夜の仕事は即勤務可能

January 11 [Fri], 2013, 15:44
普通のアルバイトの場合、応募、面接、採用通知…と

段取りを踏む必要がありますが

ナイトワークの場合はそういった段取りを

少し省略することが可能です


というのも、夜の仕事は

面接で見込みがある女の子は

その場で採用するということがあるからなんですね

未経験でも体験入店を勧めてみたりと

積極的に雇用する傾向にあります


それには理由があるんですね

というのも、ナイトワークは流れが激しく

また、出勤率があまり高くないんですね

高収入、高時給なお仕事なので

フル出勤で働くコンパニオンがあまりいないのです


それゆえに人数をたくさん揃えて

常に女の子がたくさんいるようにしたいということで

即勤務を採用しているんですね


とはいえ「誰でも採用する」というわけではないことを

よく覚えておきましょう

最低限のマナー、礼儀や魅力は必要です

即刻勤務の原点

December 08 [Sat], 2012, 18:00
少し古い本の話になりますが

ある小説の中で

ひょんなことから設置作業員の手伝いをして

そのままそのおじさんの助手として働き始めるという

ある意味即刻勤務の原点とも言えるくだりがあります


現在ではこういった雇用は極めて稀です

まずないと言っていいかもしれません

しかし昭和初期、中期ぐらいまでは

実際にあったそうです

もし現在でもこういった雇用があれば

就職難で困っている方々にとっては

とても助かる心遣いのように思います


これはある意味では心の豊かさだと思います

最近はすぐ手続き、書類と形式を優先します

確かに身元保証のない人間を雇うのは不安かと思われますが

できればこういった心を忘れずにいて欲しいと思ってしまいます


なにもできない私が言うのも

なんとも頼りない話ではありますが…

勤務形態から見えるもの

September 28 [Fri], 2012, 19:04
勤務形態からはほんの少しですがその人の生き方が垣間見えます。



例えば正社員で9時出勤5時退社で

何年も何十年も一つの会社に勤めているベテラン社員さんは

真面目に取り組み、ひとつの物事を継続して

続ける事が得意なタイプですし、

契約社員やパート、アルバイト契約で続ける方は

自分の時間を大切にし、仕事よりかは充実した生活を求めるタイプ、

もしくはより高収入を得るためにたくさんの仕事先で

持っている時間をフル活用する極限まで頑張るタイプでしょう。



持続性、自身の生活、収入…

それぞれの目的がが勤務形態に現れているのです。

勤務中に転職を考えるきっかけ

September 27 [Thu], 2012, 15:05
どんな仕事でもそうなのですが、

人が転職を考えるきっかけ

というのは、本当に些細なことだと思うのです。



それは、例えば、上司との関係が

気まずいものになったり、

自分の収入や仕事の内容に

不満があったりというものではないでしょうか。



そこから、もっと自分の希望に

合うような条件の企業を探す

というのが転職のきっかけになるんですよね。



前回のブログで書いたような

ケースもありますからね。



状況をよく見定めて行動するということも大事だと思いますよ。

即勤務可能な会社には長居するべきではない?

September 26 [Wed], 2012, 19:54
以前にも書いた通り

即勤務可能な企業は人手が足りずに

激務が待ち構えている場合が多いです。



その企業がどういった経営かを見極めることが

今後の生活には大事なことですよね。



繁忙期が忙しく人手が足りないのは

どんな業種であれ仕方がないことで

誰もが忙しく働いています。



ですが繁忙期を過ぎてもいつまでも忙しく

その割に収入が増えない企業。



常にギリギリの経営で

従業員を忙しく回すことで

なんとか会社の体をなしているという企業も

少なくありません。



仕事を続けることで

経営が好転する兆しがあれば

期待を持って働け

将来にも繋がります。



しかし、そうでない場合は

ある程度の仕事を片付けたら

さっくり足を洗うほうがいい場合もありますよ。

勤務の時間帯

September 25 [Tue], 2012, 19:05
スーパーなど場合、朝早くに開店し夜遅くに閉店します。

その場合、従業員のシフトは

いくつかの時間帯に分かれ、

「早番」と「遅番」の時間帯には大きく差が出ます。



例えば早番が朝の8時出勤午後6時終わり、

遅番が昼の12時出勤午後10時終わりだとしましょう。

家が遠い場合は早番で6時起き、

遅番で11時帰りになります。

しかし経営や従業員の熟練度、仕事の量の関係で

遅番の次の日に早番といったシフトを

組むことは多々あります。



このように時間帯が日によって

大きく変動する職業の場合は

日頃から体力をつけ、

休める時に休むことが必要になります。

夜勤の勤務がある仕事

September 24 [Mon], 2012, 13:38
介護職や医療関係のしごとだけでなく、

ナイトワーク系の仕事にも言えることです。



もし、そういったお仕事に転職されるという場合は、

夜勤についても、しっかりと考えておくことが大事だと思います。



なぜなら、日勤から夜勤への勤務時間の変化というものが合った場合、

それは、すぐに体調に現れることになるからです。



深夜勤務というものを繰り返すほどに

睡眠障害を起こしやすくなってしまうのです。



ですが、その分、日勤のお仕事よりも給料が

高収入であったりという風になっているんですよね。

即勤務即退社

September 21 [Fri], 2012, 19:13
面接の申し込みをしたらその日のうちに面接を行い、

その日のうちに採用され即勤務…

一般企業、いわゆるナイトワーク以外で

これの流れになった場合は気をつけたほうがいいでしょう。



これはかなり人手不足であること…

つまり恐ろしい仕事量が待っているということです。



こういった選考をしている時点で

経営方針に問題のある会社と言えます。

いわゆるブラック企業というのでしょうか。

ナイトワークの場合は即勤務でも体験入店という制度を設け、

無理なく仕事を始めてもらうことで人材を得ることに

成功しています。

雇用には気遣いが大切だということですね

お仕事の長さ。

September 20 [Thu], 2012, 19:12
即勤務でその日から働けるメリットって

お給料が早く貰える事とかですよね。



即勤務可能という事は

その企業は人手が足りていないという事。



ではなぜ人手が足りないか?

その企業に定着する人が少ないから

という事になりますよね。



即勤務可能な仕事はその分ハードであることが多いです。

長く続けれる仕事かどうかは業種次第ですが

多くの場合、人の回転が早く

長く続かない、続けられない可能性が

高いと言えます。



人それぞれ、長く勤めるか、すぐ転職するかは違いますが

スキルを得るためにも

ある程度続くお仕事を選びたいですね!

私の初めてのアルバイト勤務体験談

September 19 [Wed], 2012, 20:13
今日はここで私の初めてのアルバイトのお話でも。

ちょっとした息抜き程度に読んで頂けたらと思います。



私は高校を卒業してすぐに

大阪の難波まで上京しました。

当時はキャバクラで働ける事を目標にしていたので

それならば都会の方が有利だと考えたのです。



容姿にも多少の自信はあったので

求人に応募する前から必ず受かる、などと

少し自惚れていた事も記憶しています。



実際に応募してみるとその日のうちに

面接をし、体験入店として即勤務でお仕事を始めました。

それから数ヶ月は特に苦労する事なく

高収入を稼いでいたのですが

ある日を堺に壁にブチ当たる事となります。。

が、それはまた後日書きますね(^-^;
  • SEOブログパーツ
カテゴリアーカイブ