今年の渓流部はオシマイ! 

2006年09月19日(火) 17時37分
私の今年の渓流テンションは上がらなかった。

結局、2回しか釣行に行かなかった。

お店でも、ほとんど新規のお客様も増えず、商品だって動きが悪い。

何故か…。

答えはシンプル。

HOTSHOTの松本さんが亡くなってしまったから。

いろんな意味でどうでもいいや感が自分に出てしまった。

でも、それを反省もした。

来期こそはもっともっと、強く仕掛けて行けるようにしていきたい。

だって、それも恩返しになるのだろうから。

始まりはココだった。

男鹿川のお蕎麦屋さん「まるなか」。

ここの蕎麦を食べに行って、温泉に入るだけで幸せだった。

来年こそは…。

もっと、業界をお客様を盛り上げられるように、頑張りたいと思います。

松本氏の死から…。 

2006年04月02日(日) 23時47分
ミンナが連絡をくれました。

ミンナの心が一つになりました。

「僕らは松本氏の意思を受け継いで釣りをしなければならない。」

こんな写真が続々と送られてきす。

僕らは今後、しっかりと松本氏の魂を受け継いでいくことでしょう。

お願いです。

三途の川にいる…尺上を釣り上げたって松本さんが言ったら…。

また、いつもみたいにミンナで笑いましょう。

辛いのです。 

2006年04月01日(土) 0時37分
僕らは20名弱です。

でも、僕らは伝えなければならない事があるのではないでしょうか?

今、皆さんの気持ちを待っています。

詳しくは小林ブログを見てください。

今年の渓流では「無き尺山女」は本当の意味で「泣き尺山女」になってしまいました。

涙が止まりません。

大珍事発生! 

2006年03月27日(月) 4時49分
OPA!の裏顧問こと、ウチの税理士であり私の高校時代の旧友、沖村がやりました。

男鹿川で虹鱒の55センチをGET!

現地でも初の大事件らしく大騒ぎ…。詳しくは…。

男鹿川でこだわりのお蕎麦を営んでいて、唯一の釣り情報サイトをお持ちの「古代村」のHPをチェックしてください。

そして、これが帰ってきてからの映像。


入山沢と本流の合流近くの岩盤をジュンミノーの55SDで攻めていたところ、ギラッと頬の虹色が反転したかと思えば…。

ギュウゥゥーーーーン!

と、ロッドが絞り込まれ猛ダッシュ。

そこから、近所の餌のおじさんを巻き込み、約一時間の死闘を繰り返し…。

全身筋肉痛で駆け回った結果がコレ。

いやはや…レジェンドを残しました。

ヒレもピンシャンで顔つきも勇敢。上流の管理釣り場から逃げた魚が五十里湖に降りて戻ってきたのではないかとの推測。何故なら、漁協もカンツリもこのサイズの虹鱒の放流はしたことが無いとのこと。

強烈です。

恐るべし…OPA!渓流部の裏顧問。

尊敬します…。

解禁!渓流部! 

2006年03月24日(金) 10時30分
渓流の解禁はどうしてこんなにワクワクするのだろう?

きっと、まだ寒くて大した釣果は期待できないし、雪だって残っていて遡行しにくい。行き道だって凍結してるから、命がけである。

でも、あの解禁のまだ誰の手も入っていない「ピーン」と張り詰めた川の雰囲気。雪の合間から見えるふきのとう。雪解けをはらんで押しが強い川の流れ。キリキリと肌を締め付ける水温。

…また、今年も始まったという安心感と期待感と懐かしさを混ぜたようなくすぐったい気持ち。

これがたまらないのである。

そんな訳で飛び出した渓流部の面々。


そして、半年の間、無沙汰だった「まるなか」のご主人、阿久津さん。いつも、美味しいお蕎麦とおもてなしのトン汁やお漬物、さらに、釣り券や着替えもさせていただいて…。ありがとうです。

さぁ、いよいよスタートです。

そして、期待はむなしく。 

2006年03月24日(金) 10時05分
しかし、川に降りると…一面の銀世界。

水温は4度。

放流魚はそれでも流れの中から、ユラユラと出ては来るものの…。

越年魚や天然魚は無反応…。

いつも通りの釣果はさて置き…な、初釣行であります。

さらに、渓流筋が衰えた半年振りの川歩きの為…。大転倒!

カロリーを余計に消費するので…。ああ、蕎麦が10倍うまい!!

私は後ろで飽き気味なので…。いっぱいヤリツツ…雪遊び!それくらいでも、楽しいもんである。

「渓流で飲んで遊んでいる雪だるまから、酒ビンを奪い返そうとするの図」

それでも、健闘し! 

2006年03月24日(金) 10時03分
佐久間部長…初山女捕獲!

バーバーリアン番場さん…快心の一撃!

クレナイかさねさんだって…この魚!

…。まだ、虫も出てこない冬寒の渓流。春の声を感じながらの釣行。

こんな時期は、たった、一匹でもいいのです。

いい魚に出会えた喜びは何十倍にも膨れ上がり、僕らの2006年春の思い出として、心に残るのです。

だから、渓流は楽しい。一匹の魚の価値を上げられるから楽しい。

そんな時間を過ごせる仲間がいるから楽しい。

この後も、続々と渓流へ向かう部活動のメンバーのみなさん!

今年もいい釣りをしましょう!そして、このブログ用に写真を沢山撮ってきてくださいね!
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ぷるん
» 今年の渓流部はオシマイ! (2008年10月05日)
アイコン画像新妻Y
» 今年の渓流部はオシマイ! (2008年09月30日)
アイコン画像ちちち
» 今年の渓流部はオシマイ! (2008年09月24日)
アイコン画像50t
» 今年の渓流部はオシマイ! (2008年09月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:opakeiryu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる