その昔ごく一部の裕福な人々のものだったかにも今やちょ

November 09 [Mon], 2015, 22:04
その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。


お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりすることも珍しくありませんでした。


多少の違いは許容範囲のうちですが、あまり質が落ちると業者への不満も大聞くなります。


せっかくのかにとの時間をリスクなしで精一杯楽しむためにも、失敗を軽減するには周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りにこれと思ったおみせをピックアップします。


今度こそ、最高のかにが味わえるはずです。


ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役たつ可能性があります。


参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。


ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。


甲羅側が下、おなか側が上になるように蟹を置きます。


そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、おなかの三角形の部分を引き剥がします。


割と簡単に剥がれます。


次いで、包丁の手元の部分を使い、おなかのセンターに切れ込みを入れます。


腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。


ここはおもったより力が要ります。


この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。


甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。


最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくのが上手な調理の仕方です。


今、食べられるかにの中で、一押しはどのかにかとよく言われます。


活け蟹をお薦めして、はずしたことはありません。


紅ズワイガニは、産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)が直接かにの名前になるという地域で有名なかにばかりで、松葉ガニ(兵庫県や京都府、島根県や鳥取県で水揚げされた活け蟹のことですが、その港によって別名を付けてさらなるブランド化を図っていることも珍しくありません)だの、越前ガニだの地域の名がつくようなズワイガニは、味の保証が出来ます。


お値段高めはご容赦いただいて、沿うしたブランドのかには味噌も美味しいのです。


かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。


一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。


海水より濃くな幾らいで、1%を超えない濃度くらいがベストです。


丸ごと茹でられな幾らい立派なかにだったら鍋に入る大きさに分けて鍋からはみ出さないように茹でた方が良いです。


そして、茹でる前に全体の汚れを落とすときれいな状態で食卓に乗せられます。


モズクガニというといかにも安沿うな名前ですが、何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。


上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。


多くは、成体で170から180グラムになると言われているのです。


そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。


昔から日本で多くみられ、食用としてよく使われています。


直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道が一番よく知られているでしょう。


実は、それにはわけがあって、国内で毛蟹が水揚げされているのは、全て北海道なのです。


それ以外のかにの産地(実際にその土地に足を運んで、その場で食べるというのが最も美味しいでしょう)はどこでしょうか。


他の種類が獲れることで知られた場所があることでしょう。


有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニ(兵庫県や京都府、島根県や鳥取県で水揚げされたセコガニのことですが、その港によって別名を付けてさらなるブランド化を図っていることも珍しくありません)というブランドがあるくらい鳥取産が美味しいことで知られています。


セコガニとはズワイガニの雌のことです。


土地土地で違いがあり、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。


オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。


逆に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。


しかし、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、一般的には、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。


通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。


かに通販といえば、ちょっと前まではどうも鮮度が、といわれるばかりでした。


今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。


流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、市場で買って店舗に並べるのと変わらない品が通販で売られ、味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。


とは言え、どの通販も全て良心的な買い物が可能だとは限りませんので、購入先は信頼の置けるところにして下さい。


蟹通販に興味をお持ちの皆様へ。


多くの商品がある中で、私が自信を持って皆様にオススメする種類は、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。


確かに活きた蟹はもちろん冷凍より鮮度がいいのですが、新鮮さでは右に出るものはありませんが、一方でそこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことが出来ません。


また、慣れていない人が蟹を茹でるのは手を出すのはむずかしい部分もありますので、悪いことは言わないものですから、ボイル済の蟹を買うのが賢い蟹通販の使い方なのです。


花咲がには、幻のかにとして知られています。


根室に近い、花咲近辺が主な漁場のかにのようでかにではなく、実はヤドカリというべきです。


しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにの一種と言うことで一般に扱われています。


身は引き締まって濃い味わい、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

http://xn--mckubxbs8js99rol1b.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆたか
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/opjnqdt763402/index1_0.rdf