肌タイプ別で変わる日焼けの仕方とケア

July 22 [Tue], 2014, 10:54
日焼けをしまった時、肌は黒くなりますか?それとも赤くなりますか?みんなそれぞれに生まれつきの肌タイプがあって日焼けをした時に現れるダメージは違うんです。ですから、紫外線対策も違ってくるんですね。もし日焼け止めを塗ってそれだけで安心していた場合、秋になる頃には小麦色の肌になってしまっているか、肌にくすみが出ているはずです。

まずは、あなたの肌がどういう肌質なのかチェックするところから始めましょう。

日焼けをしたとの肌は大きく三つのタイプにわかれます。一つ目は赤くなってから黒くなる・二つ目は赤くなって何日かで元に戻る・最後は赤くなれずにそのまますぐに黒くなる。肌が黒くなる人は、紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素を膿それがたくさん作られるので黒くなってシミができやすくなるんですね。

だからといって赤くなってそれで終わる人が紫外線の影響が少ないという話ではありません。肌が赤くなるということは、紫外線の B波によるダメージを受けやすいということなんですね。メラニン色素自体はできにくいんですけれども、紫外線対策をしておかないとコラーゲンが破壊されたるみやしわが出やすくなります。

日焼けをして肌が黒くなってしまう人は、内側からの対策もちゃんと行っておきましょう。例えば、ビタミンA ・ビタミンE ・ビタミンC などサプリメントをとることも一つの方法です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちきんちゃん
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ore-chicken/index1_0.rdf