大陸の女性スターの台湾はつけて歌います 宋祖英の百万華が従うのは最も横暴です

May 11 [Wed], 2011, 11:43
大陸の民謡の日の後で宋祖英の台湾ジミーチュウのリサイタルは最も熱い話題になって、初めて台湾に上がる宋祖英は観衆のためにすばらしい歌声に持って行って服装の造型の上でも1回のひたむきな努力をおりるだけではなくて、今回の宋祖英はリサイタルの中で全部で4セットの風格がそれぞれ異なる華を身につけていて従って登場して、完璧に大陸の第1民謡の日の後の気勢が現れて、宋祖英の今回の公演の服装は有名なデザイナー奚仲文設計から、デザイナーは今回のファッションのテーマが“花と鳥”も宋祖英のここ2年積極的に界にまたがる出演の風格の今回の奚仲文に協力するために彼女のために新古典主義の服装を製造したのですから来ると表して、4セットの華はかかった費用に従って台湾ドルの184万に達して、このように名作(家)の投入の考えてみると分かる宋祖英は今回の台湾のリサイタルに対してなんとの重視です。

造型師達は完璧な宋祖英に努めるために最後に調整をしています

この4セットの華麗な舞台衣装は皆香港のトップクラスの造型師奚仲と文から宋の祖の英の度の身のために注文して作らせて、その生地は皆タイとヨーロッパの仕入れから待ちます。奚仲文はすでに連続2年宋祖英のために春の遅い舞台衣装を設計して、またその設計鳥の巣のコンサートと世界博覧会のコンサートの服装のため、彼の宋祖英に対する評価は:舞台姿は美しくて、体つきは高くて、気質はぬきんでて、服装を“芸術の品位”に開けやすいです。


華麗な金色のマントは水晶のドレスをいっぱい埋め込みすることと舞台の上できらきらと光ります

金色のマントの息場が十分ですがしかし路線が来ることを歩いて普通でなくて困難で、つまずいて転ぶ宋祖英が2人の従業員の牽引のもとでどうしても前進しなければならないことを防止するため、金色のマントはすそでつきあって立体の花と黒色の鳩の図案を縫って、しわ加工のロールカラーは品物の質感をはっきりと示します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oriclas
読者になる
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oriclas/index1_0.rdf