あなたは飲酒するとどうなりますか?

May 17 [Sat], 2014, 20:20
あなたは飲酒するとどうなりますか?

アルコール飲料との上手なつきあい方が一生に一度の検査でわかります。
「どんな体質なのか?」あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみては
いかがでしょうか?

あなたは飲酒すると、どうなりますか?
・ほろ酔い気分になり、気分は最高!
・頭が痛くなり、二日酔いになる!
・翌日にも酒臭さが残る!
・吐くので飲めない!

このような方は、一度、アルコール感受性を調べてみませんか?

>どうして酔っ払うんですか?
1.胃で20%吸収>2.小腸で80%吸収>3.アルコールは血管で体内に
運ばれ、脳へと>4.大脳から奥へ酔いが進みます。

身体はアルコールを薬とみて分解しはじめます。
アルコールは肝臓の酵素が分解します。
アルコール→アセトアルデヒド→二酸化炭素・酢酸へ

・この楮の働きの強弱でお酒の強さが決まるのです。
・血中にアルコールが多いと気持ちが良くなります。
・アセトアルデヒドが増えると気持ちが悪くなります。(NIKKEIWOMAN ヘルスより)

>2つの酵素でお酒に対する反応を調べる
・ADH1B(1B型アルコール脱水素酵素)・・アルコールをアセトアルデヒドに変える
 酵素。体質(タイプ)によって「お酒が飲める体質か、飲めない体質かどうか」を
 判定します。

・ALDH2(2型アルデヒド脱水酵素)・・アセトアルデヒドを酢酸に変える酵素です。
 体質(タイプ)によって「お酒が強いか、弱いか、飲めないか、そして飲酒により、
 健康への影響が高いか」を判定します。

>アルコール感受性遺伝子検査はこんな方に
・自分にあったお酒の量を知って、健康で楽しいお酒を飲みたい方
・仕事の付き合いで他人より比較的多くのお酒を飲む必要がある方
・お酒を飲む機会が生じる、新社会人や大学生の方

アルコール感受性遺伝子分析キットは、口腔粘膜専用と爪専用の2種類があります。
このアルコール感受性遺伝子分析キットについてさらに詳しくお知りになりたい方は
こちらから>>