身体の芯から血行を促して「冷え」を改善しませんか

February 11 [Tue], 2014, 22:36
身体の芯から血行を促して「冷え」を改善しませんか

女性に特有の諸症状を改善する生薬配合の婦人薬
「和漢のきもち」のご紹介です。

東洋医学では、すこやかな心身は「気」「血」「水」
の3つの要素の循環により保たれると考えられています。

3つのうちどれかひとつでも滞るとバランスが崩れ、心身に
さまざまな支障をきたします。

血の流れが滞り、巡りの悪い状態を「お血(おけつ)」と
呼び、その原因は、体の冷えやストレス、衣服による体の
締め付け、偏った食生活、不規則な生活習慣など。

これらの要因により血がスムーズに流れず、古く悪い血が
体に溜まっている状態です。

女性は男性に比べて筋力が少なく、月経で毎月一定の血を
失うため、男性に比べてお血になりやすいといわれています。

血は全身に栄養を届ける役目をしているため、その流れが
滞ったり質が悪くなると、体や肌は栄養不足に陥ります。

血は女性の月経・妊娠・出産、女性ホルモンバランスにも
深く関係しているため、月経のトラブルや更年期障害など、
女性特有の症状も現れやすくなります。


そんな女性特有の症状、思春期では、月経不順・冷え性等、
成熟期では、頭痛・冷え性等、更年期では、更年期障害・
のぼせ等にお悩みの方に

思春期から更年期まで親子3代の婦人薬「和漢の気持ち」
をご紹介いたします。詳しくはこちらから>