【 更新情報 】

スポンサードリンク

お礼状の例文と手紙

お礼状の例文には手紙の書き方も書いてあります。
お礼状は本来、便箋で縦書きに書くものが正式なものですが、楷書体の文字で丁寧に手書きで書いたほうが良いとされています。

お礼状の例文を見てみますと便箋で書く場合、もちろん封筒に入れますので、宛名や自分の住所などもきちんと書くように記載例があります。

結婚式や出産などのお祝いでのお礼状は通常結婚式の日や、出産の日から1ヶ月以内に送るのが一般的ですが、その際にお返しのお品も一緒に送るといいでしょう。堅苦しいお礼状の例文を見て、お礼状を書くのが嫌だという人は、お返しのお品に手紙のような感じで赤ちゃんの名前やお礼の言葉を添えればいいです。

お祝いのお返しは普通、半返しといわれていますが、お祝いの金額が高額な場合などは負担も大きくなりますので、3分の1ほどのお返しとお礼状の例文に記載されているような文章をヒントにお礼状を添えれば良いです。
会葬礼状の場合は、会葬礼状の例文を見ながら文章を決めると良いでしょう。お通夜や葬儀の際手渡しするのが一般的ですが、弔電などを送ってくださった方には葬儀後なるべく早く送りましょう。

お礼状(出産)例文

お礼状(出産)の例文には必ず、赤ちゃんの性別や名前などを書くように書かれています。
出産の場合のお礼状には例文をみると差し出し人は夫婦の名前を両方書くようにします。通常出産のお祝いをもらった場合は、出産後1ヶ月以内にお礼状と内祝いのお返しを一緒に贈るとよいと書かれていることが多いです。

お礼状の例文には時候の挨拶(季節を表す言葉)お元気でしょうか?という相手を気遣う言葉、冒頭で内祝いやお祝いの品物に対する感謝の言葉も添えると良いです。

この他にお礼状の例文には赤ちゃんの名前、写真なども添えると相手に対する印象が良くなることが参考に書かれています。
なかなか会えない遠くに住んでいる方などには赤ちゃんの写真は必ずいれるようにしましょう。お礼状の例文では、先方とのお付き合いの深さによって例文が違ってくることが書かれています。特にお仲人さんにお礼状をかかれる場合には、奥様のことにも触れるようにしましょう。

また、今後お世話になる場合もありますのでお礼状に今後よろしくお願いしますというような文章を一言添えると良いですね。

お礼状(結婚)例文

お礼状(結婚)の例文を見ると、結婚のお祝いをもらった場合と、結婚式に出席していただいた場合とでは若干いいまわしが変わってくるようです。

結婚式にたいするお礼状の例文にはなるべく早くお礼状を出すように書かれています。片方だけの知り合いの方へのお礼状であっても二人の言葉をお礼状に書いて、喜んでいる様子などを伝えると先方にも感謝の気持ちがつたわるとお礼状の例文では紹介されています。

文末には今後もお付き合いしていただきたいという気持ちをお礼状に書くと良いです。結婚のお祝いをもらった時のお礼状の例文としは、お礼状とともに結婚祝いのお返しを贈るといいとかいてあります。この場合お礼状の例文にはまずは季節の挨拶、二人のお礼の言葉、新居に遊びに来てくださいという風な言葉などをいれるとよいです。

また、お祝いのほかに品物などを頂いている場合は、「大切に使っています」「2人ともよろこんでいます」というような品物のことにも触れるといいですね。

お礼状の例文と書き方

お礼状の例文と書き方としては、丁寧に手書きで書くことが基本となります。最近はパソコンの普及でお礼状もパソコンで作る人が多くなりましたが、できればお礼状は手書きで書くようにしたほうが良いと例文でも紹介されています。

お礼状の例文と書き方としては、便箋でもハガキでもいいですので、できれば鉛筆などではなく、筆ペンやボールペン、万年筆などで書くと相手への印象もよくなるでしょう。お礼状の例文では季節の挨拶をいれますが、特に目上の方やお仕事上のお付き合いがある方には特にきちんとした文章で敬意を表したお礼状を書くようにしましょう。

お礼状の例文では相手が会社などの場合、貴社や御社という言葉を使い、相手が個人の場合は、冒頭に拝啓や前略などの言葉をいれてもよいです。次にお礼状の例文には感謝の言葉を書くことが多くあります。

結婚や就職、内祝いなどのお祝い事の種類によって、微妙にお礼状の例文も変わっていますので、詳しくお知りになりたいかたは、インターネットでもお礼状の例文と書き方などが掲載されていますので参考にされてください。

お礼状(お歳暮)の例文

お礼状(お歳暮)の例文としては、お礼状を送る相手がどういう人かで、お礼状の例文が変わります。

お礼状は相手が知人の場合便箋またはハガキに手書きで書くのがお礼状の例文では基本となっています。
お歳暮をもらってすぐお礼状を出すのが正しいお礼状のの書き方です。正式なお礼状の例文では便箋で縦書きで筆書きで書くようですが、近年は横書き、ハガキともにお礼状を書くのは大丈夫のようです。

お礼状の例文の冒頭を見てみますと季節の挨拶の言葉をいれています。お歳暮は12月に来ることがほとんどですので、「師走」や「年末」といった言葉を入れると良いでしょう。

時候の挨拶をいれたらお礼状の例文を見ると一番重要な『お歳暮に対するお礼』を書くようにしましょう。

『このたびは大変結構なお品を頂き、誠にありがとうございました。』というような言葉で相手に対する感謝の気持ちを表すようにしましょう。家族がいる場合は必ずお礼状に家族のことも書くようにしましょう。

お礼状の例文には先方の体調などを気遣う文章も多く登場しています。最後に取り急ぎや、 略儀ながらという言葉を添えて結びの言葉にしましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
SEO対策:マナー