インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので当然失敗の

November 14 [Mon], 2016, 21:19
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。埋入するのもリスクがあって、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。インプラント治療には隠れたメリットがあります。仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。医療費控除を受けようとすれば歯科医で発行した領収書は支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかることがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒマリ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oridntngsrdeha/index1_0.rdf