になるな
触ったらどうなるの??」

「ああぁ
触っちゃダメ」

「戸内かわいいな」

*****

「俺あんな気持ちいいことあるなんて知らなかった」

「ここに毎日くるなら
毎日きもちよくしてやるよ」

肩に腕をまわし、キスをし始めた

息がとぎれとぎれになる

戸内は、息が続かなくなって腰が抜けてしまった

「はぁぁ
もう無理。」

「もっと凄いことしてやるよ」



新作*トナカイ

April 19 [Mon], 2010, 17:53
トナカイ

内容
戸内と中井によるBL物語

1話完結です

プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:おりじん
  • 性別:女性
  • 誕生日:5月19日
読者になる
オリジナル小説を書いています
おりじんと言います
なぜこんな名前なのかというと単に「オリジナル」からきています
ひねり無くてすいません

オリジナル小説 完結作品
トナカイ 二人だけの放課後

オリジナル小説 連載中
さんた

さんた登場人物紹介中

オリジナル小説 予定
さんた◇続
CoLoR:::::
妹×彼氏
プリン王子
みつごの法則
美学家族
人間係数k
シンドレラストーリー
shape


============
おりじん紹介
日本のどこかに住んでいる娘デス

Love
マンガ
となりの怪物くん・好きです鈴木くん!!・ひみこい・マギ・桜姫華伝・ベリーダイナマイト・君に届け・萌えカレ・うわさの翠くん・学園アリス・桜蘭高校ホスト部・のだめカンタービレ・ツバサクロニクル・ナナコロビン・星は歌う・xxxHOLiC・GETLOVE・フルーツバスケット・ラブコン・スイッチガール・夜は短し歩けよ乙女・聖☆おにいさん

むーじっく
ASIAN KUNG-FU GENERATION・スコットマーフィー

アニメ
ワンピース・地獄少女・神様家族・ラブコン・アイシールド21・るろうに剣心・xxxHOLiC・のだめカンタービレ・桜蘭高校ホスト部・ハンター×ハンター・鋼の錬金術師・カードキャプターさくら・犬夜叉・君に届け・ナルト・テニスの王子様・うみねこのなく頃に
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/originsanta/index1_0.rdf
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
ゆらら
» バトンをやってみた 3 (2010年02月20日)
yassan
» 1章 はじまり (2010年02月11日)
yassan
» 1章 はじまり (2010年01月31日)
夏貴
» バトンをやってみた 3 (2010年01月09日)
ゆらら
» あけましておめでとうございます ver.2010 (2010年01月01日)
波虎
» あけましておめでとうございます ver.2010 (2010年01月01日)
夏貴
» お知らせ (2009年12月31日)
夏貴
» お知らせ:番外編 始まり (2009年12月29日)
水無月 時雨
» 祝☆1000hit (2009年12月10日)
まるいちご
» 祝☆1000hit (2009年12月09日)
波虎
» 祝☆1000hit (2009年12月09日)