2005年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:openheart
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
断然開襟シャツでしょう! / 2005年06月11日(土)
今年の夏、大人の男のファッションのキーワードは「クールビズ」。
以前さっぱりだった「省エネスーツ」はあまりにもトホホなデザインでさっぱり流行りませんでしたが、「クールビズ」は「夏向けの涼しいビジネス服」という大雑把な定義しかしてないところがポイント。Javaでいうならインターフェースだけ決めて、あとは好きに実装してねという勢い。
つまり、パッと見カジュアル過ぎなければなんでもありありなのです。

そこで私のオススメは断然「開襟シャツ」です!それも白。以外は却下。
着て涼しく、見た目にも爽やか、どこかレトロでいなせな男の夏服、白の開襟シャツ。これです。
カンカン帽をかぶって、手に扇子をもてば、あなたもいきなりモダンボーイ!

社会の教科書で、街中(多分銀座)で扇子を仰ぎつつ楽しげに語らう昭和初めの伊達男達の写真を見て以来ずっと、ン十年来の開襟シャツファンな私です。
プライベートではもちろん白の開襟シャツにチノパンや麻パンですが、ここへきてとうとう!
大手を振って開襟シャツで出社できるときがきたのです。(感涙)
今年の夏は白の開襟シャツでビヤ・ホールに繰り出し、景気回復を祈念してエールをあげようではありませんか!!

とはいえ、探してみると、まともな白の開襟シャツはなかなかないもの。
私のお気に入りを紹介しましょう。
その名も「高原シャツ」。
例の社会の教科書の時代、「白の高原シャツ」として一世を風靡したブランドです。
作っているのはフレックス・ジャパンという国内メーカー。
昨今市場を席捲する中国製とは一味も二味も違う仕立てのよさ。
一度着れば病み付きになりますよ。
毎年、夏にはセゾンの通販サイトで取り扱いがありますが、今年はまだのようですね。
今からチェックしておいて取り扱いが始まったら、買い足さなくては。
 
   
Posted at 00:30 / 雑感 / この記事のURL
コメント(0)
Velocityで「抜く」 with VeloGUI / 2004年09月20日(月)
Jakarta Velocityは本物ですね。
長年コンピュータを触ってると「本物」に出会ったとき、心のどこかにあったとげが「スコーン」と抜けたような爽快感を感じます。
Velocityでは、おもいっきりいい音で抜けました。(ほかに最近「抜けた」のは、Spring、Hibernateなど)
シンプルなんですけど、htmlは当然として、SQL、XML、FAX・メール定型文からスタンドアローンアプリの表示作成まで、およそJava上でテキストを扱うことに関してはVelocityほどラクなものはありません。
要件がどんどん高度化し、またプロジェクト途上にも次々と変わる中(「変化を抱擁せよ」)、短納期化の要求がますます強くなる昨今、WebならVelocityでええやん!と思います。
JSFが来る!と言う話もありますが、あれはWeb限定の話ではない(現在の実装はJSPタグのみですが)ので。もうちょっとリッチクライアント方面の実装系が出てきてからかな、とも思います。現在のJSPベースのものだと、他の技術と混在して使うとトラブルのもとらしいですし。
将来リッチ系にいく可能性があるなら、なおのこと現在のWeb作成はVelocityで手際よくやるべきです。
 
   
Posted at 11:40 / Java / この記事のURL
コメント(0)
(続)Velocityで抜く with VeloGUI / 2004年09月20日(月)
母数が少ないので信頼度はイマイチですが、Strutsベースの開発で、HTMLならなんとか書けるといったレベルの人が、一人で動的部分を含むページを作成できるようになるには、Velocityならほぼ半日勉強すれば充分ですが、JSP+Strutsタグなら三日、JSTLまで含むと五日はかかります。
しかも、JSP+Strutsタグ等だと勉強期間を終えてからもマニュアルと首っ引きにならねばならないのに対し、Velocityだとほぼ何も見ずに組めてしまう。
JSPで画面をプレビューしながら開発するには有償のツールが必要なところ、ほぼHTMLのまであるVelocityなら無償のNetscape Composerで充分。
また、テスト時、JSPは手直しするごとにリコンパイルで時間がかかるの対し、Velocityなら一瞬で再表示。
さらに、本稼動時においても、VelocityのパフォーマンスはJSPのほぼ二倍にも及ぶ(R.ジョンソン「実践J2EEシステム開発」調べ)
画面が増えれば増えるほど、開発人員が増えれば増えるほどその差は大きくなっていきます。
もう

What are you waiting for?!

という感じですね。
また最近、Velocity開発を強力にサポートしてくれそうなツールを発見しました。
その名はVeloGUI。JavaコードとVelocityをGUI画面上でマージして、出力イメージを見せてくれるツールです。
これについては、ホームページに書いて見ましたので、興味をもたれた方は参照ください。
 
   
Posted at 11:39 / Java / この記事のURL
コメント(0)
ホテリアー / 2004年09月20日(月)
とうとう終わっちゃいましたね、ホテリアー。
ヨン様ことぺ・ヨンジュン出演の「韓流」ドラマです。
関西では、読売テレビで八月から放映してました。(一日二話分の放送はちょっと・・・)
その他の地域の人は10月からのお楽しみですね。
途中?な展開もありましたが、最終回は泣きました。
これから見る人のため詳しくは書きませんが、ジニョンのPCが壊れてる設定は、ああいう風に効いてくるんですねー。うーん。
それにしても、オ・マネージャーって・・・
という風に書くに書けないから、日テレ系各局は放映スケジュールをあわせてね。
来週は字幕版での名場面集。ヨン様の渋い生声が楽しめるというファン泣かせな特集ですね。
ちなみに10月からは、同じ時間帯でブレイク前のヨン様が拝める「パパ」が放送されるとか。
こちらも楽しみです。
おっと、0:30から、チェ・ジウさん主演の「オルガミ−罠−」を見なくちゃ。
それではこの辺で。
 
   
Posted at 00:26 / 韓流 / この記事のURL
コメント(0)
マックグラン=クォーターパウンダー? / 2004年08月29日(日)
以前からCMで見て興味をもっていたマクドナルドの高級志向ハンバーガー、「マックグラン」を先日ようやく食べる機会を得ました。
一口食べて思わずよぎるデジャヴュ(既食感)。
「こ・・・これは?!クォーターパウンダー?」
そうです。
これは今は昔、「♪ビーフたっぷり二倍半〜」のフレーズで一世を風靡した、「クォーターパウンダー」ではないのでしょうか?
日本のマクドのメニューからは、消えて久しいのですが、海外ではまだラインナップされていたはず。
レシピそのまま包装変えて、お値段大幅アップ、ファストフードの高級志向化の流れに便乗して売り出してみただけちゃうんかと。
疑念は深まるばかり・・・
マクドに詳しい方、とくに海外マクドにも詳しい方、そのあたり教えていただきたいです。
 
   
Posted at 12:52 / 雑感 / この記事のURL
コメント(0)
ジャスミン緑茶 / 2004年07月04日(日)
「ジャスミン!」「アラジン!」
というわけで、伊藤園のジャスミン緑茶です。
昔どこぞのハーブティーを飲ませるお店でジャスミンティーを飲んだことがありますが、
その時の感想は「うぇー何コレ、バスクリン?!」だったんですよ。
思うにハーブものって、ベースとなる味が「お湯(ようは味が無い)」でそこに香りだけ
がふわふわと乗っかってる。妙に上っ面だけな印象があるんです。
だから嗅ぐだけならいいけど、「飲むもんじゃない」とずっと思いつづけてました。
でもこれは違います。ベースの緑茶がどっしり腰をすえて、そこへ爽やかなジャスミン
の花が香る。爽やか。清涼感。
よく冷えたのをのどに流し込むと、このところの暑さが2・3℃やわらぎます。
「コレだよ、コレ!」
って感じで愛飲してます。
カレー、エスニックフード、中華料理にも合うし、ケーキやお菓子、スナック類との相性
も抜群なんですよ。
でもねぇ。最近近所のコンビニから姿を消してしまったんです。
何せ伊藤園のお茶って「おーいお茶」を筆頭に「おーいお茶濃い味」「濃い味ウーロン」
「麦茶」「会席ほうじ茶」「緑茶習慣」と乱立状態。
天下の「伊藤園」とはいえ、コンビニの飲料スペースをお茶だけで埋め尽くすわけには
いきませんからね。そうなると、やはり毛色の違うものを落としたくなる。。。
というわけで、どうも同族に食われてしまってる気がしてなりません。
本当美味しいんですけどねえ。
商品情報はこちら(http://www.itoen.co.jp/products/kobetsu.php?id=6)をどうぞ。
お近くで入手できない方は、通信販売もしてくれるようです。
頼みの綱の近所のスーパーも現品限りってかんじなんで、私もそろそろ通販にすがら
なくては・・・
 
   
Posted at 14:02 / 雑感 / この記事のURL
コメント(0)
ギター侍 / 2004年06月27日(日)
昨日の「エンタの神様」(NTV土曜22:00〜)にはギター侍こと波田陽区は出ませんでした。
残念!
知ってる人は知ってると思いますが、知らない人のために説明しますと、「ギター侍」というのは
彼独特のギター漫談スタイルの毒舌(といってもそんなきついものではない)トークです。
素浪人風の着流しルックで、独特の節回しにあわせて芸能界ネタを「斬り」ます。
 ♪「私○○〜○○○っていうじゃなーい?でもアンタ、○○ですから、残念!○○○○斬り!」
こんな感じです。
ネタ自体は、はっきりいって荒削りなんですが、そのテンプレートの新鮮さ、優秀さがウケて目下プチブレイク中です。
真似されやすいのも特徴で、明石屋さんまが「恋のからさわぎ」でパロったりして、じわじわ世間に浸透しつつあるようです。
もうひとひねり「斬れ味」に磨きをかければ、大ブレイクも近い?
まずは芸能界ネタのみならず、政治・時事ネタも斬ってほしいですね。参院選シーズンでもあるし。
あと、関東限定CMのパロディーは勘弁。他地域のものには厳しいっす。
早く人気が「全国区」になることを期待。
(今は「比例区」ですが)
 
   
Posted at 12:36 / 雑感 / この記事のURL
コメント(0)
台風なのです / 2004年06月21日(月)
梅雨に入るなり「中休み」の晴天が続いたと思ったら、また台風の到来です。
ものごころついて以来、この時期の台風って記憶に無いですね。
台風というと、子供の頃はなんだか少しワクワクした記憶があります。
学校は休みになるし、停電&雨戸閉めにより真っ暗な家の中で、ロウソクをともすのは
ちょっとしたサバイバル気分でした。
親たちは家屋のことが心配で気が気じゃなかったんでしょうけどね。
いまや自分が家の心配する立場になってしまったんだなあ…
 
   
Posted at 09:55 / 雑感 / この記事のURL
コメント(0)
 
 
Powered by yaplog!