koi2 

February 18 [Mon], 2008, 16:27
love

もっとも 広大な被写体 

February 14 [Thu], 2008, 17:17
天気がいいので撮ってみたw



sola




トンボが一匹

気分転換♪ 

February 05 [Tue], 2008, 21:54
最近ものすごーく疲れてます。

あんまり「忙しい」とか「疲れてる」とか言いたくないから、溜め込んで頑張ってると・・・・


急に爆発したように


「疲れたよー!!!」って言いたくなる・・・。


でも、心配無用でーす。ただ、言いたいだけ^^


働いてればみんな仕事のストレスってあると思うし、私の場合、それ以上に心の中のトラウマとの葛藤が大きいみたい。日々忙しくしてあんまり深く考えなければ時間が解決してくれるって思ってたけど・・・まだまだ時間がかかるのかなぁ。。。


「あんまり深く考え込まないように」、楽しいことばかり考える習慣を身に付けなくちゃ☆

これ、今の私の課題。


午前中にデスクの周りがみんな外出したので、Driesちゃんとぱちぱちメール交換したの。会社にいるのにすごく良い気分転換ができました。彼女の力なのかな^^ありがと。

機動戦士ガンダム00 

January 20 [Sun], 2008, 0:41
ガンダムキュリオスがなかなかかっこいいよねぇ〜。変形するガンダムっていいよねぇ〜。…え?そうでもない?…そ、そうですか。とにかく10月13日の6時半はテレビの前にGO!!

ほんの少し・・・ 

January 15 [Tue], 2008, 8:53
昨日8ちゃんの給与明細を見て驚いた私ですが



私、本日給料日です。



10月の締めで、頭にきて残業届けを提出した私ですが・・・



ほんの少し残業代付いておりました。



5,000円位




給与明細が遅れて届くのではっきりとはわかりませんけれど(笑)



うんうん、届けを出せば残業代は出るのね。



たぶん事務員では私だけだと思う・・・本社に睨まれたりして。

第32話 漆黒の魔力 

January 03 [Thu], 2008, 21:35
 ズシャァァ!!!

 ユウ「!?なんだあの黒い球体は・・・」

 リーマ「これは我が一族が使用する、闇の魔法“ドルマ”だ」

 クルス「ドルマ!?(聞いたことが無い)」

 
 リーマ「やはり知らないか・・・というより知っている筈が無いであろう。この呪文は異世界の呪文だ     からな・・・」
 
 
 ユウ「異世界!?・・・あんた出身は何処だ?」

 リーマ「出身? そんなものまるで無いな」

 リーマは苦笑を浮かべながら答えさらに付け加えた。

 リーマ「しいて言うなら、闇の力で生まれ、闇の力で育った・・・私は闇で出来ているといっても過言     ではないだろう。クククッ・・・」


 クルス「なんていう奴だ・・・(奴本体が闇の魔力で出来ている・・・言うなれば奴は純粋な“闇”」

 クルスは戸惑いながらも質問を告げた。

 クルス「お前にとって此処は最高の場所か?」

 リーマ「ふん。言うまでも無いな。私は闇そのもの・・・ここは自然に体力が回復していく最高のステ     ージだ。俺は闇さえあれば何度でも復活する・・・」

 
 ユウ「ったく・・・厄介なやつしかいねぇな・・・」

 クルス「おしゃべりが過ぎた、そろそろ行くぞ・・・魔力は?」

 ユウ「おう。バッチリ溜めといたぜ」

 ユウ・クルス「――速攻だ――」




 そう、俺等は会話中に少しずつ魔力を溜めていた

 ユウ「・・・ピオリム・・・」

 シュイィィーーン!!!

 
 ユウ「ラァァ!!!」

 
 ダダダダダッ!!!!

 俺は奴へ突っ込んでいき、クルスはさらに魔力を溜める。


 俺は、ラミアスの剣に魔力を送った。

 ユウ(―――いくぜ―――)


 シュゥゥゥーーウウ・・・


 剣閃から光が飛び出す。たちまちあたりは明るくなった。

 リーマ「ウォオ!?」

 
 そしてクルスが魔力を5分の一放った。

 クルス「バイキルトォ!!!」

 ギュィィーーーン


 飛躍的にパワーが倍増した俺はそのまま奴の懐まで行った。

 リーマ「ちぃ・・・ドル・・・」


 ユウ「遅い!! ホーリースラッシュ!!!!」

 リーマ「後ろか!?」

 
 剣閃から最高の光が飛び出す。

 ズパァァァアアア!!!!


 リーマ「うぐぉお!!!(なんちゅう重さだ・・・普通のバイキルトより3倍近くある)」


 ドサァァ・・・・

 奴はその場に倒れこむ。

 
 ユウ「ふぅぅ・・・」

 クルス「お前いつの間にその業を?」

 ユウ「あ?この技か?これは、稲妻切りをやろうとしたら、ちょっと狂ってこの技になったんだ」

 しかし、俺もこんな手違いで覚えた技がこれほどまでに喰らうとは思ってもいなかった。
 

 リーマ「ぐぅぅ・・・(瞑想・・・)」

 その瞬間奴から黒い光が飛び出し黒い光は奴を包み込む。


 ユウ「!?な、何だ?」

 

 そして奴は何事も無かったように立った。


 ―――スッ―――


 リーマ「さて・・・とやるか・・・」


 リーマの手には黒いものが浮かんでいた。




 

スキルの最大Lvとスキルマスタークエストについて 

December 15 [Sat], 2007, 18:27
スキルLvは最大で50(スキルLv50でスキルマスターとなる)
何れか1つのスキルをマスター後、
特定のNPCに話しかけると
スキルマスタークエストが受けれる。

スキルマスターの称号を得ると
覚えている全てのスキルLvがプラスされる。

マスターしたスキルの難易度によってプラス値が決まる[1〜5]
スキルマスタークエストによるプラスの最大値は5まで

スキルマスタークエストは
「一回しか受けられない」
ではなくて、「一回しか受けなくていい」

難易度1のスキルを
マスターしてクエ受けたら、
覚えているスキルがすべて+1になり
また難易度1のスキルをマスターしたら、
勝手に+2になる。

ということだ。

つまり、難易度1のスキルを早くマスタすることで
全体のスキルが早くUPする。

難易度5のスキルマスタを先に獲得するより
難易度1、2のスキルマスタを先に会得したほうが
成長がはやいわけだ。

廃坑ひみつは人気があって
ポタもなかなか出ないし、
ダンジョンの中へ入ることも難しい。

PTが集まって
入り口でリダが連打しても
1,2時間待ちぼうけになることがある。

その間に再びポタ出しをするのもあり。

いろいろなサブキャラもこのレベルになると
かなり使えるようになってくる。

中でも軍を抜いて早い成長をみせるのが
悪魔だ。
ネクロの低下能力もすてがたいが
悪魔のソロ能力も魅力的だ。

しかし、コロ狩りをソロでできるのは
テイマらしい。
PちゃんのHPはコロを上回り
複数ペットを飼育している(ある意味ひとりPTだが)

支援としてアスヒWIZが必須だが
タゲ鳥としての能力もあるので
コロPTにテイマは必須だ。

今日は100Lvを目標として
廃坑秘密を2回、実現したいものだ。

キルヒ・アイス

ボーリング 

December 12 [Wed], 2007, 17:09
スコアぶっちゃけ 2ケタ(涙

★優勝♪♪♪★ 

December 06 [Thu], 2007, 11:40
  以前私のことを別の会場で覚えていてくれたYさん(39才)

  とともに

  初心級者MIXダブルスの試合出てきました^¥^

  
  結果  26組の中で 優勝♪♪♪


  私はなんにもしてないのに気がついたら優勝してたって感じです。

  これってペアの相性がいいってこと??

  それとも・・・・私は別にいらないってこと、、、、、??

  基本 2人ともシングルスの方が好きなので お互いにダブルスの試合中に

  個人プレーでシングルスをしてた??


  もっと上のレベルへ行ってもなんだかずっと勝ち続けれるような気がするペアでした

  えがったえがった^^


  P.S Yさん また出ましょう♪

  


  

謎の・・・♪ 

December 04 [Tue], 2007, 1:19
はい、これは近くのスーパーに売ってた謎の飲み物です!
吹き出しました♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orenng68
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像url
» koi2 (2011年12月05日)
アイコン画像KAMI
» koi2 (2008年10月22日)
アイコン画像真那斗
» koi2 (2008年10月15日)
アイコン画像猫男爵
» koi2 (2008年10月12日)
アイコン画像めーたん
» koi2 (2008年10月08日)
アイコン画像コンプ
» koi2 (2008年10月05日)
アイコン画像汁大臣
» koi2 (2008年09月30日)
アイコン画像RAOSU
» koi2 (2008年09月29日)
アイコン画像ハム太郎
» koi2 (2008年09月25日)
アイコン画像南雲
» koi2 (2008年09月20日)
Yapme!一覧
読者になる