愛理で会沢

July 31 [Sun], 2016, 21:43
看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。看護師の職は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、やっぱり、労働組合のようなものがなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇用する側の人達がちゃんと考えてくれることが大事だというのは当然の事実です。あまり意識されたことは無いかもしれませんが、看護師にもそれぞれ階級があります。高い階級から言うと、ほとんどの病院では看護部長や総看護師長がトップにあたります。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ病院に長期間勤務して実績を積むなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。もちろん、階級が上がればその分、高い収入を見込めます。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。では、退職金についてはどうなっているかといえば、公的医療機関であれば、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。翻って個人病院の状況ですが、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。免許が必要な専門職である看護師は、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。結婚や引っ越しといったような個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。でないと、職場を変えるのは難しくなるでしょう。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。職業上、看護師という立場では煙草を吸う人が減っているように思います。実際のところ、そのイメージ通りに喫煙率は平均より少ないようですね。医療施設で働く職業上、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、自主的に禁煙している人が少なくない様子が理解できると思います。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、大変に感動したりします。生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。看護師だった知人は、病気を治療するため一度看護師を辞めています。でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。ブランクがあっても、役に立つ資格があったら比較的簡単に職に復帰できるんですよね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。日夜、病院で働く看護師は休日がどのようになっているのか気になりますよね。実際には本人が働いている医療機関で各自違うようです。特に、3交代の勤務体系で行われていると、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日出勤や平日休みも珍しくありません。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、どうしても転職率も高い数値になります。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。看護師の求人に特化した転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを一緒に活用することをお勧めします。働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事を選べたりもする、等々があえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。働く期間も様々で、単発、短期、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、もし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。いきなり緊急手術が行われたり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、目が回るほど立ち働くことになります。公務員と看護師を両立する方法は、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。そもそも、看護師は専門職で長く勤務することが出来る安定した業種で希望者が多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば安定性は確実です。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的なメリットです。たくさんの人と出会える街コンですがこれに参加を申し込む看護師は多数います。職場では女性が多数で、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。けれども、もし、恋人同士になれたとしても、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結果として、破局、ということもままあるようです。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち日常的に使用されています。このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残ってよく使われ、親しまれている用語です。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、たくさんの覚えなけばいけない事や繰り返しのチェックなど常に緊張を強いられる状態なのです。そのため、うつ病を患う看護師も少なくないそうです。看護師の中でも特に、真面目で責任感があるというようなタイプや、ストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ただ、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意しなければなりません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと非常勤でなく、正職員として働いているような安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。しかし、昨今では、少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのはなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。病院などで看護師という仕事に就いていると、当然のようにやめたいと思うことも少なからずあることと思います。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。しかしながら、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいという風に思う日も多いです。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。一口に看護師と言っても、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は、看護師にとって他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。また、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、知識を深められるでしょう。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、モチベーションが上げられると言われています。免許が必要な専門職である看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。最近スマホやPCで閲覧可能となっている専門的に看護師の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。大きな総合病院と町医者を比較すれば、収入に差が出てしまいます。これらの事を考慮すると、一口に看護師といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、仕事上での必要性や重要度は大変高く、意義の感じられる仕事です。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、シフトを組んで交代でこなしていきます。夜勤業務があるので、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。昔の看護師といえば、大多数が女性でした。でも、今では看護師という名前も定着して、男性の看護師も珍しくなくなりました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。社会に出たばかりの新卒看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、労働者が新人かどうかは別の話で労働に関する法律に、明らかに違反しています。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、手当として支払われなければなりません。現在わが国では、EPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。就労と日本語の勉強とあわせて、国家試験対策をしなければならず、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。転職活動の場面においては、ご存じのとおり、たとえ看護師であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けなければならないことがあります。注意すべきこと、それはその履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような意欲溢れる動機がベターでしょう。病棟勤務の看護師は病院によりますが、2交代制か3交代制でもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。なくてはならない夜勤業務ですが、医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、そうやって人がいなくなった夜中に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量はおそらく日勤を超えるでしょう。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、こうして二種の字で表せます。過去には「看護士」が男性、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナナミ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oplee5sfmfthoi/index1_0.rdf