ゆみんちゅ / 2006年12月14日(木)











ゆみんちゅ。





 あたしは嬉しいー(。・ω・。)






だってねーw















 ゆみ大好きだもんw

















 
   
Posted at 20:04/ この記事のURL
おてまみ(0)
嫌 / 2006年11月21日(火)





   もぅ 嫌ぁ






  本当ごめんなさい。










 やめにしたい。







 自分がこんな性格とか 分かんなかったし。






  嫌。 涙出てくるぁ。(´・ω・`)











  こんな嫌ぁ












  ここももうちょっとしたら




  りにゅしよう。うむ。 そうしよう。











  ごめんね?












 
   
Posted at 23:59/ この記事のURL
おてまみ(0)
(´・ω・`;) / 2006年11月16日(木)















 世界が壊れる時





  僕は何をしているんだろう









 ちゃんと此処に生きて


  君は隣にいるんだろうか



























































  世界が壊れた今



  
 

  僕は何をすればいいんだろう





















  君はすでに死んでしまった




  僕の代わりに死んでしまった























  

  君の代わりのこの命


  

 僕は死ぬに死ねないじゃないか




















  心音が聞こえる
















  君が愛しい



















 
   
Posted at 20:05/ この記事のURL
おてまみ(0)
黒い / 2006年11月06日(月)












  


  自分の耳に穴を開けます






 






  ピアスがしたいトカ



  お洒落がしたいトカ



  そんな理由は微塵もなく















 ただ 少し 嫌な事があって









  ソレを消してくれるかな?トカ











  そーゆー単純な理由だった






















  私はすでに廃棄物















  君に傷を付けちゃいけないと思って








  もぅ君を頼ってはいけないんだと思って











  君に迷惑をかけたくなくて




















  

 それでも君はいいました






  親が死んでも泣かないような人が
















 泣きながら私に言いました





















 「「頼むから  頼むから


    どうか自分だけは


     傷付けないで」」









  泣きながら言う君の顔は



  今までに見たことがないくらい綺麗でした




















  「「 僕の耳だったら


    好きにしてもいいから」」










  「「お願いだから


      君の血だけは


    見たくない」」






















  ごめんね  ごめんね






  君にはあたしが必要で



  あたしにも君が相当必要だったみたい





















  本当は凄く不思議だった









  一人の人間の為に


  なんで泣けるのか?
























  あたしが君の耳に穴を開けると






  君は力いっぱい抱きしめてくれた





















 自分の耳に穴を開けると




  




  君は泣きながら 嫌だと言った


















 そしてあたしがそうするように



  赤く黒いあたしの血を













 君は拭ってくれた
















コレはもう二回目




















  私が穴を開ける最大の理由は














  君の綺麗な顔が見たい為










  愛されていると確信したい為







































  10月16日の 「「赤い」」 と関連して



  読んでみて。
















 コレは女目線





 
   
Posted at 22:16/ この記事のURL
おてまみ(0)
互角 / 2006年11月04日(土)








  


   時の流れは刹那に移り



    僕の心も流れていく









   昔君が言っていた



   「「こうやって貴方といることは 運命なのかな?」」
















  うん。運命だよ?






























 そう信じたかった。














 
   
Posted at 22:15/ この記事のURL
おてまみ(0)
ダーリン / 2006年11月01日(水)











 

  ダーリン  ダーリン





   今、泣きそうです。



   今、会いたいです。


  
   今、傍にいてほしいです。

















  めまいがする。 吐き気がする。















  



  私の ""毒"" の


    
    特効薬は、



    貴方のです。



    貴方の言葉です。



    貴方の体温です。



    貴方の脈拍です。



    貴方の視線です。














 
  いくら望んでも、君が手に入らないのなら






  もぅいっそやめてしまおうか







  

  もうなかった事にしてしまおうか



















  足りなかったのは


  

   あたしの力量と魅力だね











  流されてしまっても



   いいのかもしれません





















  好いてくれる人に



  頼った方がいいのかもしれません

















  


  ただあたしは



   誰でもいいわけじゃ ないのに








 

  ただ素直になれれば


   
    いいのに















 でも もう疲れたから
































  どーにでもなれ



























   誰だっていいや





































  誰に好かれても


   
 






  あたしは もう誰でもいいから






























  もう 本当



     止めて欲しい




























 
   
Posted at 23:08/ この記事のURL
おてまみ(0)
貌 / 2006年10月31日(火)





















   ボーダーがあって。




   此処から先は 誰にも入らせない領域。




   此処までは 誰かに分からせる領域。




   此処から奥は 僕自身知らない領域。































  過去に一人だけ



    僕にも行けない僕の領域を


 知っている女がいた








   












   たった一人、愛した人間(ひと)



    自分よりも大事だった人





















  いや。 大事とか 大切とか 愛してるとか



   そんな言葉じゃはかれない感情。




   もはや僕は狂っていて




  狂愛。狂乱状態。錯乱。溺愛。





   君に溺れていて























  今までも、これからも

































    愛した人間(ひと)を



      僕は自ら殺した。
























  過去の愛しい女














 
   
Posted at 23:53/ この記事のURL
おてまみ(0)
ガボンぬ / 2006年10月30日(月)









  わがまま言わないカラ





  誰かじゃなくて






   君がいい

























 
   
Posted at 21:25/ この記事のURL
おてまみ(0)
渡利 / 2006年10月29日(日)








  


  創傷感




  臨場感











   僕には 心 が足りない

















   融通がきかない










 

  100%想われていなきゃ


   気がすまない















 淋しい人間の行く末は見えている
















僕はただ。















   僕を愛すロボットが欲しいだけ













 
   
Posted at 22:03/ この記事のURL
おてまみ(0)
考えている事は。 / 2006年10月28日(土)
  


   今まで僕がついた嘘と


  今まで僕が言ったホント


  どっちが多いか怪しくなって


   探すのやめた




  自分の中の嫌いなところ


  自分の中の好きなところ


   どっちが多いか

  
  もう分かってて 悲しくなった




  どうせいつかは


   嫌われるなら


  愛した人に


   憎まれるなら


 そうなる前に

  
  僕の方から嫌った 


      僕だった




 
 だけどいつかは

   
   誰かを求め


  愛されたいと


   そう望むなら



  そうなる前に僕の方から



   愛してみてよと




  君があまりにも


   綺麗に泣くから


  僕は思わず横で笑ったよ


  すると君もつられて


    笑うから


  僕は嬉しくて


    泣く 泣く






 明日を呪う人間不信者は


 明日を夢見る人間信者に



 もう昨日を探してた僕は


    いない いない 




  君は人間洗浄機 


   この機械にどの家庭にも


  一つは用意して頂きたい


   こりゃ買わない手はない


      嘘ではない





  驚くべき効果を発揮します


  新しい自分に出会えます


  ただ中毒性がございます

  
  用法・用量をお守りください






 
  こんなキャッチフレーズを書こう


  やっとこさ 君の

 
    クローンが成功した時にでも




  だって君は


   世界初の 


   肉眼で確認できる 愛



 地上で唯一


   出会える神様









  
   誰も端っこで


    泣かないようにと


  君は地球を 


    丸くしたんだろう?


  だから君に会えないと


   僕は隅っこを探して


      泣く 泣く





 

  誰も命


    無駄にしないようにと


  君は命に終わり作ったよ


  
  だから君がいない その時は


   僕は息を止め


        待つ




  

  するとね君は


   いつでもここに


    来てくれたのに


     もう


     ここにいない











 

  明日を夢見た人間信者は


  明日 の死を待つ自殺志願者に


  3分前の僕がまた顔を出す












   息を止めると


    心があったよ


  そこを開くと


   君がいたんだよ




   
  
  左心房に君がいるなら


  問題はない  ない  ないよね













   2秒前までの自殺志願者を


   君は永久幸福論者に変えてくれた







   そんな君はもう 


     いない  いない  いない


      いないけど








   この心臓に


   君がいるんだよ


   全身に向け


    脈を打つんだよ


  今日も生きて  今日も生きて


   そして  今のままでいて






  赤血球、白血球


   その他諸々の愛を



     僕に送る





RADWIMPS / 有心論






 
   
Posted at 19:34/ この記事のURL
おてまみ(0)
P R
2006年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
(´・∀・`)プロフィール
Name*uSA・らぃ

性別*♀

職業*学生サン(`・З・´)

年齢*14

バースディ*10/31(ハローウィン笑)

生息地*ナメック星★

すち*メェル&お喋り

嫌い*蛙・梅・鮫・鰤

性格*・・変
★RC★

RCに参加しちゃいました((*/Д\)
此処 【・ω・`*】
*バナー


Name*時の旅人

住人*らぃ・uSA

生息*

注意*直リン 禁 だょ(*・ω・人)

   *バナー作成してくださった

ぜひPinkBerry様に行ってみて★。;

最新記事
*THANKs★☆
*Friends★☆


  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.