ケンミンショー感想 

February 15 [Fri], 2008, 20:59
やっぱり県ごとに色々言い方は違うのですね〜!

岡山→くちる

熊本→黒血


あはは(汗)全然違いますね。。。

黒血がよっとる。とかで使います。。

岡山の巨大桃はビックリしました。けど品種が違うらしい(笑)

ケンミンショー見た人コメ!

日南でモアイ発見! 

February 08 [Fri], 2008, 15:22
家族で日南へ出かけました。

なんでもモアイのレプリカがあるとか…

肝心の名前は何だったっけ!?マリンメッセだったかな…
到着して、駐車場へ向かってたら窓から【モアイ】を発見!!

これが、想像してたのよりかなりデカイ!しかも7つ並んでる。(画像参照)

家族で弁当もってなかなか良かったなあw
園内はカートで移動も出来たし、子供用の遊具もたくさんあったし。


来月は子供の七五三だ。初めてだからそれも楽しみ。

「この世には本当はA子もB子も存在しない」(NHK朝ドラ「ちりとてちん」) 

January 19 [Sat], 2008, 1:42
「ライバルが現われたな」―――。上方落語の名門・徒然亭の草若師匠(渡瀬恒彦)が喜代美(貫地谷しほり)をからかった。「お前、恋をしているな。お前を見ていると、誰だって気がつく。もっとも相手の方はまだ気づいていない」―――。NHK朝の連ドラ「ちりとてちん」の一場面。

草若師匠は落魄の身。高座から永久追放され、かつて栄華を極めて一門は散り散り。師匠と運命を共にしているのは弟子の草々(青木崇高)ただ一人。彼は師匠の身を案じ、高座を捨ててでも師匠の世話をしている。そんな草々にいつしか恋している喜代美。だが勝ち目が10に1つもない強力なライバルが出現した。

福井・若狭で伝統的な塗箸工房を営む家に生まれた喜代美。高校卒業までずっと<負け犬>―――。同姓同名の和田清海(佐藤めぐみ)にコンプレックスを持ち続けてきた。
美人で優等生の清海(佐藤めぐみ)はいつもクラスのマドンナ。クラスの人気を独り占め。生徒会長、不良グループのリーダーからも慕われる存在。クラスでは同姓同名の二人を区別するのに、いつしか<A子><B子>と呼ぶようになっていた。もちろん美貌のライバルがA子。心配性で暗い喜代美はB子だ。このネーミングがB子をさらに落ち込ませる。

優等生A子はなぜかB子に優しい。学芸会で一緒に<三味線>を弾こうと誘ってくれた。B子の祖母は元芸者。三味線の名手だ。二人は一緒に稽古を始める。だがたちまち上達するA子。大きく遅れをとったB子は練習する気力を失う。A子がいる限り、B子はいつでも<負け犬>!「もし上手く行かなかったらどうしよう」と立ち止まってしまう。バラ色の未来を妄想するが、現実は厳しい。そのギャップに悩む。心配性でコンプレックスの塊まりなのがヒロインの喜代美。

密かに草々を慕うB子の前に、ナントA子が出現した。しかも草々は一目見てA子のトリコになったみたい。初対面のA子の顔をじっと見つめ、慌てて取り出したのが、女子高生が<恐竜の化石>を発見したという新聞の切り抜き。それがA子だったのだ。このニュースは全国に報道された有名な話。

「これ、あんただろう。俺、ずっと会いたかった。まさか会えるとは!おい、キー子(草々はB子をそう呼んでいる)!お前、なぜもっと早くそれを言わない!」―――怒鳴る草々。(なんでいわなあ、あかんねん)―――B子は心の中で叫んだ。
「ね、ね。恐竜、好きか」と草々はA子に聞く。頷くA子。「なぜ、好きなんや」、草々は迫った。「デカイし、強いし、<速い>」―――とB子は先に答える。恋しい草々の気を引きたい。だが<速い?>と草々は呆れた。<姿勢が悪い!>。ますます呆れる草々。

「ロマンがある。1億6千万年も地球上に棲息、大きくて強かったのに絶滅して姿を消してしまった。そう思うと、切なくなります」―――。A子の答えに草々は唸った。「凄い。生きた歴史をキチンと語れるなんて…」。惚れ惚れとA子を見つめる草々。B子は思う。
「やっぱりダメだ。A子が出てくると、私はB子になってしまう」―――。
学芸会でも舞台に立ってA子がスターになり、ヤンヤの喝采を浴びた時、練習に挫折したB子は、A子にスポット当てる裏方の照明か係になり下がっていた。

<恐竜の化石>を発見したA子に出会い、草々は狂喜する。一目惚れ。だが発見したのはB子だったのだ。A子の提案でペンダントを交換した二人。化石と知らなかったA子が理科の担任に見せたことから、運命が決まった。大騒ぎとなり、新聞にも出た。A子は謝ったが、既に手遅れ。B子も問題にする気はなかった。だが―――。

草々が狂喜する姿を見てA子は気が咎めた。思い切って草々を訪ね涙ながらに打ち明ける。
ハラハラと流れるA子の涙。草々は絶句、健気なA子に胸キュン!白いハンカチを取り出す。物陰から二人の会話を聞いてしまったB子は自分の恋が終わったことを知る。「私はまたもや<スピード失恋>をしてしまった」―――。

A子に<胸キュン>の草々。翌朝、草若師匠とB子の三人でテーブルを囲むが、食事がとれない。「お前、どうした。食欲がないんか」―――。「分りやすいやっちゃなあ、あいつは…」と師匠は呆れる。草々がA子に恋しているのは火を見るより明らかだ。
A子の気持ちを知りたい。草々はB子に質問した。「なあ、は俺のこと、A子は何か言ってなかったか」。それと察したB子。「うん、だったら私が聞いてあげる」。「ほ、ほんまか。じゃあ、頼む」。切ないB子の思いを知らない草々、大喜びだ。

「お前は、ほんまにアホやな」―――。見かねた草若師匠、でも呆れた。(でも、たとえ一瞬でも草々さんの笑顔が見たかったんだもん。でもA子から草々の<笑顔>が見られるような答えが返ってきたら、どうしよう)―――。今度はB子の<胸がキュン>と痛んだ。

火山が毎朝見ているNHK朝ドラの「ちりとてちん」―――。「人生は自分が思っているように展開する。人間はあらゆる可能性を秘めてこの世に生を受ける。でも自分は<B子>と思いこむと、いつしか<B子>のシナリオに。<A子>と思えば自分は<A子>のドラマの<主役>になる」―――。火山は企業の教育責任者として<自己実現>の<経営戦略>と<教育>を追究してきた。本当は「この世にはA子もB子も存在しない」のだ。
(平成19年10月30日)

20071029 

January 10 [Thu], 2008, 10:36
20071029

トイトレ 

December 29 [Sat], 2007, 17:43
トイレトレーニングをはじめた琢登


今では日中完全に自分でトイレに行けてます^^

ただ・・ウンチはまだダメです・・コレもきっかけがあればいいんですが・・

ウンチしたくなるとオムツ履く・・と・・


今日初の夜パンツで寝かせてみます^^

さて・・明日は無事にお漏らしなしでいけるかな・・・

まだ無理そうな感じはありますが後一歩まで来ました^^

2007/10/20【高尾山】 

December 18 [Tue], 2007, 23:31
トレイルランニングの練習にと
高尾山に登ってきました♪



朝早くに出かけ
電車で一時間
登って降りてで二時間
昼前には家に帰ってきておりました。



こういう自然溢れる山が都内から電車で一時間のところにあるってのは素晴らしいですね。
登りはやっぱりしんどいですが
下りの気持ちよさは言い表せないほどです♪



その高尾山にトンネルを掘る計画があるとか。
未だ裁判で争われているみたいですが
ほんとに。。勘弁してほしいです。



天狗さんもあきれますよ。。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orchfr101
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ネオニート
» 20071029 (2008年01月20日)
Yapme!一覧
読者になる