家シャマ習作 

April 30 [Sun], 2006, 12:20
「街の灯りが〜とても綺麗ねヨ・コ・ハ・マー」
 少し酒が入って上機嫌なのだろう。
 風に当たると言って、潮騒の聞こえる外のテラスに肘をつけながら、月の光の下でさざめく波を見ていた男が、そんなメロディを紡ぎだす。
「…ジャポネの曲ですか」
 うっかり後を追ってしまったゆえに、その曲を聞かされてしまった青年が、仕方なく口を開いた。
「んー。そうそう。本当は横浜で歌いたいところだが、生憎ヴェネツィアだぜぇ」
「…まあイタリアですから、仕方ないと思いますがね」
 青年はゆるく息を吐いて、手にしたグラスを差し出す。
「水ならいらねぇぞ。…何しろ、酔ってないからな」
 十分に呑んでいたはずなのに男はそんな事を言う。
 いくつかの予測していた選択肢にぴたりとはまった答えを聞き、青年は肩を竦めた。
「…そうでしょうとも。だからシャンパン」
「おう、合格点だ。シャマル」
 男はニヤッと笑って、シトリンを溶かしたような色合いの炭酸酒に手を伸ばした。細かく泡の立った液体がその喉に流し込まれる。
「はるか東には、100万ドルの夜の海があるのよ」
「ヨコハマ?」
「…だけじゃねぇよ。香港も。上海も。神戸も。かの大国アメリカにもサンフランシスコがあるが、俺はあの歌謡曲が似合うハマの風景の方が性に合う。シャマルも行くといい」
「あなたが行けと言えば、おれには拒否権なんてないでしょうに」
 多分自分の命の価値すら、今はこの男の掌に。

山本受 ボツバージョン 

March 17 [Fri], 2006, 13:23
 陽の高いうちはゆるゆる身体を温めて、気の向いた授業だけは寝ずに聞いている。
 好きだった部活はきっぱり辞めた。
 料理をする人間になれと、両親はそれとなく道を勧めてくるけれど、正直未来のビジョンは曖昧だ。
 終業のベルが鳴った後は、カバンをひっ掴んで足早に学校を後にする。
 午後五時の店の開店まであと一時間。
 人ごみの生ぬるい空気を掻き分けて、深い深い所にある地下鉄の新しい駅から一番最初に来た電車に飛び乗り少しの間、つり革に掴まり目を閉じて休む。
 もう一度地上に戻れば、暮色に染まり始めたその街は、異国のように雑多な人種が集う、場所。

 ネクタイを緩めて山本武は、従業員ロッカーに荷物を放り込むと、ハンガーに掛かった糊のきいた白いシャツに袖を通した。

獄ツナ獄書き散らし 

March 15 [Wed], 2006, 15:23
 引き金を引くその手がいつでも少し震えていること、本当は知っているのに。

「僕はね」
 闇の中光る目であなたは言う。
「…臆病だから怖いんだ」
 窓の外、滲んだテールランプの光が時折流れ込むこの部屋で。
「あなたの事、臆病者だなんて言う人間なんて、もうどこにもいませんよ」
「…でも!」
 あなたは震える。
 震えて自分の肩を抱く。
「まだ夢に見るよ。僕がここに来たばかりの時の事。僕があの人の次だと知った時のみんなの目。…冷たい、冷たい氷のようだった。みんな…みんな!」
 揺らぐ瞳の光は水面にも似て。
 不安定な黒い影が虹彩の奥にしみを作る。
 まただ。
 あなたの嵐の予兆。
 あなたの事、何一つ疑ってなどいはしないのに。
「僕のために引き金、引いて」
 差し出された鉄の塊は、あなたが握り締めていた時間だけあたたかく。
「獄寺くん」
 あなたは微笑む。
「さようなら」
 さようなら。

祝・連載表紙!!! パート1 

March 06 [Mon], 2006, 16:46
<IMによる対話集>

ようこそ!! 萌と妄想の集積所へ!
ひどい内容なので、強心剤を打ってから次へどうぞ。

染橋: 何か色々考えてはみたんだけど、どうも…例の本のコピー…R-18だし、おっさんばっかだし。
八枷: うーん。そうねー。今の案だとおっさん!! っつーのが伝わってこない。
染橋: ウホッ。…だよね。もっとクサいのしようかな。チラシのイメージが黒×金でいいんだよね?
八枷: そうそう。豪華だと思わない? 銀よりかは今回は金かなーとは言ったはず。
染橋: OKOK
八枷: 黒・赤・金…てイメージ>おっさんたち。(落ち着きのないおっさんたちだー!!)
染橋: 爆笑。確かに落ち着きはない。皆無。
八枷: 爆笑>皆無
染橋: 試しに黒と金でシミュレーションしてみない?
八枷: おお!!なんかやってみたけど、ごーじゃす!!!
染橋: おおおおおおおおお。じゃあそれに相応しいものを考えるよ。まあそれはそれとして。
八枷: うん。
染橋: 始めますかね。さっきモカ先生から「ネタバレすごすぎでまっすぐに歩けない」と入電が。
八枷: はははは。あたしには、半分意味不明の遺言のようなメール来たよ。
染橋: 爆笑。いやしかし、気持ちは分かる。
八枷: うん。まずは、なんといっても表紙ですな。
染橋: 表紙!! これ、事前準備がなかったら、月曜朝コンビニで倒れてた(笑)。
八枷: うん。
染橋: 表紙、初めてじゃない?
八枷: そうやね。そういえば。
染橋: 新連載の時も表紙じゃなかった。リボだけ下の方にちまっといた記憶が…。
八枷: そうかもしんない。
染橋: とすれば、連載2年での大躍進ですよ!!! 素直に嬉しいよー。
八枷: うん。
染橋: でででも、私たちが語るべきはそこじゃない!!!
八枷: そうですよ!! スモーキンナースですよ!! 爆笑。
染橋: 爆笑。

祝・連載表紙!!! パート2 

March 06 [Mon], 2006, 16:13
続き

八枷: 本当に注射器だな。
染橋: 某所の感想だよね?
八枷: そうそう。ダイナマイトが注射器に見えるっつー…
染橋: みみみえます(動揺中)。
八枷: 片目はつぶってるのが正解だったのね。
染橋: お注射のお時間ですーはぁと☆ミ(ウィンクつき)ってポーズだよね。ますます。
八枷: 激しく同意。
染橋: おかしいべ? 獄、おかしいよ! 同人仕様だよ!!
八枷: 落ち着いて!!染さん!!
染橋: だだだってー! この表紙おかしいよ!!!
八枷: 確かにおかしい。こんな同人誌ありそうだもん。
染橋: あるあるあるあるー×100
八枷: 鬱は、もう、コレ人を殺した目だな。
染橋: 殺してる!
八枷: 目が鬱っぽくなって…(嬉しいよ。おばたん)
染橋: ねー。そんで了平がカッコ良くなって!
八枷: うん。カッコ良かった。びっくりした!
染橋: 先週から株急上昇ですよ。そんで雲雀。ひばりんホント美人に仕上がってる。いつも
八枷: そうね〜。崩れることがないね。(ずるいわ!!)
染橋: つかさ、鬱より幼いよね、顔が。そんで表紙のキャッチコピーネタ。僕たちは、ファミリー! この5人の中で一人称「僕」は雲雀様だけ! ゆえにこの台詞は雲雀様のモノ!! 群れるの嫌いだけど目立つのはお好きそうです。
八枷: 雲雀様らしいです。あーしかし、1巻の頃の山本は、まだ中学生の匂いはしてたな。
染橋: 今は…遠い目。
八枷: (´-ω-`)
八枷: でもでも、当時かなり適当に描かれていた隼人は、こんなに美人に!!
染橋: ソソソソウヨ!! ツナもかわいくなってるよね。
八枷: ツナはかわいくなった!! ハイパーモードでお目目が大きくなってるときは、めっさかわいいです。
染橋: いい感じにかわいいよねー。KOFのケンスウとか思い出しちゃったもの。
八枷: おぁぁあああ!! なつかすぃーーー!!!
染橋: いや、あの子も割と身軽な感じの技使ってたから被ったよ。まあそしてビッチちゃん…ビッチちゃんはこれどうなの?

祝・連載表紙!!! パート3 

March 06 [Mon], 2006, 16:06
続き

八枷: いや、どうもこうも………
染橋: なんかこのエロさは何から醸し出されてんの?
八枷: え?ますます893な高校生になった山本に抱かれてるとか、外道の医者に意地悪されながら抱かれてるからじゃないの?(真剣)
染橋: そうだよねぇ。孕まされる寸前だろうね…(真剣)。
八枷: 孕んだら、むりやり手突っ込んで下されるだろ。
染橋: ギャース!
八枷: ギャース!
染橋: 世の男の子たちは獄カッコイイとか思うの? このカラーを見てさ?
八枷: いや、かっこいいっつーよりかは、つかえねーギャグキャラでしょ? 憧れの対象からいくと、どう考えても、山本でしょ?
染橋: 山本は、わかる。だってあからさまにかっこいいもん。男の子が何を思うのか知りたいよ。
八枷: ほら、高校生の世論調査で「勉強が良く出来る」よりかは「クラスの人気者になりたい」とでたらしいから、獄よりかは山本だよ。
染橋: いやさ、獄はあの獄寺クオリティとさ。カラーと本編での落差が激しいじゃん。
八枷: その点は、アマーノが何を考えているのか知りたいわ。
染橋: まあ前回1位の貫禄の、フェロモン光線なのかしらねー。表紙だけでおなかいっぱいになりそうだけど、まあ次に行きましょうや。
八枷: そうね
染橋: カラーの新キャラですが、悪やまもとって感じだよね?
八枷: ぎゃー!そんな事言ったら、また、あらぬ方向に妄想特急発車しちゃいますよ!!
染橋: いや、でも私そう思ったのよ! 例えるなら、もっさんがジェダイじゃなくなったらコレじゃね? みたいな。
八枷: 爆笑。言えてるーーー! あなた、良い事言った。
染橋: つよしの隠し子だったらかなりのエスパー配当が貰えそう。
八枷: てか、武自体が違うかもよ…?
染橋: 武がつよしの本当の子供じゃない?
八枷: そうそう。ボンゴレで作られた子(また、このネタか……ごめん)
染橋: 武までアルコになっちゃうんだ(爆笑)!!
八枷: 爆笑。そうなるねー。わお。新しい発想だよ。武がボンゴレ関係者。
染橋: あーでももしそうなら、リボがやまもとの肩が好きなのも納得。
八枷: おおおおお!(゜∀゜)
染橋: おにいちゃんに当たる実験体になるもんねー。

祝・連載表紙!!! パート4 

March 06 [Mon], 2006, 16:04
続き

八枷: それか、この、なんだっけ、この集団名。
染橋: ヴァリアーね。
八枷: おお。そのヴァリアーの頭になるのかな? この新キャラ。
染橋: うん。ツナ以外のボンゴレ候補でしょ。
八枷: ヴァリアー頭の位置にさーこの新キャラと武が出てきて、問題になるから、こっそり、つよしが日本につれてきて、自分の息子として育てた……とか。
染橋: 爆笑。
八枷: わらうなーーー!!!
染橋: 壮大なサーガになってる!
八枷: 。゚(゚´Д`゚)゚。えーーー。妄想超特急速度速めてきたよ!!
染橋: いやいや、夢はでっかく持っとくべきだよ!! だって次のページのカラー!!!
八枷: 先日も語った、歌舞伎町の女王争奪戦。実現しちゃってるからねー!
染橋: 本当に先生×生徒シリーズキター!
八枷: うん。雲雀さまのガクランは、相変らず接着剤で止めてあるかのごとく落ちませんね! 笑。
染橋: これから数週間はこのシリーズで楽しめるね。
八枷: そうね。でも、今の話の流れから言って、隼人とセンセーはちょっと先っぽいよね。センセーにまず出陣願わなきゃならないし
染橋: そうなのよね。となると先生ピンの扉絵の回とかあんのかなぁ。てんてーに土下座するのであれば、その回が隼人とてんてーな気がするけど。
八枷: あの流れからいくと、土下座イベントはなさそうだよね。また、「しょうがないよね。」でシャマルが流されると見た!
染橋: わぁ! ビッチ発動! それで許されてしまう隼人!
八枷: 家光がバックに居るから、シャマルも無視できませんわよ。本当に愛されてます。隼人。この辺が、アマーノの愛なのかしら?
染橋: ああ、家光にも食べられてるのはオフィシャルでいい? いい?
八枷: え?ちがうの??(しれっ)メポンには悪いが家光=9代目でしょ。…まあ、影武者でもいいよ。どちらにしても、隼人の前ボスだよ。
染橋: 家獄とかさー、リアルにツナと獄一緒だからさー、デカチビでも相当だよね。30歳近く離れてんの(笑)。
八枷: 30くらいたいしたことないでしょ? ビッチさまにとって。きっと40も50も離れたおっさんにかわいがられてきたんだろうし。
染橋: しかも息子はすっごい可愛がってるくせに、ビッチにはエロを強要するみったん…
八枷: 萌え…ねぇ??(どきどき)
染橋: モエモエです。なんつーか、セックスする時に、みったんは獄に自分の息子のことを言ったりとかしそうー。

祝・連載表紙!!! パート5 

March 06 [Mon], 2006, 16:02
続き

八枷: たとえば?
染橋: んー? 自分の息子は可愛いけど、お前はホント、淫乱で仕方ないな! みたいな。
八枷: ぎゃーーー(鼻血)!
染橋: ツナは可愛いけど、お前は性欲処理以外の事は出来ないだろうからダメな子! とか言いながら奉仕させたりとかして。あるいは、同い年のツナはママ似なので獄にツナを重ねて(まあツナ=ナナさんだけど)置き換えセックスだな…って、最低な大人ですね。
八枷: 私たちがな。
染橋: ズガーン! まあ獄はみったんに手荒く扱われるがいいよ。
八枷: 扱われるがいい!!
染橋: なんかおっさんよりも酷そうな気がする。おっさんはなんだかんだで獄に甘いもの。原作。
八枷: そうね。おっさんと獄は似たもの同士だから傷の舐めあいっぽいのかな。
染橋: どうだろ。まあ少なくともおっさんは獄に対して何らかの執着はあると思うな。みったんは服従しか求めなさそう。
八枷: おおお。シャマに対しても、みったんは同じですな。
染橋: 同じ。ただシャマは、みったんが自分を地獄から救ってくれた事に対しての恩義で服従してそうだけどね。
八枷: おお。そういえばそんな俺様設定だったね。
染橋: あ、脳内定義って書くの忘れた(笑)。
八枷: もう、オフィシャルのように語ってますね。
染橋: 夢はでっかく…(またか)。
八枷: さてさて、まだ、2pしか進んでないよ!
染橋: そうね。かいつまんで行こうね。
八枷: ツナさまは、まあ、ジャンプのお約束ですが、最強の初代様の血を受け継いだようですなこれって、ナルト…
染橋: ワワワオ! そうねー、まあみにくいアヒルの子展開ですね。
八枷: そうね。てか、一つ妄想投下していい?
染橋: うん。
八枷: リボこそさ、骸みたいに、今までの記憶を全部持ってきて生まれてきてるんじゃないのかしら…なので、初代の時ももちろん存在していた。
染橋: おおお。
八枷: いや、本当は、1歳のアノ体のまま、何百年生きてる…と言おうと思ったのだが、シャマが取り上げてるからね。

祝・連載表紙!!! パート6 

March 06 [Mon], 2006, 15:56
続き

染橋: そそそうだった>記憶の彼方。
八枷: てか、ぶっちゃけ、そういうことにしておかないと、時間軸おかしい。でもさ、何百年とはいわなくても、すでに何年かは生きてる気がする。シャマの取り上げた時もさ、医者になりたての頃だっとしたら、俺様設定的には10年は生きてる感じに………そのくらいあれば、ディノも十分育つ!
染橋: まさに呪われた赤ん坊…ピノコ!!!
八枷: そうそう。そんな感じ
染橋: どうなんだろ。なんかこの先何かあるかもねー。そしてツナトレーニングの後は歌舞伎町ですよ!
八枷: 本当に美人が画面いっぱいに広がるといいもんだねぁ〜
染橋: ひばりん、細い! やっぱ兄と並ぶと成熟してないのが分る。
八枷: そうそう。中学生っぽいよね!
染橋: デ、私はこのディノヒバの最中に出てくるロマーリオに釘付けでしたYO! やっぱ出てくるんだーと思って。
八枷: あたいもー!! ロマーリオ!! ファンクラブ会長。
染橋: なんか手にコーヒーとか持ってない?
八枷: うん
染橋: 一服? それとも兄にあげんのかな?
八枷: コーヒー飲みながら見守ってるんでしょ。やっぱ。
染橋: すごいなー。このお花全開画面にさながら寿司のガリのように添えられるロマーリオ
八枷: 大爆笑>ガリ
染橋: いやだってそうでしょー。
八枷: まあ、ほら、彼いないと、うっかり雲雀もカレのドジに巻き込まれてギャグになったら大変!!
染橋: 存在を常にアピールしとかんとね。しかしディノヒバ戦闘シーンは長いね。
八枷: 愛を感じます……
染橋: そのせいで次の武が削られてる(笑)
八枷: 武は次週じゃね?
染橋: つかさ、あさり組ってどうなの?
八枷: 剣道道場とはいえないなー。どう見てもアレですよね。
染橋: ドコの組の道場なの!?
八枷: ねー。何を考えているのやら…
染橋: どう好意的に見てもあの提灯はアレだから
八枷: 笑。しかし…しかしだよ!! この、つよしのまさに殺人鬼のような人斬りのような鬼気迫る眼差しをみたら、組の道場としか思えない!
染橋: ねぇ?
八枷: まじ、怖いよ。

祝・連載表紙!!! パート7 

March 06 [Mon], 2006, 15:54
続き

染橋: まさに殴者の世界なんですけど!
八枷: 任侠だよ!
染橋: このおっちゃんは武を野球少年に育てたかったわけじゃないんかい!
八枷: ココまできたら、本当に押入れから村雨出てきそうで怖い・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル
染橋: つか、この道場にありそうじゃね?
八枷: うん。下っ端がさ「兄ぃ。お持ちしやした!」とか恭しく持ってきそうだ。
染橋: クス。そうね。もっさんがつよしに一太刀浴びせたら、そこで組の大親分とか出てきそうだよね。
八枷: 爆笑。飛天御剣………
染橋: 爆笑
八枷: だが、この正気じゃない眼差しのつよしに教えられた武は、もう本当に893から帰ってこれなくなるね………
染橋: う、うん…しかし胴衣姿のもっさんはかわいいねー! 似合うねー!
八枷: そうそう! 中学生に見えるよね。
染橋: うん。立派な人斬りになれYO!
八枷: なるよ。だってつよし言ってるじゃない! 「父ちゃんは持つ剣技のすべてを、おまえに叩き込むつもりだ」って。
染橋: か、可哀想にもっさん…もう戻れないのね…あたしこんな言葉しか掛けられない。
八枷: 本当だよ。
八枷: やっぱり、野球は諦めて、イタリア行って隼人とアミーゴしてください。
染橋: 鬱+剣技ってさー、ホント凶悪な組み合わせだよ!
八枷: 沖田………
染橋: 沖田同意。そして一転了平とコロたん! ピヨピヨしててかわいいねぇ!!
八枷: うん。しかし、みったんも言っておりますが、アルコバレーノっつーのは恐ろしいのね。
染橋: アルコは特別なんだよね。
八枷: うん。やっぱり呪われた赤子たちは、まだまだこれから萌話ありそうだ。
染橋: つか、2週続けてコロたんの活躍が見られるのは、何かの夢のようだよ。
八枷: かわいい…コロ………
染橋: ほっぺがかわいいんだよね。ほっぺプニプニなのに三白眼。
八枷: リボのピンチをかぎつけてやってくるあたり、実験場時代は仲だ良かったのかね(また、当然のごとく俺様設定をもちだしてます)。
染橋: でしょうな。この勢いに乗って、スカとかも出てくるといいね。
八枷: うん。ヴェルデに会いたいよ。
染橋: あと前から言ってた、女の子のアルコとかさ。ヴァリアー側にいたりして。
八枷: あー。おもしろいかもねー。
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:opium_plus
読者になる
Yapme!一覧
読者になる