妄想 

December 09 [Mon], 2013, 18:38
昔、悪魔は実在したが神は迷信だったというような話を読んで、何となく納得した覚えがある。だって神って自分の手を汚さないもんなあ。悪魔は自分で殺るので、具体的に想像がつくけど、神ってホントにいるのかと疑ってみると、どうしても否定的な結論になりそうで困る。お前はそれでも宗教の信者なのか。

まあ神や悪魔はスケールがでかすぎて人間には把握できそうにないが、ヒーローとか悪の組織とかはその実在を論じてもかまわないだろう。テレビでやっていうああいう派手なもんじゃなくても、そういう人物なり組織なりが本当にあって活動しているのかどうか、あるいはゴルゴ13は本当なのか、とかいう議論はできそうだ。

実は、前からずっと気になっていることがあるのだった。間違いなく起こりそうなのに、今まで一度も発生していない事象がある。なぜそれが起こらないのか、合理的な説明がつかないのだ。発生しないということは、何かのファクターが方程式に加わっている可能性が高い。あるいは偶然か。ずばり言ってしまおう。

「なんで核テロが起こらないんだ?」

ソ連が崩壊した時、あ〜これで近い内にどっかで小規模な核爆発が起こるなと思ったものだった。NHKなどで、旧ソビエト諸国のずさんな核物質の管理の実体が報道されるたびに、百キロ単位で核物質がどっかに消えているのが本当だとしたら、こりゃますます誰かがいずれやるだろうと覚悟した。だって、核物質の精製方法とか爆弾の作り方なんかネットや本にいくらでも書いてあるのだ。精製したウラニウムの臨界量はたった2.2キログラムなんだぞ。

私の子供時代ですら、アメリカの高校生が有効な核爆弾の製造方法をレポートで出したらFBIが護衛についたという話もあったし、物理学科を途中でリタイアした私ですら、その高校生の「状態方程式が鍵」とかいうセリフからおぼろげながら想像がついたくらいだから、はっきり言えば意志と核物質さえあれば誰でも核爆弾くらい作れるはずなのだ。

いや、爆発させなくてもいい。高濃度の放射性物質をばらまくだけでも、下手すると核爆発以上の被害が出る。自爆テロには最適な手段である。アルカイダなんか、絶対やりそうだよなあ。なのに、である。今まで一度も、一度たりとも核爆発どころか核物質散布テロすら起こっていないのはどういうわけなのか。いや、それを未然に摘発したというニュースすらないのはなぜか。

やはり、世界の裏側で何かが起こっているのだ。人知れず、核テロ専門に陰謀を潰して回っているヒーローもしくは秘密組織があるとしか思えないではないか。あるいは、我々に知らされている核に関する知識が実は全部間違っていて、テロをやろうとしても失敗しているのか。
星の晩餐会

落ちた 

October 24 [Thu], 2013, 2:12
いや、試験や穴ではなく、ブレーカーが。

あまりに暑いこともあり、エアコンを全開で動かしたまま、うっかり電子レンジとオープントースターを同時につけてしまったのであった。さらにテレビがついていて、パソコンももちろん動いており、HDDレコーダーが自動録画中であり、その上で洗濯機が乾燥モードでモーターをぶんまわし始めた途端だった。

ダン、というような音がしたような気がしたのだが、それは突然真っ暗になったための擬音であろう。久しぶりにやってしまった。エアコンを同時につけないようにするとか、気に掛けてはいたのだが、つい何もかもをつけてしまったなあ。やはり、洗濯機がまずかったのかもしれない。あれはでかいモーター動かすから。

あいにく、ベランダのカーテンまで全部閉めていたため、外からの灯りがほとんど入ってこない。こういうとき、マンションというのは本当に真っ暗になる。少なくとも、停電した直後は目が馴れてないこともあって、暗黒世界になってしまうのだ。しばらく動けなかったくらいである。

まず心配したのは、もちろんHDDレコーダーである。突然の電源断による障害も心配だが、登録内容が初期化されたりしていないかと。しかし、確認してみたところ無事であった。そうか、最近の機械は丈夫というか、停電に具えるくらいはしているのだなあ。

パソコンについては、もちろん落ちていたが電源を入れ直してやると何事もなかったかのように作動した。丈夫になったなあ。というより、性格がよくなったというべきか。昔の窓は自分で止まっておきながら「あんたが悪い」と平気で決めつけていたもんな。さすがに歳くってこなれたか。

それにしても、ブレーカーが落ちても電気製品に何の被害もないとは、これはやはり技術の進歩であろう。いや、昔の機械は電気が突然切れたくらいでは壊れなかったのだが、マイコン制御が現れた頃から電源断が致命傷になる機械が増えていたはずだ。そこまでいかなくても、私のビデオデッキなどは電源を抜くと予約が全部消えていたものだった。全部登録し直すのは大変だったなあ。

生きている!万歳!音楽!-Chor Viva la musicka

もちろん、その頃から非常用電源を具えた機械はあったのだが、私は例によって安物買いなので、私が買うモノにはそういう高度な機能はないのであった。その方針は未だに変わっていないのだが、つまり技術の進歩により安物にすら耐電源断機能がつくようになったのである。素晴らしいねえ。

というわけで、今回のショックは派手な割に被害はなかったのであった。電源断しなくたって、壊れるものは壊れるんだけどね。そういえば目覚まし時計、戻って来るんだろうな。ほっかむりされてもどうしようもないぞ。

金をドブに捨てたかなあ。

冷蔵庫の不思議 

October 20 [Sun], 2013, 19:08
暑い。そんなに気温高くないのになあ。

このところずっと曇りがちで涼しかったのに、ついエアコン使い続けていたのが間違いだったのかもしれない。身体が低温に適応してしまったのか、設定温度を18度にして、さらに扇風機までつけているのに全然涼しくないのだった。というより、身体が火照っている。どうなっているんだ?

別にコーフン剤とか飲んだわけでもない。火照ってはいても、そういうたぐいの暑さではないのだ。何というか、涼しくないとでも言えばいいのか、いくら冷たい風に当たっても、その結果体表面が冷えても、なんだか暑いのだった。汗もかいてないのに、なんでこんなに熱っぽいのか。ひょっとして、風邪か? そういえばずっと頭痛しているし。

風邪だとしたら、あまり咳もくしゃみも出ない新型である。鼻水もほとんどない。身体も痛くない。つまり、やはり風邪ではないのだろう。疲れているのか? それは正しいだろうが、何の説明にもなっていない。身体が過剰反応しているのか、過剰適応しているのか、エアコンの使いすぎでそうなってしまったとしたら電気代の無駄もいいところである。だが、気持ちいいんだよなあ、エアコンの風。

何度か書いたけど、冷たい風が出るというのは凄い発明である。暖めるのは比較的簡単なのだが、冷やすなんてことが可能だとは、昔は誰も思わなかっただろう。私もそのからくりを知った時には驚愕したものである。子供の頃に、家に「ガス冷蔵庫」というのが来たことがあり、裏を見るとガスの炎が灯っていたものだが、その時初めて疑問を持ったのだった。火を使って、なんで冷蔵庫なのかと。

考えてみれば、電気冷蔵庫も謎である。電気でどうやって冷やすのだ。電気の割には、どうも液体が循環しているらしいのも変だ。いくら考えても判らないので、とりあえずSFの「牽引ビーム」(光を当ててどうやって引っ張るのだ)とか「電磁バリヤ」(帯電してない物体を電磁気的にどうやって止めるのだ)とか、そういうもんだという結論になりそうだったのだが……物理の教科書に載っていたのだ、答えは。

物質は様態を変化させるときには回りから熱を奪うという性質がある。水が蒸発する時にはその回りの気温が低くなる(つまり周囲の空気から熱エネルギーを奪う)というSFのような状況が観察され、もちろんどうしてそうなのかは判ってない(理屈はつく。様態変化に伴う体積膨張により……でも、そもそもどうして様態変化によりそうなるのかは不明。電子軌道の遷移とか理論は習ったんだけど、ただの理屈だ)のだが、とにかくそういう事なのだ、という事実を利用して冷蔵庫やエアコンは作られているのである。

液体を加熱して気化させると、それにより回りの物質から熱が奪われる。そのマイナスエネルギー状態を、何らかの方法で使えれば冷蔵庫やエアコンができるというわけなのだが……魔法だよね。よくできた魔法は科学と見分けがつかないのである。

秋葉原での事件で… 

April 04 [Thu], 2013, 7:43
秋葉原で多くの人を殺害した加藤容疑者は自分と似ていると語った。前向きな性格ではなくて、女性にもてなくてスポーツカーが好きで・・・もちろん、実際に会った事は無いので憶測だけど・・・加藤容疑者のした事は許される事ではもちろんない。でも、あの事件で多くの人の命を奪ったのは彼一人なのか?彼が今まで出会った人の中で、彼をののしったり、バカにしたり、いじめたりしたような人がいたとすれば、この事件の責任は彼一人のものとは言えなくなってくるのではなかろうか?もし、その心無い一言がなかったら彼が事件を起こさなかったとしたなら?ストレス解消のために万引きをする人だって万引きをした本人も悪いけど、そこまでその人を追い詰めた人も悪い。

同じような話を何回もしちゃったけど(読んでる人なんているのか?(笑))世の犯罪と言われてるものは、虐待と同様、やった本人ばかりが悪いんじゃなくて、そこまでその人を追い詰めた社会の責任もあると思うんだよね。以前、僕は同級生が童貞であることをからかったことがあると語ったが、もしそいつが性犯罪を犯したとしたら、その事件の責任の一端、いや、大部分の原因は僕にある・・・と言われたら返す言葉も無い・・・ま、人を傷つけたり困らせたりするのは、今、幸せではない人がすることだ。心に余裕が無い人と言ってもいい。自分が幸せでないから、言い換えれば自分に自信が無いから、人をバカにしたり、けなしたり、陰で人の悪口を言ったりしてしまう・・・

自分が幸せであれば、言葉で誰かを傷つけようとか思わないもの。それに、自分に自信があるなら堂々と本人の前で意見することが出来るはずだしね。そんな風に人に心無い言葉をあびせかけた結果・・・その相手が自暴自棄になり犯罪に走ったら・・・犯罪者に対して、どうしてあんなひどいこと・・・と言っている人に問いたいのは、あなたは今まで人を見下したり、バカにしたり、ののしったりしたことがまったく無いと言い切れるのか?犯罪者のみを極悪人に思わせるような報道のされ方がされてるけど、その犯罪者を作り出したのは我々が暮らしている社会である、ということは決して忘れてはなるまい。

凶悪な事件の責任を問われるべきは、その事件を起こした本人一人ではなく、彼をそこまで追い詰めた同じ「社会」に暮らしている我々もそうであるのではないだろうか?でも、その自覚のある人は少ない。凶悪な事件というのはある異常な人が起こすものであり、自分達は関係無いと・・・でも、そんな考え方ではよい世の中にはなっていかないんじゃないかなあ・・・犯罪に限らず、悪いこととかルール違反というのは精神的に参ってる人がやるもんだと僕は思う。車買取の相場を知って、買取額をUPさせよう

人間の五感を働かせるには 

March 21 [Thu], 2013, 12:15

光とか、振動とか、伝導とか、摩擦とか、人間の五感を働かせるには物理的な現象が必要だけど、心の目にはそういうものは必要ないからな〜(脳に血液を送ったり電気的な信号を送ったりしているのだって物理的な現象ではないのか?

という突っ込みは・・・スルー!(爆))人が人にリアルタイムで伝えられるものは「心」のみ・・・か・・・その人から感じ取れる雰囲気と言うのは、確かに「目」で見てるものでは無いからな〜・・・

そんなわけで、我々がリアルタイムで得ている情報って自分で思ってるほど多くは無いんだな・・・宇宙のことを知れば知るほど、物を見る目が少しずつ変わってきたような気がする。

余談だが・・・電話口での僕の声はなぜか女性の方に評判がいい・・・奥様のお友達とかサイトで知り合ったメル友さんとか・・・歌声が素敵☆と言うのはわかるけど、普通にしゃべってる声にかっこいいとかセクシーとかあるのかな〜・・・僕は男性と話するよりも女性と話するときの方がドキドキして言いたいことがなかなか言えない場合が多いな・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:引きこもり気味太郎
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる