言の葉種まき、むらさきひとつ。 

January 12 [Mon], 2009, 14:31


昨年の10月に親しくさせて頂いている方が某SNSの日記で紹介されていたサンマーク出版の「もう、不満は言わない」を書店で見かけて、早速購入。

 紫のゴム製ブレスレットをどちらかの腕につけて、愚痴・不満・批評etcを言ってしまったら反対側に付け替えて再スタートする。

 21日間、愚痴・不平不満・ゴシップ・批評etc言わずにいられたらおめでとう という感じのです。

ゴム製ブレスレットはすぐ手に入らない(=カバーの応募券を出版社に送るorサイトで注文するしかない)ので、思ったが吉日、ということで紫の髪ゴムを買ってきて手首にはめて開始。

年をまたいでしまいましたが未だに日によって紫のゴム&アメジストブレスレットの位置が変わってきます。
親切語化しに言ってしまって、後になって「あ、あれは言葉の使い方しくじった」なーんてことも。
08年中に達成する気満々だったんだけどなー。
いい勉強をさせて頂いています。ホント。

伯爵と妖精 〜あいつは優雅な大悪党〜 

October 24 [Fri], 2008, 19:18



我が家の書架のかなりの面積を占めているコバルト文庫刊で、今秋よりアニメ化しているこの作品。
妖精が見えて話も出来る「妖精博士(フェアリードクター)」のリディアと胡散臭さ大爆発の美貌の大悪党(っても多分間違えてない…/笑)エドガーとの「メロウの宝剣」を探せ!なお話。(ちょっと違う…)

胡散臭さ大爆発、とは思っても、柔らかな物腰の紳士に言い寄られたら…?


実はこれ。
アニメの第一話を見たのがきっかけで、読み始めたお話なので、声優さんの声マジックの影響をかなり受けていたりする。
エドガーのセリフなんて、CVの緑川さんが脳内で音読してくれちゃってるから、いろいろヤバい(笑)

シリーズ第一作なので、まだ恋物語、というにはちょっと早いよーな気がするけど…。はてさて?次はどんなお話になることやらー♪

播磨屋さん 

July 11 [Fri], 2008, 20:59
分類法を勉強しなくちゃダメですかね・・・

ぶっちゃけジャンルが何なのか正直わからないのですが、とても素敵な本を図書館から借りてきました



歌舞伎役者の中村吉右衛門さんご本人の挿絵と読みやすい文体がぐいぐいと引っ張っていって下さって・・・。
例にももれず、鬼平犯科帳がキッカケなのですが、ご本人も魅力あふれる素敵な方ですねー。と勝手に想像してしまいましたわ♪

2001年1月から12月までの毎日新聞に連載されていた『播磨屋の楽屋で一服』とサンデー毎日(2002年10月〜03年4月)分から抜粋したものにご本人の挿絵を描き下ろしを加えて構成したものらしいんですが、文体がすごく読みやすくてさらっと読めてしまいました

吉右衛門さんの文章センスに敬礼・・・っ

海の底 

July 09 [Wed], 2008, 8:37
やらなくちゃならん事がありながら、そちらに気を持って行かれつつだらだらやるよりは一度そちらを片付けてしまってからやった方が効率が良いに違いない!と書店に行き、書架から問答無用で引っこ抜いてお買い上げ。



横須賀に巨大エビが襲来、とかなんとかそんなお話です。
場所が場所だけに、海自が舞台。
物凄く密度の濃い一週間

これを読んだあと「クジラの彼」を読んだら、また色々感じ方が変わってました。

クジラの彼 

July 01 [Tue], 2008, 21:38
ここんとこ、一人有川作品祭開催中。

制服好きでラブコメ好きって言ったら、読まないわけにはいかないでしょう!と言いきりたくなるのは気のせいじゃない(笑)



帯には恋するふたりの間には、七つの海が横たわる。がんばれ女子、負けるな男子。
何か良くないですか?!
思わず胸キュン

掲題作のほかに
・ ロールアウト
・ 国防レンアイ
・ 有能な彼女
・ 脱柵エレジー
・ ファイターパイロットの君 が収録されてました。

読み終わった直後はクジラの彼が一番だったのだけれど、読み返しているとその時々に私の中で一番が変わっているのが面白い

空の中 

June 27 [Fri], 2008, 19:13

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のため高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域彼らが見つけた秘密とは?

一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは−−−すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテイメント!!
【裏表紙より】




図書館戦争の著者、有川浩先生の作品&文庫版で持ち歩きやすそうということで、衝動買ってみました。
とか言いながら、図書館戦争シリーズのハードカバーと併せて入れてりゃ意味ないじゃん、て感じですがね(まったくだ)


航空自衛隊も絡んでくるのですが、個人的に航空関係にテンションが無条件に上がるタイプではないので、ひとつの知識として「へぇー」という感じで読んでました。
なんか、こぉ……。感想としてはアレです。色々残ります。

生かされてるんだな、というのが正直なところかも。
誰が、というか私(たち)が。

原作読んでみた 

May 30 [Fri], 2008, 22:49
図書館戦争読みましたー。


目次が図書館の自由に関する宣言から構成されていたのが興味深かった


図書館戦争 

May 27 [Tue], 2008, 23:41
アニメ化もされているので、ご存知の方も多いかもしれないですね。
実は、未だ原作の小説は読んでいないのですが、偶然手にした本誌(月刊LaLa/白泉社)に第一話が掲載された時に気になった作品です。
爆走系お元気娘(熱血)・郁が見ていて微笑ましいと思います。

堂上教官とのラブコメ…になるのかな?が楽しみなお話。

巻末おまけで原作者・有川浩さんのコメントが入っています。
原作小説も読んでみたい一冊。

ノ・ダメ 

January 14 [Mon], 2008, 18:58
他人様のミスを大笑いするのって、人としてどうだろう…とか思うんですが、
それでもクセになって止められないのが「NG集」ですねー


それと関連して今欲しいのが、「のだめカンタービレ」のドラマDVD
新春ドラマを見てから、欲しくて仕方ないのです。
それもあれです。
通常版ではなくて「初回限定」


色々映像特典が入っているとか。
…めっちゃ見たい…

ネット通販ではもう見事に全て通常版に切り替わっているので、初回限定を買うにはやはりオクまたは足を使って中古店を捜すかないわけで…。


本来、時代劇以外のドラマって滅多に見ないんですが凄く面白かったです。

そんなわけでオススメ。


非時香果草子 

January 08 [Tue], 2008, 14:20
「かぐのこのみそうし」と読みます。

最終入稿を終えました。
どんな風に出来るのか、すごく楽しみです。
…オマンジュウのようにこわいですねぇ(笑)ぇ

新環境に移る前に、やらなきゃならんことがまだまだ残っているので
賞味三週間で一気に片付けようと思います。

四足のわらじは履けなかった…
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にゃぉみん
  • アイコン画像 誕生日:3月14日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
読者になる
傾向的には広く浅く。
ハマると徹底的…が多いけれど、そうでなければ箸にも棒にも引っかからない…


2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
Yapme!一覧
読者になる