いつだってはじまりはあまりも純粋な未知への欲求 

April 13 [Thu], 2006, 14:34
ニュースサイトを漁っていたら、こんなのをみつけました

回転ゆで卵はジャンプする 慶応大教授ら、実験で検証

ゆで卵を回すと起き上がる現象は「ゆで卵の逆説」と呼ばれ、世界の物理学者を悩ませてきた難問だったらしいです。
それをちゃんと計算して理論的になんで起き上がるのかを数値化して「卵回し装置」も共同開発で作って証明したと。

すごいことなんだろうけど、なんだろうあんまりすごく感じない。この記事の写真も逆光にしたりして威厳を持たそうとしてるけど・・・まぁゆで卵だしね。

そういや、昔、父が言ってました
「何の役に立つかなんて考えないで、開発とか研究だけしてられたらいいのになぁ」

アイシュタインだってノーベルだって戦争の道具作るために研究したんじゃないしね。
ゆでたまごもクローン技術も宇宙開発も多分同じ欲求から始まってるんでしょうね。

そんな事も思い出しつつ多分、私はゆでたまごを回します。近いうちに絶対。

跳ぶとこは肉眼では見えないけど、すぐやりたがるほうです、こういうの。

こころのことば 

April 11 [Tue], 2006, 1:54
ご無沙汰しております。矢上鈴ですこんばんは。

新しい職場は蓋を開けてみたら今まで勤めた職場の中で最もハードな職場でしたが、やりたかった仕事なので精神的には前ほど辛くはありません。肉体的には辛いですが。

そんな感じでそれなりに充実している新職場。
土日返上、毎晩終電みたいな生活続けていると今度は肉体のほうに精神が引きずられそうになります。仕事自体は嫌な訳ではないんだけど体が動かすのがきついから出勤が気が重い。

気持ちが体にひっぱられてんですよねー
悪いほうに引っ張られてるのは良くない傾向だ。
いい方へいい方へ引っ張られるようにしないと
気持ちがげんきなら気持ちほうへ
体が元気なら体のほうへ

そんな話を職場でしてました。
みんないい加減疲れている深夜に
アサヒの本生かなんか飲みながら

「ビジネス文章ばかりだとやっぱ、気持ちがくたびれるんだよ。
 ちゃんと心の言葉を書く機会を持ってないと
 すりへってきちゃうんだよ。」

そんなことを言われました。
ああ、そうか。
私、こんなに忙しいんだから充実してるんだから、平気だって思いたっかたのかもね。
でもちょっと疲れてたんだね、やっぱり。

この仕事が嫌なわけじゃないし、働くのが苦痛なわけでもない
むしろ、きつくてもやりたかった事だし、それに関しては幸せなのは事実だけど

それと、疲れることは別で、そこのところは別に認めても良かったんですよ。
そんな単純な事さえ気がつかなくなっているのはちょっとまずいので
自戒の意味もこめて日記にしてみました。

「書く時間なくても、書くこと諦めたらだめだよ。
 隙を見て書くんだってちゃんと暖めておけば短時間で書けるから」

そう言われたのでちょっと実践してみたのもあります。
あと「心の言葉」っちゅーのがかっこよかったから。
なんか形だけじゃなくてちゃんとずしんと来る形で言えるのってすごいなーと思ったから。

まぁ、言ったの普段はいきなり靴下縫ってたりする人ですが……
酒も多少入りつつなのですが……

怒られるの解ってるから 先に謝っておくよ 

December 22 [Thu], 2005, 0:10
おつかれさまです。矢上です(←今の会社の社内メールの決まり言葉)

いやはや、この会社に入って一ヶ月たちましたが、早速修羅場です。新年に新製品の発表があるとかで、合宿です。

今週は多分月曜日におうち帰っただけです(荷造りしに)

そんな訳で冬コミ詳細はお待ちください。
明日は帰ると思います。

・・・・・・メールで更新できる日記でよかったなぁ
生存報告でした。

<B>そして祭りはやってくる 華やかに儚くやってくる<br>    騒がしくて優しくて少し切ない時間に”ありがとう”</b>  

November 13 [Sun], 2005, 23:23
ゼオンリーでした。
前日からちょっと体調がやばげだったので大事を取って前日のホテルはキャンセルさせていただいて、開場ギリギリで飛び込んだ会場。

口説きに口説いてやっと参加してくれたハルコマさんを見つけて受けつけもそこそこにスペースへGO!
ハルコマさんの新刊を頂いてほくほくしてたら「早く準備しなさい」と怒られました。
あと「興奮しすぎ」って言われました

するよ!
興奮しない訳ないじゃん!!
だってゼサオンリーだもん

そんな感じで落ち着き無くばたばた準備してましたら、ハルコさんがいなくなっていたのでどこかなーと探してみると、どうやらどなたかのコピー本を手伝っている模様。

私も手伝いに行こーと準備ほっぽり出して走っていったら
あれ?とららさん?
とららさん来てたの?
はるさんが売り子さんで呼んだ?

……ってゆーかその表紙どう見てもとららさんだよね?

え?

なんで?

……………………

そういや、一個だけ知らないサークルあったよ!
どこかなーとか思ってたら「とららキヨ連合軍」ですか?

そんな訳でえれーサプライズでした。てか、顎が落ちた。かなりびっくりしてその後自分が何言ってるのかよく解らなかった。

だってさ、ガチンコ勝負の時、あんだけ口説いたのにすんごい冷たかったじゃん。
「ゼフはハードル高いよ」
「冬コミ前だしね」
とか言ってすげなくあしらったのに!

……そん時はもう決まってたらしいですよ、参加するの。
もう、思うつぼに騙されましたですともさ。
終わってから言うと、嬉しくて本気で泣きそうになってました。嘘。本当は我慢できなくてちょっと泣いた。

ハルコさんもとららさんもキヨさんも、ありがとう。新刊はおいしく頂いてマス。

そんな、素敵サプライズから始まったゼサオンリーでした。
今回も素敵に楽しいイベントでした。

まずすごかったのが、バラティエケーキ。写真バチバチ取るくらい素敵にすごかったよ。ちゃんとゼフのお部屋もありますよ。いやすごいよ。だってこれ食べられるんだよ。

ビンゴは相変わらず穴は空けどもリーチはできずでした。残念。

閉会後のお茶会であのバラティエケーキをみんなで食しました。女のパティシエさんに「ゼフとサンジの位置がが逆です!」と突っ込まれて配置を換えた素敵パティシエさんのおいいしいエピソードを聞きながら食べたのですが。

こんなにおいしいバタークリーム食べたの初めて!!
バタークリームってこんなにおいしかったんだ
小さい頃、クリスマスケーキで食べて胃もたれ起こした思い出しかないよ。
本当にいいバター使うとこんなにおいしいのかぁ。

ケーキを食べた後は野球兼でした。ゼフを脱がせたい派サンジ側とサンジを脱がせたい派ゼフ側に分かれて見たんですが、圧倒的にゼフ脱がせたい派が多いので「ゼフを守りたい派」としてゼフ側にいたのですが……

……弱いんだよ、ゼフ
違うか、弱いんだ、うちら。
5タテ食らって主催さんの心意気でサンジを何枚か剥いてもらったのですが、それでもまだ連敗するの。

やっぱ、ジジィを脱がせたいサンジの意志は固かった……
そうだよ、きっと、ゼフはサンジをそこまで脱がせたいと思ってないんだけど、サンジはもうすんごく脱がせたくて仕方ないからあんな結果になったんだよ……多分

そんなこんなで楽しいイベントはハネて、打ち上げの飲み会ではいつも通り……

からんだみなさん、ごめんなさい。
でも楽しかったです!(反省終わり)

参加するたび「愛しき夢追い人」というイベントはすごくいいイベントだと思います。今回も閉会ぎりぎりに来た人のために閉会時間を延ばすとか、そういうひとつひとつが暖かいイベントでした。
三回ともサークルで参加しましたが、いつも参加すると幸せな気持ちになります。このイベントが一番買いに来てくださる人たちと話す機会が多いイベントでした。

みんな、ゼサが好きで、そして「愛しき夢追い人」が好きだからこういう暖かいイベントだったのかもしれないな、と思いました。

それで、そういうイベントになったのはひとえに主催さん達の人望だったと思います。

じゃわこさん、みなつさん、有沙さん
たくさんの幸せな時間をありがとうございました。

祭りの前は ちょっと慌ただしいくらいがいい……多分 

November 03 [Thu], 2005, 23:22
 昨日の夜から「愛しき夢追人」のパンフレット作成で主催さんのお手伝いしてました。なんだ、あれだ、いくつになっても文化祭前の準備はテンション上がります。
 疲れててもうくたくたでもなんかどっかから力が湧いてくるんだよね。それはもう無尽蔵だった学生の頃にはとても及ばないんだけど、それでも普段よりはパワー出るね。
 日中活動して夜から作業初めて、朝方4時間くらい寝てまた夕方まで活動というのはもう普通には無理です。やっぱり一緒にやる人がいて、楽しみにしているイベントがあってこそなんだろうなぁ、と思う訳です。

 あと、うちの近くにあるお店でなんとなくゼフを彷彿とさせられるようなオーナーの店にじゃわこさん連れて行けて、しかも同じ感想もってもらえたので大満足です。
 久しぶりに「喫茶ゼフ」にも行きたいなぁ、と思う次第。

 とりあえず寝よう
 そんでもってまた金土と出稼ぎ行かなきゃいけない感じ。
 あの……原稿……
 ママーーーーン
 娘、売り飛ばすのはオンリー前避けて欲しいなぁ

 ま、がんばりまっしょい

我が家のせんべい布団に勝る物無 

October 30 [Sun], 2005, 23:54
出稼ぎ一段落です。
地元までたどりつけるかちと難しいですが、横浜に入ればまあなんとかなるでしょう
おうちの布団が愛おしい。どんな、ふかふか羽毛布団よりおうちの布団が気持ちよいのです
久々にぐっすり眠れるー

<b>さすらいの事務員 舞浜へ行く</b> 

October 26 [Wed], 2005, 22:50
TDLでは10月いっぱいハロウィンやってるのです。
すんごく行きたかったのだけれど、予定が駄目になったり、それから慌てて誘った人は結局平日休めなくなったりで行けなかったのです。

でも、行きたくて、行きたくて仕方なかったディズニーハロウィン。
ホーンテッドマンションではジャックが今日も楽しく暴れているはず
毎晩、出稼ぎ先の窓から見上げるシンデレラ城。

ああ、私は舞踏会には行けないのね……

そんなこんなで涙を堪えていたら、出稼ぎ先の奥さんが私に言いました。
「行ってらっしゃいよ、今から」
その、発言出たのはもう7時になろうと言う時間でした。
雇い主の方は
「うん、日付かわるまでに帰ってきてくれればいいから」
とおっしゃるので(つか、日付変わるまではアンタの作業が終わらないんだな、そうか、今日も深夜コースか……)
思い切って行っちゃいました。

ビバ!アフター6パスポート!!
……そんでもって初めてのひとりディズニー

いや、思ってたほど空しくは無かったです。
つーか私の目的はホーンテッドマンション!
ナイトメア・ビフォア・クリスマスのジャックがホーンテッドマンションを占拠したのです。もう楽しみすぎます。

そんな訳でまず景気づけに買ったのが写真のクッキー。
ジャック!ジャック!ジャック!
食べるのもったいない無いくらいカワイイですが食らいました。
ココア生地がほろ苦で美味!
堅焼きのなので少々顎が疲れますが、このどでかいクッキー食いながらファンタジーランドまで直行。
ハロウィンルックのメイドさんに案内されてうきうきハロウィンホーンテッドです

んで、その後一人で
プーさんのハニーハント乗って
ビッグサンダーマウンテン乗って
カリブの海賊に乗って×2
もっかいホーンテッドマンション行きました

堪能〜

合羽着た着ぐるみも可愛かったし、プーさんと握手したし、大変楽しゅうございました。

で、帰ってきてまだ雇い主が「もうちょっと待って〜」とか言うてるのでちょいとネットをお借りして日記を書いている次第です。

でもあのホーンテッドは本当にいいのでまた見たいなぁ
ちなみにハロウィンは10月一杯ですがホーンテッドは1月までナイトメアバージョンですぞ

一緒にいこー(力一杯誘ってみる)

<b>誰かが、私をおとしいれようとしている</b> 

October 25 [Tue], 2005, 21:33
いきなり不穏なタイトルからこんばんは。最近矢上姉妹の頭を悩ませている一言で話をはじめてみましょう。

最近、適性検査と名の付くものをいくつか受ける機会があったのだけれど、その中でかなりの頻度で出てくるのがこれ。
「おねえちゃん、どうだった?」
「何が?」
「誰かが、私をおとしいれようとしている」
「ああ、やっぱり来た」
というナゾの会話を日々交わしております。

そもそもは鳥取で妹と一緒に免許取ってる時に、K型の適性検査で出てきたこの質問が頭に残ってしまい、ホテルでずっと「誰かが、私をおとしいれようとしている」が流行語になったのがはじまりでした。

それが違う種類の適正検査でも出るものだから気になって仕方がありません。

この言い方ってある特定の個人を指しているように聞こえるんだよね。
なんか運の悪いことが続いて「神様は私が嫌いなんだぁ」とかみたいな大きなモノを指してない感じがするんですよ。
隣の席のアイツとか、毎朝駅で会うアイツとかそんな感じで特定しているような雰囲気がするんだよ。

「はい」に○はつけられんないよ、さすがに!!

でも、○したらどうなるのかがすんごく気になる。
○入れる勇気は無いけど気になる。
これだけ頻繁に出るんだから何かしらの重要な分岐になっているんだろうな。

知っている方いたら教えて欲しいなぁ。なんなんだ、一体

<B>明日雨ならば 君に手紙を書こう<br>       雨は降りそうもないけど それでも降ったら必ず書こう</b> 

October 24 [Mon], 2005, 20:32
 さすらいの事務員
 そんな称号を頂いた矢上鈴です。こんばんは。
 ここのところ、両親の知り合いのお手伝いで千葉方面に泊まり込みでお仕事に行ってました。報酬の一升瓶二本は帰ったらもう一本なくなってました。ちくしょう。
 
 そんなわけで、先日のシティは出稼ぎ先からの出動でした。朝、ご飯食べて出稼ぎ先の奥さん(料理上手)に挨拶してバスに乗ったらば!いきなり渋滞にひっかかりました。
 事故渋滞です。

 ピンチです

 とりあえずハルコさんに連絡して、先に入ってもらうことにしてバスの中でやきもきしてました。しかし、同じバスに乗っていたお嬢さん。チケットを持っていたらしく大変そうでした。
 無事、入場できたかなぁ。
 できてるといいなぁ。
 そんな事を考えながらたどり着いた国際展示場駅。ハルコマさんに連絡するともうゆっくり一般でいいと言ってくれたのでサブウェイでサンドイッチ買ってから行きました。

 会場ではずっとハルコマさんのドイツ話聞いたり、ドイツの写真見たり、ドイツ版のワンピ8巻見て奇声あげたりしてました。
 ……えっと同人誌即売会行ったんだよな?
 ハルさんのドイツの話が面白くてかなりの比重でドイツだったような……

そのあとは新宿でお友達と合流してお買い物したり、ご飯食べたり、コーヒー飲んだりしてました。
 楽しかった!!

 次は11/13「愛しき夢追い人3」です。文具です。
 楽しみー

<B>血を吐きながら 叫んでる</B> 

September 18 [Sun], 2005, 22:00
本来なら15日あたりから浮かれまくった日記が続くか、もしくはゲームの方に夢中になりすぎてすっかり日記を書かなくなるかと思ってたんだけど、どっちでも無かったよ。

15日の夜から気管支の調子が悪くなって、お布団入ってがぼがぼいいながらそれでもちくちく遊んでたら、ドアがコンコンとなりました

「おねえちゃん、平気?」

あんまり、がほがほやるので隣の部屋の妹がちろっと除きに来たようです。慌てて布団に潜る姉。

「……だいじょぶ、薬飲んだし」
咳を抑えるためもう単語しゃべりです。

「寒いなら、布団出す?」
「……だいじょぶ」

ごめんなさい、姉はDS隠すために布団にもぐりました……けど、すぐばれました。

「ゲーム、やめなよ」
「……いや」
「熱、あるんでしょ」
「……あと、ちょっと」

完全に子供化してますが、やりたかったんだよ!布団に潜ってこっそりでもやりたかったんだよ。

「……」
「だって、まだ、音声認識システム試してないんだもん」
「……で?」
「待った!って叫びたいんだもん!」
「咳のしすぎで喉切れてる奴が叫ぶな!」

……ついに怒られてDS取り上げられてしまいました。
でもお姉ちゃんは聞いていた
そのあと妹の部屋からDSトレーニングの音聞こえてきたもん!


(落ち着こう)

えっと先程返していただきました
あそんできまっす!


<追記>
逆転裁判の方のブログ12日以降書き足した分、全部下書き状態のままだったので改めて投稿で見えるようになりました。
やっぱ、熱でおかしくなってたのかなぁ。そんなケアレスミスするなんて

<追記2>
本日の脳年齢43歳 あんまり代わり映えナシ