乾燥対策いろいろ

February 19 [Tue], 2013, 11:39
美肌になりたい女子に美容液ファンデーション



冬のお肌の大敵とまで称される乾燥を防ぐには、何をしたら良いでしょうか。
まずはじめに部屋の中の湿度調整を行って、お部屋に潤いを持たせるようにしましょう。
加湿器を使って乾燥を防ぐ方法も一つですが、濡れタオルを一枚かけておくだけであっさり加湿の効果が期待できます。
乾燥してしまった肌に潤いを戻すには保湿ケアが重要なのですが、どのようにして保湿を行えば良いでしょうか。

肌を保湿させたい時はただただ水分を与えるだけでOKというのではなく、保湿成分が備わったクリームや乳液を取り入れます。
乾燥肌をしっかり防ぐには、肌に化粧水をつけたらその後にクリームや乳液などを使って肌のバリア層を作る必要があります。
保湿効果が期待できる成分として、セラミドやヒアルロン酸などが有名です。

セラミドは優れた保湿効果を備えているのですが、難点なのが高めの値段になっていることです。
ですがヒアルロン酸は、セラミドより良心的な価格で同じ程度の保湿効果が望めます。


足の乾燥を防ぐ場合も同じで、お風呂から上がった後には保湿クリームを用いて角質を柔らかくするというケアが重要です。
乾燥肌を効率良く防ぐためには、こういった形でしつこいくらいに保湿をしていくことが第一と言うことができます。
保湿をおろそかにすると、とりわけ冬のシーズンはたちまち乾燥してしまうはずです。

煩雑さが伴うという部分もあるでしょうが、乾燥肌を防ぐためにも徹底した保湿が重要なのです。


寒くなると、肌の乾燥を感じるという方も少なくないでしょう。
12月〜2月の寒さの厳しい時期には目立って空気も乾燥状態になり、当然お肌も乾燥しやすくなります。
大気中の湿度も下がりますが、室内であっても暖房やストーブをはじめとするものを運転させることによって余計に乾燥を招きます。

肌を過剰に洗ってしまうことで乾燥肌を発せさせてしまう場合もあります。
冬はせっけんで毎日洗わなくても構わず、ぬるま湯で手早く洗い流すだけでもしっかりと汚れは落ちるのです。
せっけんを使用する場合には、十分に泡立ててからゴシゴシするのではなく泡を使って洗うようにしましょう。
洗顔を行った後には十分な化粧水をつけて、不足のない保湿を行わなくてはいけません。
体の中から乾燥を防ぐ対策として、コラーゲンやビタミンCないしAといった要素を取り込むというものがあります。
緑黄色野菜や果物、そして海藻類などにもたっぷりと含まれているので、どんどん摂取することで乾燥を防ぐのに期待できます。
うなぎ、鮭、ししゃもなどの魚にもたくさん含まれているため、乾燥を引き起こしやすい冬場には進んで食べるようにするのが良いでしょう。


ヒアルロン酸を配合した化粧品はお店にも数多く売られているので、一度使用してみてはいかがでしょうか。
冬場の寒い時期には格段に手足や指先などの部分が乾燥することがあるため、手足の乾燥もきちんと防ぐことが大切です。
手は冷水にさらされたり、水仕事に従事することによって乾燥をもたらします。

ゴム手袋を使用したり、肌への負担が少ない洗浄剤を選ぶなどして防止することが要求されます。
手が水に濡れた後は常に保湿をするのが大事なため、保湿クリームをこまめにつけるようにしましょう。
冬場に起こる乾燥は普段の暮らしを少し見直してみるだけで防ぐことも望めるので、ひどい状態になる前に対処するようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iibsh
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ophnsj/index1_0.rdf