美しさに主眼を

May 09 [Thu], 2013, 1:21
審美歯科というものは、美しさに主眼を置いたトータルな歯科医療のこと。歯の役割には物を噛むなどの機能面と、清潔感を与えるなど審美的な側面があり、共に健康面においてはとても大事な要素であることは周知の事実だ。
現代社会を生きる私達は、1年365日体内に蓄積され続けるという恐怖の毒を多彩なデトックス法をフル活用して体外へ出し、ワラにもすがる想いで健康体になろうと皆必死になっている。
美白用の化粧品であることを容器などでアピールするためには、まず薬事法を管轄する厚生労働省の許可が下りた美白の物質(よく扱われるのはアルブチン、こうじ酸の2種類)を取り入れている必要があるということです。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加した美肌水はお肌に優しく、乾燥肌の人に適しています。防腐剤や香料などを使っていないため、皮膚の敏感な人でもお使いいただけるのが特長です。
形成外科や整形外科とは異なり美容外科が欠損などのない健康な身体に外科的処置を付加する容貌重視の行為であるとはいえ、やはり安全性の意識がなっていなかったことが大きな要因としてあるのだ。
ボルガライス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:opdshuf
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/opdshuf/index1_0.rdf