やっと入荷してきました!ルディーフォトニックオプティカルドッグ仕様。

June 01 [Fri], 2018, 15:29
ようやく入荷してきましたよ
ルディーFOTONYCオプティカルドッグ
このフレームはどんな度数でも
容易にダイレクト直度数出来ちゃう
とても好都合なフレームなのだ





価格もリーズナブルで市販タイプの
標準カーブレンズを装着できるから
どんな強度数の方でも大丈夫

さらにそんな汎用性あるレンズをチョイスできる事から
調光から偏光、色調矯正カラーなどなど
もちろん遠近両用レンズだって容易に
選びたい放題でチョイスできちゃいます。

ただ、イタリヤってお国柄だから
再オーダーしましたが
納期までに半年ほどかかっちゃってました

ご検討頂いている皆さん、
お早めに決めちゃってくださいましm(_ _)m
でないとまた秋まで待たされちゃいそう(T^T)

楽器でも『名器』って有りますね?メガネにも『名品』って有るのです ^^d

May 26 [Sat], 2018, 11:17
このメガネはこちらで度々ご紹介させて頂いてますが
今回もこの「kazuo kawasaki」です。
え?カズオカワサキってこんなモデル有ったっけ?
そんな方もいらっしゃるかと思います。

そうなんです、今も尚発売はしているのですが
もうかれこれ20数年来発売し続けているシリーズなので
カタログでお目にかかる事も少ないかと思います。

店長はこのモデルが大好きなんです。

なぜかって?

このモデルはチタン合金のゴムメタルと言って。。。
あ、
まずチタンの本来の性質について触れますね。

チタンって素材は簡単に申しますと
スポンジの様な素材なんだそう。
ん?何それ?何なん??ですね。

まず、金属ですが錆びません。
そして金属なのにすごーく軽いのです。
うん、まさにスポンジの様だ ^0^

でも、チタンって昔はとても高価だったんですよね。
今でも、このチタン合金は高価で、
当初、某大手車会社の研究機関が
このチタン合金を発明した素材なんだそうで、
自動車のショックアブソーバー辺りに使おうと・・・なんて
話も有ったほどだそう。
でも、あまりにも経費が掛かり、採算が合わず
今はフォーミュラー1のパーツで使用しているとかしてないとか・・・。

何で高価だったかとは、
以下の余談で少々触れさせて下さい。

そんな夢の金属なのですが、
実はこのチタン(Ti)。 地球上に二酸化チタン(TiO2)という
酸化物の状態で地球上のいたるところに存在しています!
資源の少ないと言われるこの日本でも、
5〜15%のTiO2を含む砂鉄が広範囲に
しかもほぼ無尽蔵に存在しているそうなのですが、
チタンの精錬に使える工業的、経済的に成り立つ鉱石は
まったく存在していないんだそう。(T^T


さて、スポンジって事はマイナス要因も有ります。
接着強度が無い、錬金できない、だから磨けない><;
固くてもろくて曲げにくい。。。。
素材としては使えませんね。(涙)

それを・・・
曲げ強度を出して、超弾性を持ち、接着強度が有り
成型しやすくて磨ける。
で、チタン本来の錆びない、軽いが実現している
正に夢の金属、それが「ゴムメタル」なんです。
余談でした。

また、このメガネのデザインをされた
カズオカワサキと言うお方、
自身は身障者で医者でグッとデザイン選定委員様で
工業デザイナーなのです。

素材の知識と医療分野の英知と
工業デザイナーとしての機械的な
機能をデザインに融合させている。

まさに究極の素材と究極のデザインのコラボレーション
そんなメガネがこのカズオカワサキだと
店長は勝手に思っています 


レンズシェイプは店長がデザインした
定番のシェイプです。
そしてこの方は目と目の距離が短く
また、度数が少々お強いので
鼻幅を4mmほど狭めてあります。
そんな事出来るの??
出来るのです。だから、レイアウトも自由自在。
老若男女問わず装着出来、
レンズシェイプも自由自在。

もちろん上記で述べたチタン合金なので
レンズが傷んだら交換出来、
ついでにレンズシェイプも変更可能 

このモデルは金属メッキされているので
そもそも剥げたりしないから
汗でダメになる事も皆無なんです。
それでいてこの工業デザイナーならでわの
バネ構造デザイン。えゴムメタルって
超弾性じゃないのって疑問有りませんか
そうなのです、超弾性素材なのに工業デザイナーらしい
この機能美 惚れるね~

このメガネ、店長が30歳代から発売されている
つまり、その当時おぎゃーと生まれた方々が
成人してご結婚されてる今も変わらず
販売され続けているまさに『名品』なのです。

ちなみに・・・
今回使用しているサングラスは
偏光レンズの発明品と言っても
過言ではない
コーティング系偏光レンズ
強い度でも表面のカーブが指定でき、
表面のシェイプがフラットにならない、
試着時に掛けたデモレンズでのイメージ、
仕上がりとのギャップが無いシルエットが素敵な
POLATECH RF内面非球面設計(表面カーブ指定)
最先端の偏光レンズですよ〜

これから未来もレンズシェイプを進化させつつ
その時代にマッチした最先端の眼鏡であり続ける。
これぞ正に究極の品だと思います


オークリーHalfJacket2.0 店頭遠近両用度付カスタマイズ。新着レンズ検証中!!

May 20 [Sun], 2018, 15:00
当店にはスポーツグラスを
各社の高機能レンズにコンバートする事が多いです。

今回試着用に製作したのが
この内面累進設計の遠近両用レンズですが、
一般的な汎用データーを元に製作される
遠近両用レンズとは違い、
実際に個人個人の方々のメガネを掛けた状態で
眼からレンズ内面までの距離(頂間距離)の計測、
メガネのそり角、前傾角などを計測して、
最適な遠近度数を割り出して製造する
遠近両用レンズを使用してます。

そしてさらにここが重要なのですが
こちらのブログでも度々ご紹介している
ネッツペックコートとUV420カットとブルーライトカットを
トリプル付加した仕様の物です。


まずはネッツペックコート
画像をクリックしないとレンズ内面に映りこむ
蛍光灯の反射からハニカムコートである事が
確認できるかと思います。



次にUV420カットとブルーライトカットカラーの
ご紹介です。

紫外線は文字通り可視光線領域の光線ではない
ものを指しますので、UV400とは
UVウルトラバイオレットRey(光線)
光の波長で眼で確認できない波長が〜400nmまでの
光の波長で、それ以降の400nm以上の光は
紫や青に見える訳です。

ですから、この様に眩しく、
時にこの様に紫や明るい青色に映って見えます。

この光はUV405nmの波長ですので
紫も見えますね。
画像で見ていても眩しさが伝わるかと思います。

さて、下の画像はレンズ内面に照射した画像です。
レンズ内面にうっすらと光が当たっていることを
確認頂けると思います。

この素材は420nm波長の光までをカットしますので
レンズの向こう側にはこの波長の光を通過させません。
紫外線と言っても、見えない光なので
眩しい訳ではありませんが、
この様に可視光占領の一部の光の波長まで
カットする素材である事がお判り頂けたかと思います。
ただし、『眩しい』と感じる波長は
もっと長い波長のものを指しますので
目が疲れるなどのダメージを緩和する
可視光線を遮光するのが巷で言う所の
ブルーライトカットですから、
このレンズは少々グレーに染めてありますが
それが可視光線領域の軽減に役だっているのです。
※さらにハニカムコートで光を分散さている事もお忘れなく

このレンズはまだまだ産声を上げた
ハイカーブ仕様のレンズで
(通常カーブのレンズは数多く販売しておりますよ
ハイカーブの製作範囲は残念ながら
あまり広くありませんが
これから益々開発されてくるかと思います。
皆さんのニーズにお応えするべく
この様に日々試着して新たなレンズを
模索しています。

これからは乞うご期待下さい

ちなみに・・・
このレンズの現在の製作範囲であれば製作可能ですよ
まだまだ条件が有りますが f^^;

またまたオークリーFLAK20にHOYARFスポーツ遠近両用Reyガード435ナチュラル(LBR)を装着しますよ!

May 12 [Sat], 2018, 17:51
連日のFLAK20カスタマイズのご紹介ばかりで
スイマセン

このレンズはUV420+ブルーライトカット15%の
Reyガード435ナチュラルと言うレンズ。

HOYAさんの内面累進設計遠近両用でハイカーブ処方に
特化したスポーツ遠近両用です。
HOYAさんのスポーツレンズ度数変換処方は
バッチリですが、
全ての方がこの処方で良いわけでは無く、
個々の目の両眼視機能に準じた度数アレンジを
施した上で、このRFスポーツ処方に反映すると
シナジー効果でとっても快適な度数値になるのです

かく言う店長も遠方で外斜位が少々あり
その恩恵に与(あずか)っている次第です。
だからハイカーブ遠近両用は視野が広くて快適です。

さあ、加工しますよ

段付き加工はこの様に段をるけるのと
微妙に切り取りして調整するのがまず難しい

段落ち部分の厚みも0.mm刻みで
微妙に調整しなければいけません
この工程だけでも2度や3度では決まらない・・・(T^T

その上でこのアオリ角18度の枠に8カーブのレンズを
装着する上で瞳孔間距離を正確に仕上げるのが
また一苦労なのです。

普通の眼鏡でもカットされたレンズのサイズが
0.2mmでも大きければ入りませんね。
それはこの段付き加工のサングラスも同じ、
と言うより、さらにシビアで、大きければ入らず
小さければあっさる抜けてしまう。


『カチン』とはまり、メガネ拭きで拭いても
その摩擦等で外れない様な適度なトルク感で
仕上げるのは至難の業なんです。
そのサイズ感が店長の拘り

何十組も仕上げては微調整し
更に修正を加える。
今でも気に入らなければ
更に修正を加えるという作業の繰り返しで
今の加工データーが有ります。
なんだか・・・
老舗うなぎ店の付けダレの様ですね。
何度も何度も修正するうちに
更に精度が高まり、本当に満足のいく
仕上がりになっていくのです。

だから真似できない・・・・
そこにこの加工の自負が有ります。
そしてその加工で、
当店にご来店になる皆様に最良の
スペックの高機能レンズをご提供したい。

だから私自身の度数で試作し試着して
更に快適を追及しているのです。
ちなみに自身の度数で試作し掛けて試した数
数十組・・・いや三桁・・・数え切れず
メーカー様のご協力にも感謝

当店にご来店いただく皆さんへ
少しでもより快適に掛けて頂ける様、
その度数の中身はもちろん個々の皆様の
両眼視機能の有り方を反映した度数に処方して
また、
数多くあるレンズメーカー各社様の
様々な高機能レンズを自身で試着して
納得のいくメガネレンズを皆様にお渡し出来るように。

これがめがねCraftの
快適なメガネへのこだわりです。

ターミネーター2でシュワちゃんが側溝を走ってた時に掛けてたサングラスって『Persol』ってサングラス

May 09 [Wed], 2018, 10:44
Ray.Banはクラシックの王道ですね。
当店ではJapan正規品にてお取り扱いをしております。

でもね、そのRay.Banよりも30年も前から
そのスタイルで、今も継続しているモデルすらあり、
さらに世界のセレブが愛用するサングラスが

ぺルソールなんです。

実はね・・・
クラシックの王道ってこのぺルソールを置いて
他にはありません。
なんたって、Ray・Banでメジャーな
グリーングレーカラーのガラスレンズのルーツは
このぺルソールなんですから 

そして、現在とても人気のあるTOMFORDの
ツルの角の『T』字のメタルアイコンは
このPersolが50年以上前からアイコンにしている
『シルバーアロー』がルーツだと思うのです。



              

イタリアンテイストのこのPersol
おしゃれなクラシックメガネだと思いますよね。
こんな素敵なメガネっていかが?

ジェームスディーンが愛用し、J.ディーンを敬愛するジョニーデップがリスペクトするアイテムがTARTOPTICALアーネル

May 08 [Tue], 2018, 22:34
ジェームスディーンが愛用し、
J.ディーンを敬愛するジョニーデップがリスペクトする
アイテムがTARTOPTICALアーネル

そんなメガネがめがねCraftにはあります。


1948年にニューヨークで設立されたタート社は当初は小さい眼鏡店でした。

しかし、どこにも負けない品質を維持しつづけておりました。

その弛まない努力の結果、業界におけるレジェンドとなって今なお語り継がれています。

その伝説を尊敬して、日本において再びそのテイストを復活させるべく、

日本の鯖江の技術によっていまここにオリジナル「TART OPTICAL ARNEL」がスタートします。

1955年,James Dean(ジェームス・ディーン)も、愛車は「PORSCHE」、ジーンズは「Lee」、 煙草は「Winston」と、

物にこだわった彼が愛用していたメガネを忠実に復刻し再現。

ジョニーデップが師と仰ぐジェームスディーンが当時かけていた商品を全米で探させたことから、

TARTストーリーが新たな始まりとなりました。 

そのため、TARTを語る時、ディーンにフォーカスしたモノづくりは不可欠と判断しました。

そして私たちは日本の鯖江によるハンドメイドによって、

当時のモノづくりに対する思いを受け継ぎ、当時使用していた商品を忠実に再現していくものです。

ここに蘇る本物のTART OPTICAL ARNELRの息吹、掛け心地、いまだ衰えない洗練されたデザインをどうぞ体感してください。


こんなこだわりのメガネってどう?

オークリーFLAK20XLに『ノーマルシェイプ』で度付カスタマイズ!

May 06 [Sun], 2018, 12:10
オークリーFLAK20XLに
ノーマルシェイプで度付加工します。
ご注文は5月1日(火)で、製作完了が6日(日)でした。
※全ての度付カスタマイズがこの納期と
言う訳ではございませんのでご了承ください。



さて、加工します。
今回ご注文頂いたレンズは、通常の高屈折素材より
強化されている、割れにくい素材のものです。

余談ですが・・・
このシリーズには紫外線に反応してレンズに色が付く
『調光』レンズが有り、一般的な調光レンズは
ミラー加工が出来ないとされるものですが、
この調光レンズはミラー加工が可能となっております。


レンズシェイプはご覧のとおり、XLではレンズ縦幅が広く
中心部がえぐれた形状のシェイプです。
そしてノーマルシェイプは、当初から発売されています
FLAK20のシェイプです。
なぜ改めてこの様にご説明するかと申しますと、
現在流通しているFLAK20ノーマルシェイプと
新たに追加されましたFLAK20XLシェイプは
レンズ口径が微妙に違います。
それと、
FLAK20XLの正規RX度付はまだ受けておらず、
さらにそれがノーマルシェイプとなると、そもそも
受注するカテゴリーにないものだと思います。

ですから、
現在は上記の理由だけに、このFLAK20XLに
ノーマルシェイプにて度付カスタマイズする事は
希少性が高いものだと思います。




なんて堅苦しい話をしましたが、
このFLAK20XLは小ぶりないいサイズですので
従来のFLAK20ではサイズが少々大きいとおっしゃる
皆様にはちょうどいいサイズかと思います。
また、このブラックマットカラーは後から追加された
NEWカラー(?)の様ですが、
クリアーレンズでメガネにされると
野球少年の皆様もメガネですから
安心してご使用いただけるのではないでしょうか?



メガネであれば野球する上で支障はありませんね?
更にこのカラーブラックマットであれば
オークリーレーダーでは高校野球(高野連)の公式カラーに
採用されている位ですから。

大事なことは、
炎天下では必ず紫外線対策をする事です。
帽子だけでは紫外線対策出来ません。
なぜなら、帽子をかぶっていても
真っ黒に日焼けしますね。
紫外線って地上や障害物を跳ね返って
照射されるからです。

また、眼は内臓なのです。
だから皮膚の様に
生理的にしっかり代謝できる機能ありませんから。

アイプロテクションとは物理ダメージと共に
紫外線等の放射線対策の事を指します。

それから、
意外と知られていないのが、視力の問題。
成長期のお子さんの視力は早ければ
半年で変化してしまう。
小さなお子さんの時代は小児遠視と言って
ほとんどの方が遠視系で視力が良いですが、
成長と共に知らないうちに視力が悪くなる。
だから、毎年春に学校で視力検査されるのです。
だから、
見えない状態で練習されてもうまくなりません。
動体視力は見えてこそ訓練できるものですから。

当店にご来店になるスポーツ少年少女は
紫外線対策用のサングラス製作のついでに
視力検査も致しますので
そこで視力が悪い事が発覚する事も多いです。
正しく見える視力でちゃんと練習させてあげてください。

オークリーFLAK20 店頭加工度付カスタマイズ!★遠近両用レンズ編★

April 30 [Mon], 2018, 10:03
今回もオークリーFLAK20に
遠近両用レンズを加工して入れますよ。


今回装着するレンズは
HOYALUXRFスポーツ Reyガード435(UV435カット)
内面マルチレンズです。
このレンズのコーティング仕様は
サングラスなどの染色レンズに施すと有効ですね。
内面はマルチコートで明るくクリアーな視界でご覧頂け
表面はハードコート面なので乱反射を誘発させて
あたかもミラーコートの様な目が見えにくい演出を
期待できる、しかもミラーの様な威圧感もありません。
ミラーではないので傷にも強です。





HOYALUXRFスポーツ遠近両用レンズは
店長も愛用していますが、とても調子が良いですよ

(私はメガネを掛けなくても十分みえる視力です。
そして、実はこんな掛けないでいる方々が
最も度付メガネに対してシビアだったりします。
{理由はありますが・・・}

だから、さらに特殊設計である遠近両用レンズの性能は
掛けやすいものであるのかどうかの拘りが有るのです。

ハイカーブ処方は度無ですら違和感が出るものですから
そこは特に注意を払っております)




私がカット面のデザインをマシーン設定して
よりかっこよく装着できる様にしてます。
このFLAK20には2タイプのレンズシェイプが有ります。
ジャパンフィット(こちら)にはノーマルシェイプのみ
前回こちらでご紹介したFLAK20XLは
元のXLシェイプに、このノーマルシェイプも選択可能です。
その関連記事はこちらでご確認ください。

店頭度付カスタマイズですので
度付製作の納期は5日〜10日程です。

遠近両用レンズの機能は
調光  紫外線に反応してレンズの色が濃くなる
偏光  乱反射を抑えて釣りのサイトフィッシングや
ドライビングにとても便利で快適な仕様です。

特殊機能レンズは
その他にも・・・選択肢は以下の通りです

ハイコントラストカラー  オークリーPRIZMの様に赤や緑がハッキリご覧頂け、
自宅から現地までお使い頂ける実用的な色合いのカラーです。
調光ミラー  一般的に調光はミラー加工が出来ないとされており
その調光にミラー加工を施した仕様

納期が3週間〜4週間程かかりますが・・・

NXT度付カスタマイズ  遠近両用レンズも可能。調光ミラーは赤緑青も可能
当店はオークリー正規ディーラーです。
王道  オークリー正規RXプログラムによる度付カスタマイズ

ガラス融着偏光レンズ。偏光レンズの理想はガラスです。抜群の精度のガラス偏光レンズは今やこんな進化を遂げる!

April 24 [Tue], 2018, 18:07
偏光レンズの理想はガラスレンズに
偏光フィルムを挟んだ『究極の精度を誇る』
偏光レンズです。

しかし、
現在では希少な部類の偏光レンズがガラス製偏光レンズです。

なぜそうなのかと申しますと、
最大の理由は 『掛けてて重たい』 と言うことだと思います。

ガラスの比重はブラスチックの比重の
約2倍以上で、重量があるので
お鼻にズシっとくるその重さがネックでした。

今回ご紹介する偏光サングラスは
そのガラス製偏光サングラス。
しかし、樹脂との融着による
ハイブリットガラス偏光レンズです。

このレンズは、ガラスの精度や強度はそのままに
内面に強度のある特殊樹脂レンズを融着することで
一般レンズよりもとても薄く出来、その為とても軽く、
樹脂と融着しているのでガラス単体の様に割れたりせず、
さらに強烈な熱にも耐えうるため
従来の夏場の熱い車内にこの偏光サングラスを
置き忘れたとしても、
偏光フィルムが縮んでダメージを与えることなく
安心してお使い頂けると言う究極の偏光サングラスです。

さて、
この偏光サングラスの特徴を以下にまとめてみますと

@ 樹脂と融着することで究極の薄さと強度を両立。(耐衝撃実験で実証済み)
A その為ガラスでありながらプラスチックレンズ並みに超軽量
B そもそも表面はガラスなのでガラスの傷つきにくさ
C プラスチックよりも素材自体の透過率や精度が出ているので、歪なくはっきり見られる
D ミラーはガラスと樹脂の間の層にあり、インナーミラーなのではがれない。
E 偏光率99%で薄い色合いのプラ偏光とほぼ互角の薄い透過率
F 何よりも偏光レンズではありえない耐熱性を持つ。(夏場の車内に置きっぱなしでも耐えうる)

そして名だたる当店のメガネ枠に
めがねCraftカスタマイズで製作したこれらのサングラス。
店長が一つ一つ丁寧に仕上げためがねCraftオリジナルの逸品です。


まずご紹介するこのモデルは、内面マルチコート仕様です。
透過率を上げて薄い色合いでも偏光率99%です。
偏光の色合いも一般的なものとは違う
ハイコントラストに調整された色合いの偏光フィルム。
ガラス融着レンズは上記の特性がありますので
いわゆる『雑な扱い』にも耐えうる優良品です。


ベース枠はオーソドックスなティアドロップ型(ローデンストック社)
こんなに細いフレームですがチタン製ですので
掛けていただければその軽さを実感いただけると思います。


ガラスの精度で更にハイコントラストカラーの偏光フィルムを採用 してます。
一般的なのこのカラーの偏光レンズよりも
精度の面のみならず、偏光フィルムのハイコントラスト化した
色合いであることで見やすさをご理解頂けると思います。



このフレームはセレクトショップご用達の
RIDOLリドル です。
一見地味なようですが、流行に流されない
しかし、今を代表する形とデザインと高品質の品です。
チタンIPメッキ仕上げで、
丁寧な仕上げでとても良いフレームです。


リドルさんを愛用するユーザー様の多くは、
フィッシングで本格的なタレックス社などの
偏光レンズをご利用になる方がとても多いので、
この偏光レンズもハイコントラストカラーの
ローズブラウンをチョイスしてます。

ドライビングからサイトフィッシングまで
オールラウンドに末永くお使いいただける逸品に仕上げました。




次はまたまたドイツを代表する老舗メーカー
ローデンストック社のサングラスをカスタマイズです。


ずっと末長くお使いいただくうえで
デザインの奇抜さは無くとも、
実用性と渋さを両立、
流行に流されない安定したレンズシェイプ、
ハイブリット偏光レンズの特徴でもある
インナーミラー偏光レンズを
このローデンストックサングラスにチョイスしましたよ


これ、本当にガラスレンズなの?
って、
東京の展示会場時にお聞きしたほど。
また、
ガラスレンズの精度ってこんなに良いんだ!って
改めて確認した事。
ガラスだからそもそも傷つきにくいし、
樹脂融着レンズなのでタフだし、
インナーミラーなので
布でゴシゴシレンズを拭いてもミラーがはがれない事
こんな究極の偏光レンズを装着したサングラスなら
自信を持ってお勧めできると確信しました。

だから早速レンズをオーダーして
製作しましたよ。
今回は合計4本のご用意しかございません。
店長が製作しためがねCraftオリジナルなので
お早めにお求めくださいね

他にもレンズサンプルは多数ございますので製作は出来ますが、
ハイブリット偏光レンズの製作納期が1か月以上
かかる様なので、じっくり
お待ちいただく事になりますのでネ 

オークリーFLAK20XLをノーマルシェイプにして遠近両用レンズを装着します。

April 20 [Fri], 2018, 17:56
今回ご紹介する度付スポーツグラスは
オークリーFLAK20XLシェイプに
ノーマルシェイプにて遠近両用レンズを
装着しますよ。



日本では新発売のXLシェイプですが
USAモデルではこのサイズがFLAK20でもあったようで
以前当店でも度付製作したことが有り
もちろんそのUSフィット用の加工データーを
ストックしていましたので
そのデーターで製作いたしましたよ



まあ、
その時はまさかFLAK20のレンズサイズが違うなんて
思いもよらなかったので、サイズ違いで
レンズが入らず破損しましたから、
お持込サングラスの度付レンズ装着は
止めようかとも思いましたよ。

結果この様に日本で正規に発売される
現在のFLAK20XLにノーマルシェイプを装着できるので
『怪我の功名』とでも申しましょうかね^0^ 
良かったです。



さて、そんな事で店頭加工しますよ。
今回装着するレンズは
遠近両用レンズです。
UV435カット(UV420+ブルーライトカット)加工してあるので
これからの強い日差しの元でも安心して
炎天下の屋外に居られますね。





こんなにシェイプも違うのです。
XLシェイプはレンズ上下幅が大きいので、
少々頬にレンズエッジが干渉しますが、
このUSフィットFLAK20にノーマルシェイプを
入れる事で、普通のメガネみたいに掛けられて
快適なのです



また、ご覧のとおりオークリーって
マットブラックは軍隊用に使用してて
なかなか一般市場向けで
この様なハイカーブのサングラスには採用しない
そんな希少なカラーですのでネ。
(FLAKJACKETなんてUS本土でしか発売されてませんでしたね)
しかし、
メガネの様にお使い頂く方には使いやすいカラー。



本当は当店にいらっしゃる
「野球少年が普通にメガネとして掛ける」
ものとしてご用意する為に
艶ありと共に黒いフレームは調達しているのですが
クロスリンクの様に黒マットとなると
アイテム数も限られますね。
だから、
今回の様なFLAK20の小ぶりサイズだと
容易に度付しやすくて好都合なんですよね。

グラウンドって炎天下ですよね?
観覧される親御さんは日陰や日傘などで
紫外線対策されてますけど、
大切なお子様はその炎天下で
裸眼でしかも長時間プレーされている訳で
店長はとてもその事が気になってしょうがない。
それは必ずしも『野球』だけではなく、
炎天下のグラウンドでプレーされる皆さんが
対象なんですがネ。

因みに日影であっても日傘が有っても
紫外線って地面からの反射で、
たとえ日影でも入ってきますので
日焼けしてしまいますよ

当店では
お肌のシミは肌の光老化だとご紹介してます

日陰で見ている方も日傘をさしている方も
濃い色のサングラスじゃなくても良いですので
それがたとえ透明でも良いので
メガネは掛けましょうね。



野球されるときにサングラスだと何かと
ルールがどうのとか気になるようですが
この黒マットフレームであれば『メガネ』な訳で
メガネでプレーしてはいけないのでしょうか?
と言う事なのです。
だから安心して炎天下でも目のプロテクションが出来て
さらに、本当はお子さんの視力が悪くて
うまくプレーできないなんてことも発覚するんです。

親御さんは自分自身が見えていて体験されていないので
そんな、見えない事が練習の妨げになるなんて
思いもしませんよネ。

当店で検眼すると皆さんそうおっしゃいます。

つまりお子さん自身、なんで打てない、取れないが解らず、
親御さんもお子さんが本当は打球が見えてない事に
気が付かずに観覧されている。
あげく、『下手になった』ってお子さんは言われてしまうのです。
見えないから取れない、打てない、守れないなんです。



大事なことは成長期の動体視力の育成。
見えない事はお子様の成長過程上
様々な発育に支障をきたすのです。
そして『見える』と言う解消こそが
結果、紫外線予防にも繋がるのです。

当店はまず、紫外線予防の観点から
これらのスポーツグラスに
UV420カットレンズを装着して、
紫外線予防の啓蒙はしてますが
実はその過程で『視力が悪い』ことのチェックも
しています。

結果、見えない事が発覚して
視力の改善からお子さんの練習の成果に
結びつくのです。
知らず知らずのうちにお子さんは成長します。
眼も成長するのです。
ましてやスマホやデジタルメディアが普及している昨今
近くの見すぎで『若年老眼』なんて言葉まで存在するのです。

成長期のお子さんの視力は
成長する上で重要なのです。
だから、
毎年春に学校で視力検査を実施するのです。

日々の見る経験って大事ですよ。
動体視力って見る運動をする事で
経験値であり、日々の鍛練で
得られる能力ですから。
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ