進む事も戻る事も 

May 01 [Tue], 2007, 0:43
もう本当に、病みに病んでると思う。
正直こんなに病めるなんて思ってもみなかった。
あたしはもっと感情の薄い人間だと思ってた。
実際、今まではそうだったハズ。
きっと感情の量が膨大すぎて、制御しきれてないんだろうな。。


もう大丈夫だと思ったのに、まだふいに泣きそうになるときがある。
というか、泣くときがある。
今日の帰り道もそうだった。
学校出てすぐ。
先輩の車を見た瞬間に。
見慣れた、そして何度も乗った車。
きっとものすごく情けない顔をして歩いていたと思う。
1人でそのまま帰りたくなくて、その場で友達に連絡した。
メール送ってすぐは返信無かったけど、電車乗り換える時にメールが着たときは殆ど泣きながら縋るように内容を見た。
友達の地元で会えることになった。
スタバでお茶しながら、何回も何回も死ねばいいのにって言った。
高校のときと同じノリ。
だけど、真剣さは段違いだった。
殺意なんて本当に簡単に湧くものだと思った。
何回も同じことを言いながら、うちら病気だねって笑った。
でも本当にそう思う。
あたしは病気だ。



気持ちを打ち明けたけど、それだけだった。
拒絶もしなければ、受け入れもしなかった。
ただ、信じて待ってろと言われた。
じゃああたしは何を信じればいいの?
現状で信じられるものなんて微塵も無いのに。
根拠なんて欠片も無いのに。
真実なんて断片も無いのに。

でも、あたしはきっと待ててしまう。
8ヶ月なんて時間を、バカみたいに待ってしまう。
中学と高校のときも、そうだったように。
希望なんて少しも無いものを、ずっと待ってしまうだろう。

そしたらあの人はどうするかな?
よく待ったねと頭を撫でてくれるのか。
鬱陶しいと今度こそ離れてしまうのか。


本当に、消えてくれたらいいと思う。
あたしの前からキレイさっぱりいなくなってくれたら。
そしたらあたしは悲しむだけ悲しんで。
思う存分悲劇のヒロインに浸って。
次に進めると思う。
なのに、あの人はずっとそこにいるから。
あたしは目を背けることも思考を逸らすことも出来ない。

好き 

April 11 [Wed], 2007, 1:28
気持ちがどんどん大きくなっていく。
ずっと傍に居たいし、触れていたいって思う。


好きになるつもりなんてなかった。
苦しくなるだけだってことも分かってた。
なのに。
気持ちって、自分のモノのハズなのに、全然思い通りに出来ない。
すごくもどかしい。


結局は怖いんだと思う。
近付いて近付いて、重いと思われること。
飽きられること、嫌われること。
全部ただのトラウマ。
でもそれがアタシのルーツ。

いくら手を繋いでもキスをしても、何も信じられない。
後に残るのは嬉しい気持ちと、切なさと哀しさ。
でも、今はまだ傍を離れるわけには行かない。
アタシにはあの人が必要だから。
今あの人を失ってしまったら、きっともう立ち上がる事どころか、周りを見ることすら出来ないだろう。


好き。
好き。
本当に、好き。

高校のときに、もうこんな気持ちは辞めようって、決めたはずだったのに。

あたしは無力で言葉を選べずに 

March 22 [Thu], 2007, 1:39
昨日のパー練の雰囲気は最悪だった。
あのムードで、何故最後までパート練習を続けたのか。
あたしには意図が分からない。
でもきっと、意図なんて無いんだろうな。
意地・・・・というのもおこがましい。
言ってしまうと、本当にただの馬鹿なのかもしれない。


具体的に起こった事を説明すると、nkhs先輩とnkns先輩が、喧嘩とまではいかないものの、練習方針のことで揉めだしたのであります。
今の段階でパート練習が必要か否かについて。
あたしの考えは、どちらかというとnkns先輩寄り。
普段からよく話をしているだけに。
これも一種の洗脳だろうか・・・・?

揉めた時点で、パート練習を辞めておくべきだったのだ。
本当に必要かそうじゃないかの問題でなく、そんな状態で固まって練習をする事に意義が感じられないから。
どういうつもりであの状態を貫いたのだろう。
もしそこに意図が無かったとしたら、あの人は本当の馬鹿だ。

そして、hsgw先輩は何故あの状況で何も言わない?
仲裁に入れたとしたら、2人と同じ学年であるあの人しか居なかったはずだ。
自覚。意思。
そういうモノが欠落している?
言おうという意思があって、それに勇気が伴わなかっただけであったとしても。
あれは言うべき場所だったんじゃないか?

まぁ、同じく何も言えなかったあたしが言えたものじゃないけれど。
そこはあたしの弱さ。
喉まで出かかった毒を、必死で抑えてしまった。
嚥下してしまった。
でも、言葉が一つでも口から零れてしまったら、後は何を言ってしまうか分からなかった。



明日もパート練習があるなぁ。
もう行きたくない。
あの中に居たくない・・・・・・・・。

だめだ・・・・ 

March 16 [Fri], 2007, 2:16
今日は本当に酷かった・・・・・・・。
パート練習が始まった瞬間、信じられないくらいの鬱。
nkns先輩が心配してるのが雰囲気で分かった。
あと2人の先輩も、絶対気付いてた。
本当は誰にも気取られたくない。
アタシの気持ちも、考えも、全部アタシの内側に閉じ込めておきたい。
でもそれが出来ないのがアタシの弱さ。


アタシは最近、nkns先輩に甘えすぎだと思う。
今あの人を失ったら、アタシは真っ直ぐに立つことさえ出来なくなるだろう。
今いる場所が分からない。
それでも、先輩っていう導があるから、アタシはそれに縋って辛うじて立っていられる。
もし、先輩がアタシの傍からいなくなったら?
少し想像して、とても怖くなった。
あの人がいなかったら、アタシはどうなっていたのだろう。
それでもちゃんと立っていられた?


今立っている場所が、足元から音を立てて崩れていくような気がする。
もしかしたら、絶壁はもう目の前かもしれない。
ここから落ちて、落ちて、私はどこへ行くのだろう。

どうして 

March 15 [Thu], 2007, 0:17
どうして、あたしはnkhs先輩の言うことを素直に聞く気になれないのだろう。
最近少しマシだったのに、今日またすごくイライラしてしまった。

なんで貴女にそんな事言われなくちゃならないの?
余計なお世話だ。

って。

分からない。
どうして、こういう風に感じてしまうのか。
見下している?
自分より格下に見ている?
でも、もしそうだとしても、何故そのように思ってしまうのかも分からない。
分からない事だらけ。

でも、一つだけはっきりしている事。
あたしは、このように感じてしまうあた自身がすごく嫌だという事。

hsgw先輩にも、すごくイライラすることがある。
そして、うちのパートにいる3人の先輩が3人で仲良くしているのを見ると、すごく哀しくなる。
疎外感?孤独感?それとも自己嫌悪だろうか。
ただ、nkns先輩を奪われたくない。
これが恋心かそうでないのかは知らないけど、今のあたしにはあの人が必要なのだ。

必死で目を開けているのに、前が全然見えない。
あたしが今いるのはどこなんだろう。
あたしはどこを向いているのだろう。

ついに・・・・・ 

March 13 [Tue], 2007, 0:50
作ってしまった。
裏ブログです。

誰が見るか分からないけど、とりあえずご挨拶。
はじめまして、傘です。
19歳、大学生です。
JAZZ研究会という部活に所属しています。


えー、裏ブログとゎ。
簡単に言うと、知り合いには見られたくない内容の日記を書きたいが為のブログです。
表ブログには笑えることしか書きません。
それがあたしのポリシーだから。
誰かが見てくれるなら、見て楽しくなる方がいいでしょう?
それに人に楽しんでもらえる文章を書くのは、あたしにとってこれ以上なく嬉しいことだから。

でも、最近少し情緒不安定で。
自分で自分の心が上手くコントロール出来なくて。


だから、このブログはあたしの考えを整理するための、あたしの為のブログ。
知り合いには教えない、秘密のブログ。
わざわざネット上で公開せんでもええやんって感じだけど、何でもいいや。
思ったことを文にするのが目的なんだから。


因みに、表ブログはコチラ↓

http://ameblo.jp/organella


表から裏へは飛べないのであしからず。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:organella
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる