カーターとツヨポン

December 20 [Tue], 2016, 6:26
現代クラシックギターの奏法を終了を極みまで高めたのは、アンドレス・セコビアでした。セコビアはスペインノハエンに出来上がり、2歳のときに父兄に捨てられ、叔父夫妻のもとに預けられました。
悲しみでなき積み重ねるセコビアをなだめるために、叔父はギターを弾く風をしながら、歌を口ずさんだのだ。その風を真似をすることが本当に面白く、あのことが音楽の芽生えだったとセコビアは語っていらっしゃる。
後にギターを弾きたいという激しく切望するようになりますが、当時はまったくギターは蔑まれていたため、家族はもちろん仲よしまでに反抗されされたのでした。

セコビアは人々を探し回ってアルカスやソル、タルガの楽譜を見つけて、家族が寝静まって、ソルフュ^ジュや音楽の思考書を練習しました。隣人の家でコソコソギターの成長に没頭したセコビアは、やがてギターのナンバーワンと呼ばれるようになりました。モンティスが、セビリア音楽界や貴族人前の大物を集めてセコビアのために開いた演奏会がきっかけで恋人は大物になりました。のち、スペインや国内外を飛び回って演奏会を行いました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日葵
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる