【 更新情報 】

スポンサードリンク

出産祝いや入学祝

どんなときでも物を頂いたら必ず御礼は必要ですがすぐにお礼状をきちっと出すことは大変喜んでいただけると思います。もらったときの感想など封書で教えて差し上げると先方の方もきっと安心されますからね。
結婚祝いをいただいたと思ったら今度は赤ちゃんがめでたく生まれてきてくれて親戚や
ご近所の方々から出産祝いをいただくことがありますよね。いただいたらまずすぐにお礼をするとよいですね。と言うのも下さった方にはこちらが「結構なものをありがとうございました」と言う気持ちを伝えると言うことでとても喜んでくれるでしょう。相手の気持ちを良く考えれば「贈り物をしたけれど何も言ってこないな とどいたのかな?」では先方には大変失礼ですよね。とにかくお礼状を早速書いて封書で
送りましょう。子供の写真や生まれた時の体重などを書いてもいいんではないかと思います。
また新たに子供の親という立場になった気持ちを書いてもいいですよね。

「この間生まれたと思ったらもう1年生か早いもんやなー」と言われながらもらうのが入学祝なんですね。親戚からもらうのがほとんどですので何が欲しいのか良く考えておくといいんです。机、ランドセル
運動靴などいろいろあります。まあ現金なら5000円から10000円が相場ですね。図書カードや商品券でもいいと思います。この場合特にお礼状は入学祝をいただいたら早速出しておくと良いですね。特に子供がどんな様子なのか詳しく書いておくときっと送ってくれた先方は喜んでくれるでしょう。
写真などもつけるとなお良いですね。子供の名前を書いておくのを忘れないように気をつけましょう。

結婚祝を頂いた時のお礼状

結婚式に参列してくださった方で特に大切なお客様や仲の良い親友や遠方から足を運んでくださった方など自分たちの人生の門出を祝福してくれた方々に心を込めて送らせていただくのがお礼状であると思います。普段顔を合わせる方ならまだしも結婚式の時ぐらいにしか会えないような方ならしっかりとしたお礼状を書いておくのも相手には好印象をもたらすことになるでしょう.お礼状の内容は心からお礼の言葉をまず書いていきます。そうしてこれから新しく始まる新婚生活に関する自分の気持ちや心境などをわかりやすく書いておくといいと思います。とにかく思ったらすぐに書くのがいいそうです。本当に感謝しているのか?ただの社交辞令なのかじゃ相手に届く気持ちは違いが出てきます。だからタイミングを外してしまうとお礼状の効果も半分くらいになってしまいます。また宛名書きはなるべく手書きの方が良いです。まずは新婚旅行から帰ってきたらお嫁さんはご近所にご挨拶に回るんではないでしょうか?今は昔と比べてどうかわかりませんが地域によると思いますのでお姑さんに聞きながらすれば良いでしょう。またお礼状はこのときに早く書きましょう。お祝いのお返しは1ヶ月くらいのうちに贈りましょう。
P R