読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ 

February 21 [Thu], 2008, 0:31
昨日の読売新聞の「人生案内」の投書を読み、泣いてしまいました・・・。

「人生案内」は、相談者の内容と、それに対する回答が載っていて、政治経済は読まなくても、ここだけは読んでしまう私です。

昨日は20代女性からの相談でした。
今年、お母様を病気で亡くし、しかも離婚も経験し、子育てを一人で頑張っているとのこと。
相談の主な内容は、お母様を思い出して苦しくなる、というものでした。

6年間も病気と闘ってきたそうで、再発や回復時のお母様の顔を思い出してしまう。
また、看病のために仕事を辞めざるを得ず、「早くいなくなればいいのに!」と
当たってしまったこともあると。

お母様の悲しさを思うと、ご自分の親不孝が悔やまれてならない、そう書いてありました。
また、今になって、病気の治療法が見つかったそうで、もしかしたら助かったのに、という思いにも
苦しんでいるようでした。


さて、この記事に対する回答は精神科医が担当していました。
(内容によって作家だったり、大学教授だったりと異なります)

「親孝行したいときには親は無し」と言うように、このように苦しむ人は多い。
そして、それは、まだ親が元気な人への教訓になる。

ただ、この相談者が本当に親不孝だったかというと、そんなことはない。
疲れて感情的な事を言った事があっても、仕事も辞めて、
人生のある段階で一番大きな部分をお母さんだけに尽くしんです。

これは中途半端な親孝行ではできません。

今はお母さんの思い出をしっかり受け止めて、前向きに生きることが、現段階での最高の親孝行では?
お母さんはゼッタイに、あなた(相談者)を許しています。
いえ、「本当にありがとう」とおっしゃっていると思います。


ざっとこんな内容でした。
読みながら、この投書は私がしたのか?と思ってしまいました。
それくらい、私の感情に似ていました。

そして、回答に救われた気持ちがしました。

私は「早くいなくなればいいのに」と思ったことは一度もありません。
むしろ、母の気持ちや辛さを考えずに、命が続くことを願い続けました。

でも、疲れて感情的になったことは、やっぱりありました。
随分、母とぶつかりました。

でも、母とぶつかっていた頃は、まだ良かった・・・。
母がケンカするほどの体力も気力も無くなってしまってからのほうが、やはり辛かった・・・。
本音で言えなくなってしまったし。

なんて、色々思い出してしまいました。

まだ、忘れたわけじゃなくて、悲しみが薄れたわけでもなくて、
ただ、思い出さないようにしているだけだから・・・。


この相談者の人が、少し気持ちが楽になったらいいな、と思いました。

国立科学博物館♪ 

February 14 [Thu], 2008, 0:51
体育の日の月曜に、親子三人で初めて遊びに出かけました!!



どうしてもどこかに行きたくて、旦那のお尻を叩き、連れて行ってもらいました♪



本当は、晴れてたら、浜離宮(新橋の近く)に行きたかったんだけど・・・・・



でも、とても楽しかったです!!!




結構、規模がでかくて剥製や標本がいっぱい!!!

これなんて、びっくり♪
でかすぎて、写真に納まらないけど、鯨の骨です!!
すごいでしょ!!!





あんもないとぉ〜〜〜〜♪

こんなでかい貝がいたらびっくりしちゃう・・・・
「アンモナイト」であってるよね?!エスカルゴ?!?





「がお〜〜〜〜〜〜!!!!」

恐竜の大様!「★ティラノザウルス・レックス★」
こりゃあ、食べられたら一溜まりも無いですね!!!
これが、時速30キロ近くの高速で向かってきたら・・・・・・・
怖すぎる・・・・・・・・・





結局一日ではキチンと見学できなかったけど、凄く楽しめました!!

次回はもうちょっとぴーちゃんが大きくなったら行きたいな!!

DODGE RAM2500のコンバージョン 

January 31 [Thu], 2008, 15:58
ここ最近・・・車が売れているのですが利益がない・・・



そんなボランティア活動をしているわたくし・・・



夜ご飯は納豆とお茶碗1杯のご飯?と味噌汁。ヘルシィ〜!



って馬鹿なことをいっている場合でもないのですよ・・・ほんとに



そんな中ニューフェイスが入庫!



まぁたいした車ではないのですが、RAMVANのコンバージョン







でも・・・



なかなか調子がよく快適なのです、これが・・・



でっかいよ〜なんて思ってる人。意外とそうでもないですよ



ふつ〜の乗るぶんにはそんな大きさは感じないです。



まぁもっとデカイアメ車売っている私に言われたくはないですね・・・



最近は通勤に使用しているので家のそばに借りている月ぎめ駐車場にとめてますが



ふつーに止めてます。車庫証明も問題なく取れるし・・・



何が良いってハイルーフは頭が当たらないそして広い!







おまけにこのダッジバンフロアがフローリングなので掃除が楽!



リアをベットに改造してあるので子供も大喜び!







先日の旅行に使いましたが意外と燃費もよろしく、横浜〜八ヶ岳往復と現地で散々乗って



半分減らないくらい。タンクも大きいとはいえ山道散々走ってこの燃費は優秀!



エアコンもよく効くし、乗り心地もGOOD!



このてのコンバージョンてかっこよくするのはまずホイル!



純正だとなんかヒョロとしているのでここはやっぱりぶっといホイル&タイヤを!







フロント8Jリア10Jのグットリッチのタイヤ!お約束ですがこれが一番無難で



カッコいいと思うのはわたしだけ?







あと後ろについてるハシゴ(ラダー)とスペアタイヤは私の中ではかっこ悪い・・・



なのでいらない。でもスペアタイヤは必要なのでちゃんとリアベットの下に収納済み



気の合う仲間や家族と出かけるにはぴったり!



サイズが気になるというあなた!今日コインパーキング(タイムズ)にちゃんと



駐車できましたよ!



   ずばり販売価格 980.000円 (諸費用別税込み)



100万以下で買えちゃいます!



へたな国産買うよりず〜っとかっこいいと思うのですが?



お父さんがこれ乗ってドライブ連れて行ったら子供は大喜び!



ちなみにうちの娘は喜んでました。そして兄の子供たちも・・・

ちびちびちゃんと散歩♪ 

January 16 [Wed], 2008, 22:41
最近、ちびちびちゃんとベビーカーで散歩するのが日課になりました。

まだ首がすわってないので、
出掛けるときベビーカーに乗せるのはちょっと私がビビリ気味ですが、
ベビーカーの乗り心地はちびちびちゃん結構良さそうです♪

散歩といっても近所の公園までの道のりをゆっくり行くぐらい。
ついでに懸賞用のハガキをポストに投函して、
ついでにコンビニに寄ったりもします。

先日行ったローソンでは、お店の人がベビーカーで入ろうとする私に気づいて、
入り口のドアを全開にして開けてくれました。
上のはそのとき買ったパフェです、
結構これ、ボリュームがあっていいです、はまってます♪
帰りもちびちびちゃんと私のためにドアを開けていただいて・・・。
ローソンの店員さん、ありがとうございました!!!

あーぁ。 

January 09 [Wed], 2008, 22:18
容疑者 室井慎次また見逃したぁ(ノ_・。)

寝てたよぉwwwww

寝過ぎたよぉー(*・д・*)b

今から寝れるでしょーか!?ww

洗濯物回して干して。
風呂入って寝よっと(='T`=)p

川崎洋著「すてきな詩をどうぞ」(24) 

December 22 [Sat], 2007, 13:53
 '''川崎洋著「すてきな詩をどうぞ」'''



筑摩書房発行:著者川崎洋 「すてきな詩をどうぞ」より



'''初夏'''



「山頂から」    小野十三郎



(昨日よりつづく)



   五月の山は



   ぎらぎらと明るくまぶしい。



   きみは山頂よりも上に



   青い大きな弧をえがく



   水平線を見たことがあるか。



山頂より上にある水平線…人に詩をかかせるのは、ひとつにはこういう発見であり感動です。



山に登ると、雲が下るに見えることがあります。また飛行機に乗ると、下にひろがる雲海を眺めることが



できる。わたしはそういうのが大好きなのですが、そういう時、ふと思うわけです。そうか、ふだん見上



げる雲は、あらは雲の裏側なんだな、一つの見方を変えるだけで、世界がふっと新しくなる。



スカイダイビングというのがありますね。飛行機から飛び降りて、途中でパラシュートを開いて、目標の



着地点を目指したりするスポーツです。そのスカイダイバーから聞いた話なんですが、まず、飛び降り



る、そこは空の高い所ですから寒い、ところが、地上八百メートルくらい、このあたりでパラシュートを



開くのですが、そのへんまで降りてくると、空気があったかい、そういうふうに身体中で感じるそうで



す。それをスカイダイバー仲間では、大地のぬくもりと言うんだそうです。



こういう話を聞くと、「大地のぬくもり」ということばそのものが、ぐーっとひろがるのを感じます。



もう一つ、これは国立科学博物館のほうからうかがった話なんですが、空には、思いがけないようなもの



が浮遊している。浮んで漂っているそうです。



昆虫が多くて、トンボとかチョウ、チョウの仲間のウラナミシジミとか、イネの害虫として有名なイチモ



ンジセセリとか、ものによっては地上すれすれに飛んでいるものが、強い風にあおられたり、突然竜巻に



会ったりして高い空へもっていかれてしまう。すると身体が小さいから重力がそれほど作用しなくなる。



だから下へ降りてくるまでに、とても時間がかかるわけです。おどろいたことに、カタツムリがそらを漂



っていて採集された記録があるそうです。



山を知識にたとえると、山頂をきわめたと思っても、その上に青い大きな弧をえがく水平線があるんです



ね。



ここで、もう一つ紹介する詩があります。



(つづく)

原田氏の無料セミナー 

December 13 [Thu], 2007, 8:32
 当選したので出席して来ました、原田氏は自分とほぼ同年代。



 それにしても頭の回転の速い方で、早口で色々とお話になられて
ついていくのが大変という声も聞こえましたが、自分は日頃から
氏と似たようなことを考えるようにしているので、そんなには
違和感はありませんでした。



 



 安部前総理の話もでましたが、どうやら体が相当弱っていたというのは真実らしい。
慶応病院でこっそりとGWに内視鏡手術を受けたそうです。
辞任のことははっきりと全容はおっしゃいませんでしたが、米国がイラク撤退を
決めたのに、洋上給油を継続すると頓珍漢なことを言ってしまい、帰国してそれに
気がついたと言っていました。



私が考えるには、つまりは外務省(害務省)に
外交ルートで米国発の失脚用ガセネタをつかまされ、そのシナリオに沿ってブッシュ氏
と会談してしまったのではないかと思う。
 給油を継続しますと言えば喜ぶはずのブッシュ氏がしかめっ面をして
so what?と言い、引き換えにテロ国家指定解除の延期を願い出たものの
あっさりno!。帰国して小沢氏とシーファーがわざわざTVの前で会談、
延長なし宣言を行い安部総理は「ああ、俺は嵌められた・・・」、気がつけば
内閣改造で味方も誰もいない・・・ということで、森氏がフランスへワールドカップ
ラグビーを見に行っている(これは当然自費ですよね?・・・)間に、
今しかないと辞めて、公安からもしばらく病院で休んでくださいということで
今回の顛末に・・・という妄想が出てきました。



あと福田さんも最近日本は米国に騙されていると側近にもらしてしまい
米国スタッフから警戒されているとか・・・いう話でした。



興味のある方は出て見られるのもよろしいかと、損はしないでしょう。

社 説 小沢代表が辞任表明/政局は一気に流動化だ(河北新報社社説)   

December 07 [Fri], 2007, 3:04
社 説 小沢代表が辞任表明/政局は一気に流動化だ  

 民主党の小沢一郎代表がきのう、「今回の問題で政治的混乱を招いた責任を取り、けじめをつける」として、代表を辞任する意向を表明した。

 福田康夫首相と小沢氏による2日の党首再会談で首相側が提案したとされる自民、民主両党の「大連立構想」が空中分解し、分解の衝撃波が民主党の深部を一気に液状化させたということなのだろう。

 民主党内には小沢氏の慰留を求める声が残っているものの、同党を政権への至近距離にまで引っ張ってきた代表の辞任表明で政局の流動化は避けられない情勢となった。

 小沢氏の言う「政治的混乱」は、同氏が首相の連立提案を会談の場ですぐに拒否せず、いったん党役員会に持ち帰って全員の意向を確認してから首相に電話で断るまでの時間の経過によって広がった。

 小沢氏らしからぬ逡巡(しゅんじゅん)だったのだろうか。その一瞬の時間的空白は「小沢氏の頭の中には大連立の選択肢もあったことの証しではないのか」という「疑念」を瞬く間に広めてしまった。

 党首会談の翌日に民主党の鳩山由紀夫幹事長が「会談の席で断れば、“小沢独裁”との批判を招いた」と「疑念」の打ち消しに神経をとがらせたのも、空白がもたらす影響の深刻さが心配されたからだ。

 小沢氏に代表辞任という形の責任を迫った一瞬の空白。「ねじれ国会」が象徴する与野党激突が政局を不安定化させ緊迫化させるほど、政治の状況は一瞬の要素によって激変することを物語っている。

 民主党執行部内で「大連立は政治の大政翼賛会化につながる」という空気が支配的な中で、このテーマをめぐる小沢氏のスタンスにはこれまでにも異質なものがあったと見られて当然の面があった。

 小沢氏は参院選直前、テレビの番組でこう語っている。

 「野党が参院で過半数を獲得すると、政権の枠組みをどうするかという問題が出てくる。自民党でもわが方でもどうしようと議論になる」

 与野党を巻き込んだ政界再編に明確に触れているのだ。

 数日後、民主党幹部の一人が「民主党が参院選に勝ち、次の衆院選に勝つのが王道だ」と小沢発言をけん制したが、小沢氏の持論があらためて党内に波紋を広げたエピソードとして記憶に生々しい。

 首相の連立提案がこうした小沢路線の“一本釣り”で民主党を政策協議に引きずり込もうという狙いがあったなら、それは同党の内部矛盾を激化させずにおかない。

 多様な政治的立場が混在する民主党が分裂含みの矛盾に振り回されれば、鮮明な旗印で2大政党制による政権獲得を国民に約束しなければならない党としては命取りだ。

 小沢氏は辞任表明会見で「民主党(中心の)政権を定着させれば、2大政党制には矛盾しない」と大連立志向を強調。政権協議の提案を認めなかった党役員会に「不信任されたに等しい」と述べた。

 「連立に2つも3つも形があるわけでない。連立は連立だ」と政策ごとの部分的連立でなく政党組織による大連立にこだわる姿勢も見せた。

 2度の党首会談の周辺で、泡のように膨らんだ大連立構想の不安と期待の裏には、2大政党制に対する自民、民主両党の自信の弱さが潜んでいると、私たちは見てきた。

 その大連立が今の政治を前に進める最良策とは思えない。世論の強い支持があるわけでもない。結果的に国民に政治的展望を示せなかった小沢氏の退場は当然である。同時に、福田首相の責任も重い。

 小沢代表の辞任が決まれば、民主党は大きな“重し”が取れた状態になるだろう。

 過去に自民党の幹事長まで務めた小沢氏の真骨頂は、その選挙戦略に象徴される。

 業界や職域団体、非都市部などかつて自民党政治を支えた保守地盤に手を突っ込みながら、自民党のパイを奪って民主党の支持に付け替える。イメージ頼みの空中戦より、しがらみ頼みの組織戦だ。

 その戦略・戦術が参院選でも成果を上げたのは事実だ。だが、保守票を民主票に替える“オセロゲーム”だけでこの国に新しい政治文化が生まれるとは思えない。ポスト小沢民主党は清新な民主党らしさを追求すべきであろう。

 そして2大政党制のもとで政権を取るというなら、その政治路線を鮮明にし、新しい顔の政権党を目指せばいい。

 この「ねじれ国会」であらためて民主党の政権担当能力と政治改革への独自色が問われることは言うまでもない。

2007年11月05日月曜日

10月18日の1押し予想 

December 02 [Sun], 2007, 18:35
[予想屋たけ]
三国12R 1−2−34 ☆都築さん頑張って〜☆

[マクール1押し予想]参考になれば
桐生R お休み -=-
戸田R お休み -=-
江戸川9R 1-236ボ
平和島R お休み -=-
多摩川11R 124ボ
浜名湖R お休み -=-
蒲郡12R 1-3-2456 1-2456-3
常滑R お休み -=-
津R お休み -=-
三国12R 1-2=3
琵琶湖10R 1-3-2456 1-4-2356
住之江R お休み -=-
尼崎12R 1=2-3456
鳴門10R 4-1=5 4-5-13
丸亀R お休み -=-
児島12R 1-234ボ
宮島R 記念レース開催中 -=-
徳山R お休み -=-
下関12R 1=2-3456
若松11R 1-3-2456
芦屋R お休み -=-
福岡R お休み -=-
唐津7R 4-5-1236
大村R お休み -=-

ゴーヤ終了・やっと紅葉・・・! 

November 28 [Wed], 2007, 13:38
●長いこと実がなっていたゴーヤが、やっと終了した。



昨日は長いつるの根っこから抜いた。
最近はさすがに葉っぱも枯れてきて、もう実がならなくなっていたのだ。
そこで決心して抜いたのだ。



最近は実のなり具合も急速に落ちていた。
しかし、小さくはあるが実は20本近くなっていた。
またしても佃煮にして食べた。



本当に今年は堪能するほど食べた。
10月の末まで実がなろうなろうとは、感激だった。



●校庭のアメリカンフウが一気に紅葉した。
1週間前はそうでもなかったのに。
この1週間、朝晩はかなり冷え込んだ。
でも、他の木はまだまだなのにこの木だけは紅葉したのだ。



遅くはあったが、秋の訪れを感じる今日この頃だ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orasbo1852
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年10月16日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年10月09日)
アイコン画像りぃこ
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年09月24日)
アイコン画像南雲
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年09月21日)
アイコン画像せぶん
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年06月18日)
アイコン画像まーくん
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年04月17日)
アイコン画像もみじ
» 読売新聞〜人生案内〜を読んで・・・ (2008年03月26日)
Yapme!一覧
読者になる