尾行代金の設定が時間単位で行われている場

June 13 [Mon], 2016, 3:42
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行をする時間が短い方が、費用が少なくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べておくことが重要です。その中で、最も怪しい時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵側も余計な手間がかからず、お互いのメリットとなります。



ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。


信頼する人に付いて行ってもらえば、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。

信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。

着る洋服を見ることで浮気の事実を突き止めることが出来ます。浮気をしているときに、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。おしゃれにはこれまで疎かったのに、突然にファッションにこだわるようになったら用心して下さい。今後、浮気をしそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかも知れません。
探偵による浮気調査の結果、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料の請求は配偶者と不倫相手双方にすることも出来ます。
パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を共に過ごすことは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求し、離婚する決断もありでしょう。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料をもとめれば、確実に別れさせることもできるはずです。
浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあったら、調査が必要とする時間は減るので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。そうはいっても、浮気をしているときが特定できているなんていっても、見知っている人におねがいして写真撮影をおねがいすると、骨折り損になることは確実です。

ひそかに証拠を握りたいときにはやはり探偵におねがいするのが最も確かな方法でしょう。探偵による調査は高額ですから、自分でやってみようとする人もいるものです。



TVのドラマでは何気なく尾行してますけど、いざ、自分がしてみると変に思われず相手を見張り続けるというのは想像以上に難しいはずです。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。



相手の行動を見逃さないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。どのような行為をしているか記すことで浮気の裏付けができることもあるでしょう。日々の人間の行動には、ほぼ習慣が出来ます。にもか代わらず、浮気をしてしまっていると、動きの法則性が変化してきます。
時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れ立ところを確認できたら、行動を注意深く見ることで、浮気の証明ができる可能性が上がります。もし、貴方が不倫などに向き合うことになり、慰謝料を要求しようとするのなら、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけない訳ですし、間違いのない、裏切りの数々を見せられなければなりません。


貴方が、探偵に助けをもとめるのならば、浮気の証拠をキッチリとした形で撮影してくれるのですし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を用意してくれるでしょう。
変わりはほとんど無いと言っても言い切れます。共に、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。
しかし、差があるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても離婚を避けたいのなら密会の場面に行こうとするのはするべきではありません。
浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。
神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)に血が上って、居直ってしまって、元の関係に戻ることができなくなってしまうことがあるでしょう。加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるようです。



時間給は、人数×時間で計算した費用です。調査にかかる時間が短いほど請求額も少額となります。


なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、できる限り事前に自分で調査しておきたいものです。
調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。


パートナーの行動を毎日記録するようにすればいいのです。


日々の仕事に出掛ける時間、帰ってくる時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。



配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をみつけることもあります。


まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニエンスストアのレシートをいつも見ることが多くなったら、その周辺に習慣的に何回も行っている事になります。そこで見続けていると、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかも知れません。

法律的に、結婚している男女が婚姻関係にない人と自分から性的に親密になることを不倫といいます。
つまり、法律的にいうと、男女関係に発展していなかったら共に出かけたりしても、不倫ではありません。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるという事も考慮してみてもいいかも知れません。どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、多くの場合は3〜4日間です。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも一般的なケースです。

パートナーがとても慎重な性格だとナカナカ証拠がつかめなくて、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあるんです。一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、調査期間は1日で済向こともあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愛海
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/opb5ibpec4rnra/index1_0.rdf