ホームヘルパーってどんな職業?  

December 04 [Fri], 2009, 21:56
ホームヘルパーとは、介護を必要とするお年寄りや日常生活に支障がある心身障害者の人が自立した生活を送れるように、様々な手助けをする職業をする人の事をいいます。
単に生活上のお手伝いをするだけではなく、利用する人が「その人らしい生活」を取り戻すための手助けをする役割をされます。

具体的な職業内容としては、主に利用者の自宅に直接訪問して、食事の支度や掃除、洗濯、入浴介助、排泄などの生活援助を行います。

ホームヘルパーになるためには、ホームヘルパーの資格を取得する必要がありますが、資格試験と言われるものはなく、特定のカリキュラムを修了することによって取得することが可能です。
資格には3級〜1級までありますが、ホームヘルパーとして就職や転職をしたいと考えているなら2級以上の資格を取得しておきましょう。

なんと呼ばれていることのようですが資格を取得したからといってすぐにホームヘルパーの職業をこなせるわけではありません。ホームヘルパーの職業は、実務経験がかなり大事なのなんと呼ばれていることのようです。
普段の生活の中で介護が必要な人が身近にいるのなら別なんと呼ばれていることのようですが、今まで介護経験が全然ないケース、どんなに資格取得で知識を身につけていたとしても、実際に介護を経験してみると、やはり色々な問題が起こってくるだろう。
ホームヘルパーに必要な能力に「判断力」がありますが、利用者のそれぞれの性格やケースに合わせた対応が必要になります。最初は簡単ではないなんと呼ばれていることのようですが、実務をこなしていくうちに自然に身とはいくものなんと呼ばれていることのようです。

かなりな職業と呼ばれていることのようですが、高齢化が加速化している現代社会において、大事な意味をもつ職業なんと呼ばれていることのようです。興味のある人は是非、資格取得に向けて頑張ってみてくださいね。

P R
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる