2005年10月03日(月) 19時48分
見えない何かから逃げて
もがいても結局捕らわれてしまう

自分が見てるものがとても狭くて小さいてちっぽけだとしても
それが全てなんだ

他人(ヒト)と繋がるのが恐くて逃げてもいつの間にかそのちょっとの束縛に気持ちよくなる

なんか今出発点に立っているみたい
全てのものに最初から諦めを持ってるこの自分から脱出したくて夜中月をみていた

キミを照らす月も同じなんだと当たり前な事を思い安心する
結局全ては1つなんだ
全てのことは分数で出来ていて
自分の目でみてるものはたくさんあるけど、結局それは上から見てしまえば1にすぎない

そう思うと私は私でいられる

月夜 

2005年09月12日(月) 1時06分
あなたの面影しか見えない
もう一度あなたに会いたい
あの時の場所は今でもあのときのままだよ

今私はあなたに会って何ができるのかな
笑うこともできずただただ泣いてしまうかもしれない

後悔することはたくさんあるけど
もしまた会えるなら
笑っていてほしいな
あなたの目が細くなる笑顔はとても不思議で
こっちまで笑顔になるんだ

ちょっと年上なのにワガママなところも
手が大きなところも
自然に頭をなでてくれるとこも
とても愛しいよ
秋風が吹き始めたよ
またあの時にもどる自分がいるよ
けどあなただけがいないんだ

アルバム 

2005年07月26日(火) 0時25分
アルバムの中のあなたは色あせてなくて
あのころと同じ笑顔していた
まるで私だけが歳をとってしまったみたいに

あのコロはいることが当たり前になっていて
この気持ちが恋なんて気が付かずにいた
いや気が付いていたのかもしれない
傷つくのがこわくて
あなたのこと失うことが怖くて…

もっと大人だったならば
今もその笑顔が近くにあったのかもね
今はただただ切なくて悔やむ毎日なんだ
この空の下、あなたに繋がるものはただこのまんべんなく広がる青
またどこかであなたに会えたなら私は何を思うだろう

会いたい…それだけが私の今の願い
もしかしてそれは現実からの逃避かもしれない
けど、けど今はあなたのことを大切に
私の中のあなたはいつも笑っていたから
私もいつも笑顔でいられるように

またいつか会える気がする
そんなこと思ったりしています
あなたは今なにをしていますか

ヒトリゴト 

2005年06月13日(月) 11時21分
私はつい、色んなことを考えるたび 
不安になり、ひとりで自暴自棄におちいるんだ
どうしてもヒトが羨ましくなって
どうして自分はそうじゃないんだろうと
悩み苦悩する

幼い子を見て
あの頃はよかったなんて思ってみたり・・・
今になって幸せだったと気づく

今自分を取り巻く環境で起きていることが
とても面倒くさくすぐにでも投げ出したくなる
やめたタバコに頼る日々のなかで
私は、変わっていけるのかな
もっと前へもっと強く・・・

今さら前には戻れない
もう先にしか進めないんだ
いくら立ち止まっても
進んでいる現実

もっと強くなれば前に進むことができるのかな
もっと前に進めれば
幸せになれるのかな



あなた 

2005年05月29日(日) 20時05分
電車に乗って外を眺めると
私と同じような人が何人いるんだろうなんて思う
電車が行き交う音に我に返って少し苦笑した

私は何をしているんだろう

好きな人と抱き合って笑ってるときも
もうヒトリの私が言う

あなたが求めていたのはこれなの?

いつの日からこんなに私は皮肉しか言えなくなってしまったのだろう
自分にしか優しくなれなくなって
ヒトの涙で我にかえる
強くなったんじゃない
偽モノの鎧を着けているだけ
すぐに剥がれてしまうんだ

なのにあなたは笑ってくれている
それが一番私の大切モノだよ
どんなブランドより私はその笑顔で
癒されるんだ  
だから ずっと ずっと その笑顔を見ていられるように
少しでも優しくなれるように
イマを精一杯生きようと思う

ヒトリ 

2005年05月26日(木) 0時40分
さっきまでみんなでバカ騒ぎしていたのはなんだったのだろう
私は一番この時間が嫌いだ
一番孤独を感じてしまうから
こんな気持ちのやり場に困ってとりあえずみんなに
連絡取ってみるけど
もうユメから醒めたみたいに
さっきみたく暖かくないのはなぜだろう

きっとあのお伽話のお姫様も同じだったのかな
だったら私はずっとユメの中にいたい
あったかくて、みんながいて、懐かしい気持ちにもなれる
私が求めていた幸せそのもの

けどとても果かない
すぐに壊れてしまう
けどそれってすごく美しくない?

限られた時間のなかで
みんなと共有できたことが
とても最近は嬉しいんだ

それが長く続かなくても
私は短い時間だけでもユメの中にいられる
その場だけでも楽しませてくれるなら
ちょっとウソでも許せるよ
ただキミが軽はずみになでてくれた髪
私はそれだけで

ただキミと同じ時間を共有できたことが
私には嬉しいんだ

ユメ 

2005年05月24日(火) 23時24分
夢は夢だから幸せなのかも
って誰かが昔言っていたっけ
僕は今になってその言葉を思い出すんだ

幼いころの夢って何だっけ
よく将来の夢とかで絵にかいたっけな
今僕は幼いころの自分に背中を向けてしまうだろう

でも許してくれる?

キミの未来は楽しいことばかりではないけれど
もしかしたら辛いことばかりかもしれないけど
ちょっとの後悔はあるけど
無駄だとは一度も思ったことはないよ
ひとつひとつが僕の大切な思い出だし
人よりつまらない道かもしれないけど
僕にとってはそれが全てだったんだ

だからキミは心配なんていらないよ
もうそんな無理して笑わなくていいんだ

夢もたくさん見たほうがいい
そのほうがこの先楽しい道のりになるし
うまく歩こうなんて思わなくていいんだよ
どうゴールできたかじゃない
どう歩いてきたか

なんて僕が言えた義理じゃないけど
僕はこれから先も夢を見続けるだろう
そしてその夢がひとつでも叶うときがきたら
キミと向き合える気がする

たとえそれが穢れて見えてしまっても






 

レシピ 

2005年05月22日(日) 22時05分
色んなこと考えているときは空を見るようにしているだ
色んなことがちっぽけに見えて 全てが手にはいるような気がするから
自分が分からなくなったら本を読むようにしているんだ
自分が色んな者になれるから
あなたを想うとときは花を眺めるようにしているんだ
あなたは花が好きだったから

今まで全てにおいて逃げてきた自分に吐き気がおこる
目を瞑ることで現実からにげて
=自分には関係ない=
それが口癖だったように繰り返してきた
それでいいと思ってきたんだ
傷つくのが恐くて
一歩踏み出すのが恐くて
そうやって自分を守ることしか知らなかった
そう思う自分にさよならしたんだ
時々は一歩戻ってしまうけどその分二歩進むように

こんな風に過ごす日々の中で自分はどれだけのモノに出会えるのだろうか
そして傷つけてしまうのかな
ほんの小さな出会いにも喜びを感じたいんだ
自分がそこにいた証として

2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orange30per
読者になる
Yapme!一覧
読者になる