大変お久しぶりです。

January 08 [Fri], 2010, 0:59
誰か読んでくれているかもしれない、と思いつつ書きます。

MELROSEを更新しなくなってから、随分長くたちました。
BBSも消えてしまいました。
でも、これは自分が歩いてきた軌跡だから、と思って残したままにしていました。
随分と沢山の人と、この場所で出会う事ができました。
なにかの役に立ちたい、自分自身も先へ先へ進みたい、けつまづいてばかりの自分をみて、いろんな問題を抱えているお友達達が、こんなでもまぁ社会の中で生きていけてると言えるんだなぁ、と思えたらいいな、というような思いで作っていた場所でした。
今のその思いは同じです。


ですので、近況報告をします。


めるろは現在内科医として働いています。
いつまでどんな風に働き続けるのか分からないけど、当分働いていたいと思っています。

バートさんとは遠距離恋愛をしています。
昨年度は別れて上等、という思いで何となく続いていましたが、そのまま続いて今に至ります。
距離が離れているからこそ途切れ途切れ続いているんだと思います。

お仕事について。

はっきりいって、自分できちんとしていると思ったことはほとんどありません。
すごいきちんとやってる、と思った後には、たいていすごいしっぺ返しが来て思い知らされる、というのが実情です。でも、社会人として一応成り立って、お給料をいただいているので、なんかの形で社会の役に立っているのだと思います。
同僚、同期はものすごい優秀です。
それに対してなんにも出来ない上に、プライドだけ高くて(最近実感しました)大して難しくない物事を難しくする私。ひらき直りの境地に達するまでは大変でした。毛が抜けたり、湿疹だらけになったり。
でも一応、社会人として生きています。

過食嘔吐は続けています。
ほぼ日常です。
でもそれについて大して考えていません。仕事中に衝動が起こって、菓子パンを2個3個食べて、更にそのことを知ってる人がいない場所で何か食べたり、おまけにそのせいで仕事がたてこんで吐けなかったり、トドメにそのせいで注意散漫になって結果として仕事で細かい失敗を重ねた、ということもありますが、案外ひどく落ち込んだり、人生の方向性を変えるほど思いつめたりはしませんでした。

結論、摂食障害のままでも社会生活は十分営めるし、その中で形の見える目標を少しずつ達成する事ができれば、それはもう十分に社会人としての務めを果たせているということなのだと思います。自分にしか見えないくらい些細な目標で十分だと思います。

リストカットの痕は、今になって時々気になるようになってきました。
でもそれは仕方の無いことですし、自分が気にするそぶりを過剰に見せなければ、他人も案外気にしないものだと思っています。
腕時計の数を増やそうと思ったりしています。
そんな小手先の事で、大抵の事はなんとかなるんじゃないかなと思っています。

あと、世間は意外に狭いものですが、どんな人間でもやっていけるスペースがないということはないようです。世の中には実にいろんな人がいるもので、世間とうまくやっていけない理由は、摂食障害やメンタルの問題意外にも、砂粒の数よりたくさんあるようです。
そういう人でも、どこでも全く受け入れられない人はいないし、仕事以外にそこそこ受け入れられる場所があるので、周囲がびっくりするくらい本人は自分に満足しているようなのです。
ですので、自分としては、本当に居場所がないくらいひどい失敗を積み重ねたとしても、まぁ場所換えをすれば案外どっかでまたやり直すことが出来るもんじゃないかなと思ったりして、日々、自己嫌悪に陥ったりしながらもそこそこやっていけてます。

狭い世間ですが、誰もが誰もに綿密に注意を向けているわけではないので、網の目をくぐるつもりでも、社会に出るのはいいことだと思います。
もしものすごく太ってしまったり、ものすごい恋愛の泥沼にはまってしまったり、ひどいトラブルを起こしてしまったら、そこそこリセットした上で、転勤でもすればよいと思っています。
たいていの世間の人は、周りとうまくやっていきたいと考えているので、新しい場所でもひどく辛い立場におかれるということはないと思います。


と、とりとめもありませんが、近況報告はこれくらいで。


もし、以前やりとりをしたことのある方がこの更新をごらんになったら、一言メッセージで十分ですので、足跡を残してくださったら、とてもうれしいです。


みなさん、ありがとう。

ひとこと

December 10 [Mon], 2007, 22:36
面白おかしく暮らすだけが人生だけじゃないと、ずーっと思ってた。

面白おかしく生きてると感じた事なんかなかった。


苦悩して深刻に生きるだけが生活じゃないと最近思う。

面白おかしく感じる・生きる努力を最近始めた。

まじめなはなし

December 10 [Mon], 2007, 15:10
厳密に言ったら、私はもう摂食障害じゃないのかもしれない。
って、最近時々思う。

いらいらしたり、疲労が重なりすぎて訳分からなくなったり、現実に対処するのがすごく難しいって感じたとき、今でも沢山食べて吐く。
一食分としては多いなぁって思う量を食べて、吐くこともある。
吐くこと前提に食べきって。
更に、菓子パンとか食べて。
だけど、そこから止まらなくなって、更に更にどんな手を使っても食べたいとか思うことはなくなった。
しなきゃいけないけど嫌で嫌で仕方のないことをしようとしている時、
たくさん食べて吐きたい。どうしてしたいのか、何をしたいのか、そんなこと考える前に食べて吐きたい。
そう思うこともある。
バートさんがいないときとか、食べて吐いてる。

ああ、こうやって書き出してみると、まだ摂食障害だな。

だけど、体重の増減で一喜一憂することとかはもうだいぶ前から無くなってるし、
そもそも、体重減ったかな〜と思うときしか量らない。最近食べて吐いてしてるから太った、と思うときは、絶対量らない。
筋肉が増えたり減ったりしやすいから、体重より体型を見ている。

どうなんだろうな、これ。

物事が比較的うまく行っているときは、食べて吐いたりしない。
辛い、理解が得られない、と思うときは、食べたい、吐きたい、痩せたいとほとんど反射的に思うけれど、
過食嘔吐したら太ることはよくわかっている。
明日の体調が悪くなることが目に見えていて、徹底的に吐いたりしたいと思わない。(元から出来ないし)


こうしてみると、まだまだ食べて吐いてすることで何かの帳尻を合わせようとしている自分もいるけれど、
他のプラス方向の気分転換をすることが徐々に出来ている自分もいる。

過食嘔吐で何かがうまくいくことは無い、ということはだいぶ前から理解しているようだ。

そして、泣いたり、マイナス思考な思考に取り付かれたり、何かを恨んだり、うらやんだりして、
何か一つでも自分の思いどおりに進むことなんて絶対ないということにも。

そして、摂食障害そのものによって引き起こされる精神的な混乱状態から、だんだん遠ざかっている。
食べて吐いてということに、罪悪感とか感じなくなったから。
せいぜい太るだけ、としか感じていないから。


さて、私はいまでも摂食障害でしょうか??


最近時々考えます。

しゅうまつー

December 04 [Tue], 2007, 14:03
金曜の夜はなにしてたっけ?
そう、バートさんと話をしてたんだった。

月曜から木曜までバートさんが飲み会続きで、いくら仕事でも長すぎ!って私はあきれ返ったりしてた。
でも酔って帰ってくるバートさんにお茶をいれておくことは忘れなくて、腹立てながらもこういう事しているうちは花だなぁなんて思ったりした。

金曜の夜は、気を使ったバートさんがご飯を作ってくれた。
東京のチャイナタウンで買ってきてくれたジャンとキムチ、かじかを使った、キムチ鍋。
私はひどくおなかすかして帰って来てたから余計、すんごい美味しかった。
そのあと些細なきっかけでモヤモヤ勃発、そのあと二人でいろいろ話し合って満足して寝た。

土曜も日曜も、お仕事がんばれた。
土曜の夕方は、お買い物たくさんした。
土曜の夜は、友達とおうじで鍋アゲインした。
日曜の夜は家族と過ごした。
患者にもらった風邪がひどく辛かったけど、満足な週末だった。

ぽつぽつ

November 30 [Fri], 2007, 17:57
いろいろあった。
うれしい別れと、つらい別れと、両方あった。突然の出会いと別れもあった。(おしごとのはなしです)
ここでは書けないけど。

げんきにやってます。
バートさんも元気。

最近ひとにすごくたくさんのものを貰う。

一番すごかったのが、患者さんの旦那さんが送ってくれた、自分のうち(職業農家)の自慢のお野菜。
近頃見たことのないような立派なお大根とか、長芋とか・・・
お店(飲食店)におろすような作物を作っているところだから、すごいんだろうな。
今年は特に自慢の出来だったらしい。15キロのダンボールに2つ、ぎっしり届いた。
バートさんが宅配便の代理店に受け取りに行ってくれて、びっくりしてた。

自分の仕事に誇りをもて、とバートさんは言う。

つづき(○´艸`)

November 25 [Sun], 2007, 14:09
翌日は二人とも寝坊。

でも、冬物を見に行ったりしよう、ってことでお出かけ。
何も食べずに出たので、モスで朝ごはんした。
モスバーガーサラダセット、フィッシュバーガー、コーンスープ、ポテトを二人でいただいた。
ほどよく満腹。

で、出掛けて何をしかって言うと、特に何もしなかった。
服も、特に見たい店なかったし。
ぶらぶらして、夜の鍋の材料(トリモツ、にらetc)とか、トイレットペーパーとか洗剤買って、バートさんの珍味と鍋用昆布仕入れただけ。
でも、ゆったり出来て嬉しかった。
帰りの車の中で、ローストビーフのバゲットサンドを二人でわけて食べた。
それから家具やさん寄ってコタツみて、(コタツ欲しい・・・)くしゃみ止めの薬で眠すぎたので帰った。

鍋の下準備して、2時間ほど昼寝した。(また寝る・・・)
バートさんが添い寝してくれた。

今でも思い出すとなんとも言えずあったかくなる。年とっても覚えていようと思った。

とりもつ鍋して、「モダンタイムス」(バート母記録によると、バートさんが初めて観た映画らしい)みて、適当にお酒飲んで寝た。
ほんと、ものすごくよく寝た2連休だった。


今日からまたがんばる。

お休み(○´艸`)

November 25 [Sun], 2007, 14:08
2ヶ月ぶりにおやすみをとった。2日も!!

2週間ほど前から
「この日休ませてください」
って言っていたんだけど、直前になって、
「やっぱ働こうかな・・・祝日で検査なにもないとはいえ・・・」
と思った。
だけど思い直して休んだ。英断だ。

だって。
月曜から日曜までべったり働いて、それからまた月曜が始まって・・・・
午前中はそれはそれは苦しいけど、午後になったらランナーズハイみたいになって苦しさは吹っ飛ぶ。
そんな日々を続けてたら、生理は一ヶ月に3週間続くわ、ぼこぼこ蕁麻疹は出るわ。

いつもの悪い癖で、体に悪いところが出たら心配するけど、
「ストレスですね、疲労ですね」
って言われたら、

「ああ、体が悪いわけじゃないんだ。ストレスなんだから。疲労なんだから。」←?!

と思って、ほっとしてまた復帰してしまう。

でも、ちょっと立ち止まったら、そういうのおかしい、とは思う、一応。
年末年始も働くし、誰が自分よりがんばってるからとか、もういいかな。
忙しくない時選ぶとか言ってたら、永遠に休めないし。

んで、休んだ。
前日お酒を飲んだので,
朝の10時くらいまでゴロゴロ。
この幸福感、この安らぎ!
そんなことを思いながら、ひたすら布団の中でごろごろ。

それから、出張だったバートさんが疲れ果てて帰ってくるので、地魚で鍋をしてあげようと買い物に。
お魚屋さんで魚を鍋用におろしてもらった。
帰ってきたら、ぽかぽか日のあたるお布団の中で、バートさんがぬくぬくしながら待っていた。

今週はお互いがんばったねー。ドラマみたいなすれ違い生活だったねー。
いやぁ。しあわせだねー。のんびりだねぇー。

そんなことを言いながらゴロゴロ。
昼の2時くらいから二人で鍋をした。
最近うちで食事するっていうといつも鍋だ。
食後、またゴロゴロ。
そのうち日が暮れたので、鍋の材料買い足しに行って、また鍋。(今度は豚団子(○´艸`) )

バラの香りのお風呂に入って、ロイヤルミルクティー飲みながら映画を見た。
「カサブランカ」と「痴人の愛」。ベティ・デイヴィス、素敵だった。
今度は「八月の鯨」観たい。

寝た。

そのあと

November 18 [Sun], 2007, 15:32
12:30くらいまでお仕事して、帰宅した。
帰る直前、自分の考えをメールにして送ったけど、返事は期待してなかった。

バートさん、今夜帰ってこないかもな。
でもそれならその方がいいや、どうせ今夜仲直りしても、明日の朝にはまた言い合いして、哀しい気持ちでお仕事行かなきゃいけない。
それなら帰ってこないほうがいいよ。

とか思ってた。
だから、いつもつけてる玄関の電気も消しておいた。

深夜2時、シャワー入ってお茶飲んで、布団の中でパソコンして、そろそろ眠ろうと布団の中で足をのばしていた。
ああ、足がつめたい。

あったかくなる、ほらなってくる、じわじわあったかくなってくる

なんて心の中で唱えながら目をつぶってたら、
ことことと音がして、玄関のドアが開く気配がした。
一瞬だけ玄関の電気がついて、すぐ消えて、足音を忍ばせてそっとリビングのドアが開く音がした。

枕もとの電気をぱっとつけたら、わっ という顔をしてバートさんがいた。

「あら、意外」

とか布団の中から言ってたら、膝を折ってそっと近づいてきて、

「いいすぎたね、ごめんね」

と笑っている。

布団のはしっこをもちあげて、招きいれた。
自転車をこいできたバートさんの足もつめたかった。
そのうち寝た。

けんか

November 16 [Fri], 2007, 23:15
なんだか珍しく、バートさんと華々しい喧嘩をした。
お店の中だったから抑え目だったけど、私が全く譲らない、言葉で不快感を表明する、バートさんも自分が全く正しいと思って全然引かない、という感じだった。

さてさて、ことの発端はなんだったか。

バートさんが新しい事業の話で忙しくて、珍しく家にも仕事持ち帰るし、プレゼン資料作りで私に助言求めては微妙にぶつかりあい、みたいなのがここ数日あった。
私は私で、先週の土日から睡眠時間4時間でフル稼働状態だったので、ぶつかりあっても他の部分でカバーしたりとか正直できないなぁ、と思っていた。

今日、
そろそろ仕事終われそうかな〜・・・おなかすいたし、バートさんの方はどうだろう、これから食材買って作るか外食か、
と思っていた。
で、電話して聞いてみたら、夜の10時からまた打合せなので、合流してさらっとご飯食べて仕事に戻る、と言う。
私としてはまだやり残したことあったけど、お互い余裕のないときは一緒にご飯食べる機会は逃したくない、と思った。

で、待ち合わせのお店に向かった。
行く途中、ぽこぽこと「今日中にやっておかないと、明日以降リカバー大変かも」という事柄が頭に浮かんだ。
なので、

いいや、ご飯食べたら戻ろう。

と思った。

バートさんは遅れてお店にやってきて、私があとで仕事に戻る、と言ったら、非常に強い反応をした。

俺が仕事だから自分も仕事する、みたいなのはよくない。
それを証拠に、自分と一緒にいるときに、仕事場に戻ったり呼び出されて戻ったりしたことはない。
相手がこうするから自分もこうしてやる、
そういう思考パターンでいるならば、それは自分にとって大きな負担だ。

ということだそうだ。
今日に関して言うならば、まったくそういう事ではない、と説明しても全く納得しない。
ならどうして欲しいのか?どういう状態が望ましい状態だと思っているのか?
と聞いても、答えは返ってこない。
話しているうちに、だんだん情けなくなってきた。

なんでこの人はいきなり責め立てるようなことばっか言ってるんだ?
自分でもよくわからない不快感を、ただ表明しているようにしか見えない。
もし、相手の動きにあわせているんだとしても、それがそんな悪いのか?
「重い」とか「負担」だとか、世間では手軽な言葉をよく使うけど、都合のいい、不愉快で厭な言葉だ。
何もかも、相手の気の持ちようが悪い、姿勢がおかしい、どうにかしろ、で全てを済ませるような言葉だ。

とか思っているうちに、むかむか腹が立ってきた。

まず、
「バートさんが〜するから、自分は仕事する」とかいうのをやめてくれ、とか言うくらいなら、

「バートさんが〜だから、これぐらいで仕事きりあげたい」という思考は避けるべし、とか言ってみろ、と思った。
そのほうが私の実情によっぽど合っている。

そもそも、これだけすれ違いの多い生活をしていて、休みも休まずにいるのに、
相手と食事したいから仕事の都合をつける、それが終わったら仕事に戻る
これについて責められる筋合いなんてないと思う。
相手がこうするからこうしてやる!!と思ってるなら兎も角、そんな悠長な選択枝なんてもともと無いんだから。


とにかく納得いかなかったのでだんだん議論が白熱してきたんだけど、(内心ではあぁ疲れた・・・と思いながら)
私が本格的に口を開いたところで、バートさんが先に

あー、もういい。つかれた。

なんて言いおった。
なんだ?!と思いながら見てたら、

〜時までに仕事戻らなきゃいけないんでしょ、いけば!

なんて言いおる。

ぷっつん。

こっちだって、ただの駄々コネでどうこう出来るような気楽な商売してる訳じゃないんだよ。

そう思って、あっさり立ち上がって上着に腕通した。
まだ注文した品物も半分も来ていなかったので、バートさんも多少はおどろいたことだろう。
だけど、どういう心境でも「いけば?」なんて言ってる相手に取り成して、一緒に食事続けるほど私器用じゃないよ。

「自分が言い出したくせに、そういうこと言うんだ。
ただの八つ当たりだよ。」

そう言って店出た。
さっき仕事中にちらっと携帯見たら、店出た直後くらいに着信入ってた。

何を言おうとしたのかな?

こっちだってこうだー! みたいなことかな?
せっかく注文したのに食べていけ! みたいなことかな?
言い過ぎたから、戻ってきて、 かな?

どれでもいいや。
どっちにしてもサックリ仕事戻りたかったし。
土日が少しでも楽になるように、仕事しよ。

おもひでのあるばむ

November 12 [Mon], 2007, 0:35
電子辞書とノートパソコン二本立てで英文の解読しながら、ドキュメントファイルいじってたら、だいぶ前に私が遊びで書いた小説??みたいなのが出てきた。
それを書いたのは、バートさんといっしょに居るようになって、だんだん元気になってきて、お互い助け合ったら二人ともイキイキ日々美しくまた前向いてがんばれるようになるかなって、思い始めた頃だった。

読んだら、なんか、泣きたくなった。

この頃の私が、どんな風にバートさんのこと思ってたか伝わってきて。

この頃私は、バートさんはすごく強靭で、社会的なお仕事もどんどん進める力があって、いろんなことにバンバン柔軟に対応できる、困ったのって言ったらなんでもすぐに解決してくれる、野生的な王子様みたいに思ってた。
そして、バートさんの優しさやあったかさにとっぷりと漬かって、ぬくぬく安心して、たくさん一緒にごはんを食べて、でも時々、アレも足りないこれも出来ないって泣いたり焦ったり不安になったり、でもそうしてだんだん元気になっていっていたんだ。
二人で解決していこうとする課題はいつも山積みで、でも毎日わくわくして、飼い主と愛犬みたいに、いつだってバートさんにぴったりくっついて信頼しきってた。
バートさんが抱えてる根本的な孤独とか、自覚してるいびつな自分とか、私の病んじゃった体とかいろいろ、二人でぴったりくっついていれば、いずれ体温で溶けていくだろうって思ってた。

そしてそうなった。

そしたら、いつの間にか、今度は「二人の課題」が、「バートさんの問題」「めるろの問題」になってきちゃったんだな。
私はいろんなこと忘れ去るぐらい仕事したくって、でもそしたらプライベートもおかしくなっちゃって、あっと気付いたら、バートさんのこと信頼のみのまなざしで見ることがほとんどなくなってたよ。
バートさんも、明らかにおかしいだろうっていう私の仕事スタイルに口も出せなくなって、お互いフラストレーション溜め込んで。

いつか時期がくればどんな関係も変質してゆく、でもそれは単純に冷めたからとかじゃなくて、時が経って熟成して成長していくことだと思う。

そうバートさんは何度も私に言ったけど、私は、大好きな人・頼もしい人・優しい人・肯定してくれる人にぬくぬく守られてあったかい場所にとっぷり漬かって、っていう状態を愛して愛して溺れていたから、そんなのやだなぁ、って思って、どんな風になっていきたいとか、まともに考えてみた事もなかった気がする。

ナノちゃんのコメントみて、そんなことも考えた。

お仕事ひと段落ついたら、ちゃんと考えてみたいよ。

今週・来週と、バートさんは東京出張だ。

めるろが克服させてくれた、ざわざわ(パニック)。
東京また行く自信ついたよ。

そうバートさんは言っていた。

とにかく、東京出発前は、やさしくやさしく、何も不安はないから行っておいで、だめだったら誰にも命とられる訳じゃない、ぜんぶほっぽってすぐ帰っておいでって言えるようにするんだよ。
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像まぁ
» 大変お久しぶりです。 (2010年07月30日)
アイコン画像めるろ
» 大変お久しぶりです。 (2010年06月03日)
アイコン画像六兵衛
» 大変お久しぶりです。 (2010年06月02日)
アイコン画像人間失格
» 大変お久しぶりです。 (2010年06月02日)
アイコン画像めるろ
» 大変お久しぶりです。 (2010年05月06日)
アイコン画像ハルカ
» 大変お久しぶりです。 (2010年04月16日)
アイコン画像びおら
» 大変お久しぶりです。 (2010年02月09日)
アイコン画像RUIA
» ひとこと (2008年01月23日)
アイコン画像人間失格
» 独り言… (2007年06月23日)
アイコン画像黒子
» 合格発表と炊飯器 (2007年04月03日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:Melro
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
Yapme!一覧
読者になる