密接に文学と結びついている

June 12 [Thu], 2014, 22:03
われわれの文化は密接に文学と結びついているので、誰もがいつも困難な状況にいる男性と女性の叙述に注意を向けてきたからである。結婚について人が注意深く、それどころか過度に注意深くなるのも不思議ではない。これが人類の最初からの営みであった。聖書を見ると女性があらゆるトラブルの起源であり、それ以来、男性と女性はいつも愛の生活において大きな危険を経験してきたという話が書かれている。われわれの教育は、それが取る方向の点であまりに厳格である。少年と少女をあたかも罪に対して準備するのでなく、結婚生活において、少女はよりよく女性の役割を果たすよう、少年は男性の役割を果たすように訓練する方がずっと賢明だろう。両者ともに対等であると感じるように訓練しなければならないことはいうまでもない。女性が、現在自分が劣っていると感じているという事実が、われわれの文化がこの点において失敗したということを証明している。もしもこのことに思い至らないのであれば、女性の優越性の追求の努力を見るといい。女性が常に他の人に勝ちたいと望み、発達の過程でしばしば必要以上に訓練しているのがわかるであろう。

奇妙な関心

June 10 [Tue], 2014, 19:02
奇妙な関心を発達させるような人がしばしば見受けられる。新間や広告を集めるというような、取るに足らないようなことについていつも心を奪われるのである。このようにして時間を無駄にし、いつもそのような行動のいい訳をする。あまりに人生の有用でない面で訓練をしており、この訓練が長く続けば、強迫神経症になる。神経症の兆候劣等コンプレックスは、通常、子どもたちが表面上どんな種類の問題をしていても、あらゆる問題行動のある子どもに隠されているものである。それゆえ、怠惰であることは、実際には、人生の重要な課題を避けることであり、コンプレックスの表れなのである。盗むことは、他の人が無防備につけこむことである。嘘をつくことは、真実を言う勇気を持っていないということである。子どもたちに見られるようなことはすべて、核には劣等コンプレックスがある。劣等コンプレックスが発達した形が神経症である。不安神経症であればできないことなどない。いつも誰かに付き添ってもらおうとするかもしれない。もしもそうすることができれば、目的を達成できたことになるのである。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いくさら
読者になる
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oqeghkcie/index1_0.rdf