久しぶりすぎる・・・ 

2005年07月20日(水) 0時07分
最近、パソコンぜんっぜん開かなくなってしまいました・・・。
で、久々に開いたらとても調子悪い。壊れる1歩手前みたいです


そして、バンプの新曲『プラネタリウム』買ってしまいました!!


イントロがすごく綺麗で、期待感いっぱいになりました。

いつも、最初は歌詞見ないで聴きます。藤原サンの声で届けてもらいたいからです。
なんていうか、ユグドラシルからの延長で、でもメタファーはなくて、手の届くところにある物語という感じですね。
一時期、バンプが変わってしまったんじゃないかと心配した頃がありましたけど、そんなことは全くなかったみたい。

...風がそよそよしてて、もしその時に聞こえてくる唄があるのだとしたら、こういう唄なんだろうなぁって思えるような、そんな曲が好きです。

で、このシングルはまさにそれです。とても好きですっ。

カップリングの銀河鉄道もね、そんな曲。こっちはもっと物語性が強い感じだけど。
歌詞もより繊細な感じがするかな。
とっても優しい唄です。

あー、プラネタリウム作ってみたいっっ(>□<,,)

雨上がり。 

2005年06月13日(月) 1時01分

学校の帰りに見えた虹。
すごく久しぶりに見たな...やっぱりキレイ
うーん、ちと古いケータイなので、画像がよろしくないですが・・・。
何となく、この電線と虹のアンバランス加減が好きだな。
アジカンの『君の街まで』が似合う気がする。



休講... 

2005年06月09日(木) 23時12分
今日は1限に授業が入っていたので、朝7時前に家を出て学校に向かった...
のに、教室の前には休講の文字。
理由は教授の体調不良。
ケータイで朝確認した時には休講とは書いてなかったのに
助手サンの話によると、開講30分前に休講が決定したそうです。

あのさぁ、2時間前に家を出る人なんていっぱいいるデショ?
ほんっと信じられないあのハゲチャピン先生!!

...などと暴言を吐きながら、近くの友人宅へ向かいました。
だって、今日は1限と4限しか授業が入ってなかったんだもん。
くっそう、私の貴重な時間を返せ――――!!

で、ずっとマンガ読んでました(笑)
ライフを読んでたんですけど、ほんっと暗いマンガ。
世の中こんなんだったら絶望的ですな。
笑って生きていきたい、ウルフルズラブな私にはツラすぎました。

新歓 

2005年05月20日(金) 23時46分
最近とても忙しいのですが、その理由はサークル。
バドミントンと柔道のかけもち。
バドは自分で打つけど、柔道はマネさんです。
テーピングとか習ったりしてるので、バドにも応用できるなァとか考えていたり。
なかなかに大変です。・・・が、とっても楽しい!!

『部じゃないから、参加は比較的自由だよ』って先輩は言ってくれますが、
入るからには、やっぱり頑張りたいではないですか
なので講義のない日も1時間半かけて、大学の最寄駅まで向かいます☆

で、今日はバドの新歓でした。入った人だけでやるので時期が遅めなのです。
いつも居ないのに飲みだけきてる先輩とかいましたが・・・いやぁ、楽しかった。
飲み会には、みんな仲良くなれる不可思議な力がありますな!!
普段の練習だと怖くて話し掛けられなかった人も、『あぁ怖くないんだな』って思いました(笑)

大学では、やっぱりサークルは入るべきです。
先輩から過去問まわしてもらったりできるし、友達の輪がぐんっと広がる!!
そのためには、やっぱり新歓にいくコト。コレ重要でしょう。
私も柔道は入る気なかったんだけど、雰囲気がすごく楽しいのが新歓でわかったから入ったんですよぅ。
雰囲気にホレました(笑)
こういうサークルとの一目ボレ的な出会いをしたい人も、タダで飲みたい人も!
みんな新歓行っとこうぜぃ
あ、飲めない人もジュースあるから平気ですよ。
ただし、妙なサークルもあるので注意は必要ですな


久しぶり・・・ 

2005年05月06日(金) 1時42分
久しぶりにも程がありますね、そうですね。
4月は1回も書いてないんだ・・・。
うーん、いくつか観たんだけど書く気力がなかったので・・・。
とりあえず、タイムラインのジェラルド・バトラーが最高ですね。えぇ。
・・・素敵すぎましたァ!!
そのうち、気が向いたら感想書くと思われます。



私信ですが、えと、ご迷惑おかけしました。
完全復活でござりますわよ

パッション 

2005年03月30日(水) 2時00分
☆☆☆☆


監督:メル・ギブソン<ブレイブ・ハート>

出演:ジム・カヴィーゼル<オーロラの彼方へ>
    マヤ・モルゲンステルン<ユリシーズの瞳>


最後の晩餐、ユダの裏切り、ゴルゴダの丘での磔、そしてキリストの復活。
このパッションは、日本人でも知っている人が多いと思われる上記の話を描いたものです。
いやー、なんていうかもう...

見るに耐えなかった。

...いや、なんとか最後まで見たけども。
あたしには、ただただイエスが痛めつけられて血まみれになっていく映画にしか見えませんでした、残念ながら。(イエスの偉大さも伝わってきたけど、キリスト教徒の解釈だから、信用ならんのだ!)
ただ、そういう痛々しい映像のリアルさを評価するなら、★は2つでもいいかな。

映画はエンターテイメントでもあり、思想の表現の手段でもあるのだと思い知らされた感じ。
というのは、聞くところによるとキリスト教信者には、イエスを象徴とする人と実在したと考える人がいるらしいので、メル・ギブソンは後者であり、それを強調するのがこのパッションの最大のテーマだったのかと短絡的に考えたからです。
他に深いテーマがあったのだとしても、あたしには読み取れなかったです...。

キリスト教に興味のある方、同時にエグいの大丈夫な方はぜひご覧あれ。
聖書はもちろん、現存している聖遺物にも忠実で、かなり精確に作られている映画だそうですよ。

豆腐懐石料理 

2005年03月29日(火) 2時26分
なるものを、食べました。
お店は個室になっていて、雪見窓から庭園が見えたりしてキレイなとこでした。
(あたしにはあまり縁のないところだ...)
料理もそうですが、この雰囲気も人気の秘訣なんでしょうな。

懐石はやっぱり豆腐と湯葉を使ったものが大半だったけど、この2つが大好きなわたくしとしては幸せなコトで。
素材もうちで使ってるようなのとは比べ物にならないんだろうけど、なにより調理法が斬新でした。
豆腐専門みたいなお店だから、いろいろ工夫しなくちゃ生き残れないんだろうな、などと邪なコトを考えてしまった。
で、本日イチバンおいしかったのは...

梅こぶ茶!!

...ホント、すいません。お店の方々。
いや、お豆腐料理は美味しかったんですけど。
でもね、茶碗蒸とかうちで作るヤツの方が
最初に出てきたこのお茶がね、気に入っちゃったんです。
で、おみやげに買ってもらいました(笑)

なんだか、年寄りじみてきてる気がしないでもない。

お気に入りブログ 

2005年03月19日(土) 11時54分
おもしろいブログを探して徘徊してました。
で、特に気になっているのが、

まりりんサンの『私、ピチピチよ。』

というブログ。
人気ブログだけあって、とってもおもしろい。
主に恋愛の話なんだけど、彼女のスキという気持ちの強さが伝わってくる。
泣いたり笑ったりしながら、読ませてもらってます。
このブログの魅力は、なんといっても彼女の気持ちの変化がよく書かれてるコトでしょう!
好きという気持ち、不安、嬉しさ、怯え、寂しさ、ドキドキ感…
そんな書き切れない感情がいっぱいです。

こういう女のコは、キラキラしててとってもスキだ!!
(妙なイミではありません)


なんというか...若いねぇ。うむ。
読んでいると、某友人を彷彿とさせます。
明るくて、笑ってて、ウケばっか狙ってて。ほんとあほなコで。
でも、正義感強くて、すぐ怒ったり、泣いたり、不安そうな顔をして。
そんな、常に感情を表に出す彼女も、やっぱりキラキラでした。
2度と立ち直れないんじゃないかってくらい落ち込んで、よくうちに泊り込んだりしてたけど、明るいときは向かうところ敵なし!!って感じで。
ずっと一緒にいられて、すごくうれしかったですよ。
なんだかピンポンのスマイルになった気分だったよ。(わかりにくっ)
...4月から環境が変わるけど、こんな素敵な友達ができるといいなァ。

えと、そんなわけで、とにかくまりりんブログを覗いてみよう!!

このブログは 

2005年03月19日(土) 0時33分
私信で申し訳ないですが...

えぇと、このブログはメモみたいなモノなので特に気にして書いてはいないんですが、そうですね、どちらかと言うともう既にその映画を観た人向けかな。
ネタバレしてるのもあるし、観てからじゃないと何のことを言ってるのかさっぱりわからないと思われます。
いや、わかりやすく書けばいいんだけどね。
でもほら、

自分の気持ちを言葉ですくいあげてみよう

っていうのがコンセプトだから。(一応ね)
自分がどう思ったのかを書きたいの。
...そのわりにあらすじをつらつら書いてるんだけど、それは私がどんな話だったかを忘れちゃうからなのサ!

エネミー・ライン 

2005年03月18日(金) 0時50分
★★★★


監督:ジョン・ムーア

出演:オーウェン・ウィルソン<シャンハイ・ヌーン>
    ジーン・ハックマン<クリムゾン・タイド>


おもしろかった!!期待してなかったから驚き!(失礼)

米軍の2人が上空から写真を撮影するために決められたコースをヘリで飛ぶのですが、レーダーに軍事基地のようなものを発見!
興味本位にその上空を飛び、基地を撮影してしまいます。
そこにはソマリア軍の大量虐殺の事実が写っていたのです!!
そのため、ヘリが狙撃され墜落、パイロットは殺され、写真をとった航空士の主人公も敵軍に追われるコトとなり、エネミー・ラインからなんとか脱出しようと必死で逃げます。
逃げてくるシーンには緊迫感があったし、最後もヒヤッとさせられたりと、なかなか楽しめました。

ジーン・ハックマン演じる上官が、ロシアとの停戦のために助けに行けないという苦しい立場に立たされたりして、逃げてくる主人公よりもそっちの方が気になってしまったりしたけど...。
最後に、彼は敵地との境界線まで逃げてきた部下を助けたためクビになってしまうのですが、去っていく後姿が素晴らしくさわやかです!!
男は背中で語るのだ(違)

そんなジーン・ハックマンの活躍もあり、★4つ!!
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
●書いてる人について●
●名前●merry
●スキ●映画・お菓子とか
●ニガテ●ホラー・辛いモノ
http://yaplog.jp/orange-soda/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:orange-soda
読者になる
Yapme!一覧
読者になる