構造や規模に大きな違い 

April 13 [Wed], 2011, 11:13
 【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)のフローリー事務次長は12日、福島第1原発事故の国際原子力事故評価尺度(INES)の暫定評価が旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じ最悪の「レベル7」に引き上げられたのを受け、ウィーンの本部で記者会見し、二つの事故は「構造や規模の面で全く異なる」と指摘した。
 同事務次長は「チェルノブイリ原発では原子炉が爆発したが、福島第1原発は原子炉が東日本大震災後に自動停止した」と説明。また、放出された放射性物質の量も、「福島第1原発の37万テラベクレル(テラは1兆)に対し、チェルノブイリ原発は520万テラベクレルに達した」と規模の違いを強調した。


いったいどんだけ大丈夫で、どれだけ危険なのか?
わけわかんないですよね。

テレビなんかは大丈夫、大丈夫って言っているけど、
原発の専門家の人なんかは「これは非常に危険ですよ」みたいなこといっていますからね。

本当のところはどうなんでしょう?


ウーマシャンプーの成分


ゼロプラスのウーマシャンプー

おやすみ骨盤サポートパンツ 効果
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:openflow2014
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる