OPA!カンツリ部 in高萩 

2006年03月05日(日) 11時01分

だいぶUPが遅くなってしまいました!すみません!

総勢17名による3/5(日)の部活動 in 高萩。

今回は写真が多いため、アルバム形式でUPさせて頂きました。
こちらをご覧下さい!

顧問代理 キタミ

梅の花舞う…水戸の春 

2006年02月28日(火) 0時46分
心の旅から帰還した顧問…。久々のカンツリ部、隠密釣行に行ってまいりました。

目指すは…この所、三桁(100本)釣果の報告が続々と届き、HPも開設した、好調「水戸南 フィッシングエリア」へ…。

そして、イキナリのネタかまし!

久々の釣行過ぎて、北関東道への分岐点にてマッキーの歌を熱唱したが為に、笠間方面へと爆走してしまった、オトボケDon。

でも、あの道って絶対に間違えますよ!

だって、常磐道から方向的には、大洗方面は右に行くべきところ…。二股の分かれ道を右に行くと…あぁぁぁ。…笠間方面。

道路デレクターのセンスの無さを感じます。

…。私のせいではアリマセン!

で、無事、7:30に到着。

早速、小さい池にてスプーンをキャストする面々。

今回のメンバー紹介!


初参加のカンツリ部。川岸さんは、やはり工房 峰岸 シェイプの使い手。初鱒Getで息YoYo−!

釣りを始めると集中しすぎて人格が破綻する…。言葉少なくパターンを探し、昼はカロリーメイト、釣れ無かったらモクモクと、釣れたって集中力を高めるばかり…。でも、人に釣れるパターンを教えてくれる。カンツリ修行僧…篠田さん。

そして、OPA!の新スタッフ!マメ柴のユリ!
「精々お前ら頑張れや!オレの獣のカンでお前らを叩きのめしたるぅ…。」

オマケで釣りにいけないストレスが溜まる…国家公務員のサッチさん。


空を…空を見上げると…。

今にも泣き出しそう・・・。

それが為に、プレッシャーと気圧は下がり、気温も湿度も上がり…。

Goodコンディション!

さてと…久々に楽しませてもらい鱒かぁ!

調子イイヤン!水戸南! 

2006年02月28日(火) 0時30分
小さい池の反応がイマイチだったので…。

ガラガラの水戸南でポイントをスカサズ移動し、大きい池へ・・・。

そこで、篠田さんの雄叫びが木霊する。

「でがぁぁぁぁっぁぃー!」

唸るクリック音。ラインが止まらない!

ドナルドソン博士アリガトウ!ボク貴方に出会えて(・。・;)カンドーです!

今日の水戸南は調子がいい。
全く初体験の川岸さんもボチボチ釣り上げ、

最近、オリンピックのお陰でミキティーに似てると言われ浮かれる!サッチさんもノリノリ!

・・・じゃあ、ココでジュースを賭けて戦いますか??

恒例の!「ガチンコ20分!ジュースマッチ!」

またもや開催です。

Donから死臭が…。 

2006年02月28日(火) 0時19分
当然ですが…。初カンツリの川岸さんが一番熱い、ブレイクラインが絡む池の端。

次に入ったサッチさんは女性ハンデで真ん中の噴水の流れがぶつかるポジション。

オモムロに私に近づいてきた篠田氏…。

「Donは何処入ります?選んでくださいよ!」

チラチラと二人の間の一番釣れていたポジション脇を見つめる篠田氏。

あのポジションに入りたい!でも…プライドが邪魔をする。

「あぁぁ。私はこっち側でいいですよ!ココで勝てたらホンモノでしょう?」…悔しいがプライドが前に出てしまい思わず譲ってしまった…。偽善者Don。

「では…ここに入らせていただきます!徹底的にやっつけますよ!」…ついにDonを倒すとほくそ笑む…篠田氏。

…ねぇ…戦いはさぁ。本当に集中できた人間が一番楽しめるし、一番カッコいいんだよ・・・。私は釣りを離れていたから…。どうしようも無い人間になっていた。

んでもって・・・己の本当の力を賭けてスタート!

…でも、勝てると思っていた。余裕が甘えを生んだ。人への甘えがさらに失敗を生んだ。

結果発表! 

2006年02月28日(火) 0時18分
「きったぁーあ!」サッチさんイキナリの2本Get!

「おらぁーおらぁ!」篠田氏も2本キャッチ!

「きっ来ましたよ!」川岸さんも1本キャッチ・・・。

教訓…。

カンツリは場所に始まり、場所に終わる。

しかし…気合と修行に勝るものはなし。

釣りは…継続に勝るモノもなし。

Donノーバイト。

どうにか2本かけて、1本Get。

そして…。結果。

優勝!篠田氏!3本…さすがにカンツリ修行を惜しまず積んできた人間は違う!

準優勝!サッチさん!2本。もうビギナーズラックとは呼べない。

ドベ…。各人1本。川岸さん。Don。

川岸さんの検討は称えたい。それほど教えてもいないと言うのに・・・。

ヒドイゲームである…。完全に負けました・・・。カンツリ修行をサボリの自分を反省。

篠田さんは一匹釣ると、Hitしたルアーをすぐにチェンジし…小さい池でのスレさせないパターンを構築。

結局10枚前後もも20分でローテーションをしていた…。驚愕の事実。

私はサボリでカンが薄れ…。同じルアーを投げる捨てキャストが多すぎて…。あえなくダウン。

これが修行僧との格の違いです。こういうのって、大切なんですよね。

自分を信じられる…力。

そこまで集中できる人はあまりいません。それが、篠田さんの真骨頂。

……ココで軽く放流が入り!川岸さんが赤金鱒玄人で入れ食いに!

雨が強くなり、ダメダメな弱い心で、やる気が薄れてくるDon。

「おめーら…雨激しくなってきてんだぞ!毛皮のみ羽織って繋がれてるオイラの身にもなってくれよ…。」

しかし…ユリも震えだすほどの豪雨に突入。

時間は丁度11:00帰る頃合だ。

「何でコンナ天気なの??天気にはカナワン!」

「って言うかオメーラさぁ…。朝からパラツイテいたじゃんかよワン!バッカじゃねーの??早く帰るべよー!ワンワン!」

そして、この日…。3時間半で一人20〜30本をGet。ドナを2本キャッチ!確かに好調ですねぇ。

久々の釣りで自分に欠けていた何かを思い出したDonでした。

私は…。私は釣りが無くては死んでしまいます!

さぁーて、次の水曜は何処へ行こうかしら??

今週末の連絡…。 

2006年01月27日(金) 1時38分
今週末のOPA!カンツリ部活動は…。

自主練習とさせていただきます。

豊内さん…。ごめんなさい…。

体調が80%くらいなので…。

夜のシーバス部、Don復活祭にかけさせてください!

では、ミンナ練習サボらないように!

パラダイスってあったんですネェ。 

2006年01月21日(土) 21時55分
西の方にパラダイスがあるって話を聞いた…。

その昔…。アメリカの広大な台地に降り立ったイギリス人たちはとにかく西を目指したそうだ…。

そう。新天地!

その頃の流行語大賞は「Go!West!」古き良きアメリカの西部開拓物語である。

都会人と呼んでいいのか…東の玄関口にある柏の僕らは、最高気温が10度を切ると心は西へ向く…。

山を越え沼津の冨士伏流水の湧き水が溢れる、柿田川フィッシングストーリーへと向かう定休日の水曜日!

素晴らしき釣りの物語は今日生まれるのだろうか…。

今日のカンツリ水曜部。参加メンバーは以下の通りです。

右から…。
「コエダメ殻抜ける為に…。本日は柿田へと来させていただきました…。1000年Qこと千年です…。」
「っっっ!っしったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁっぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!!シーバス部の南です!通信兵です!」
「ハヂメまして!六度九分テスターのクランク部であり、カンツリ部初挑戦の蜂のごとく舞い、蜂のごとく刺す!サンタ・山Beeです。」


そして、右から…。
「きゃぁー!行きの車でお菓子を沢山食べたから!元気!スタジオ峰岸のシェイプを買ってさらにウレシー!池に落ちないようにがんばるキタミです!」
「…。会社に有給とって来て失敗だったかなぁ…。今年はイイ釣りしてないからなぁ…。がんばります!峰岸です!」
「前回釣れずに…。元気…1/100…ゃまぁ…。ゃまゃま・さっち山です。」

そんな、ウラブレタ仲間と…。新年以来。「イイ釣り」をしていないDon・小林と癒しの旅に出た…。柿田川の物語…。

少しお話にお付き合いいただけます??
少し…楽しい自慢噺を聞いてくれます?
釣りにいけない皆様のフラストトレーションを溜めることかとなるかと思うのですが…。

平日の朝の八時はガラガラです。 

2006年01月21日(土) 21時40分
隣に流れる柿田川は冨士の伏流水で透明度も高く、いつでも水温が14度。夏も冬もとにかくトラウトの適水温。

そして、キッチリと餌を与えられて管理が行き届いたトラウトたちのコンディションは…。

多分、日本一なのではないでしょうか?これこそ、文字どうりの「管理」された「釣り場」。…素晴らしい。

朝方は全国各地に養魚場として魚を出荷しているので、OPENが8時と遅め。それでも、ナイター設備で夜の7時まで釣りが楽しめます。

そして、柿田川F・Sはとにかく池が多い。

人もいないので、何処から釣ろうか各池を回ってみてみると…。
噂に違わぬトラウトの量…夥しい量…。池の中が真っ黒に見えるほどの魚の量。

とにかく、スレガカリをしないように気をつけるのが大変。でも、段々と慣れてきて、スレで鰭や魚体の上をスプーンが通過したときは「モャァー」とした感触があり、口でフッキングしているときは「グゥッ!」としっかりした押さえ込みがわかる。

柿田川の魚はとにかく引く!何しろ引く!「でがぁぃ!」と思っても30センチ強…。だから、口ガカリしたときはしっかりとしたアタリが出るのです。

そして、僕らはまず大物池で運試し。

誰がBigOneを釣り上げるのでしょう?

ここでも、とにかくスレが多い。だからしっかりとしたアタリが出るまで、じっくり巻いて…。

唸るドラグ、ラインの悲鳴、来ました!来ましたYo−−−−!


DonがGet!そして、さっち山がGet!
でかい!確かにデカイ!でも…。スレがかりなのです…。残念ながら…。

ここら辺でアタリが遠のいたので…。イヨイヨ100本Get予定の2号池へと…。

とにかく…何はともあれ…。釣れるのです。 

2006年01月21日(土) 21時30分
投げる…。巻く…。釣れる…。

タダひたすら…。その繰り返し…。

柿田川はライブカメラが付いているので、はしゃぐ僕らの様子を見て、針谷さんから電話が…。

「なに!随分楽しんでるじゃない!凄いでしょう!柿田川!まぁ、それでもスレて釣れなくなって来るから…。」

そんな心配も他所に…。入れ食いは止まらない。表層20センチをパステルカラー系のスプーンでユックリリトリーブすると…。「グンッ!」笑いも止まらない…。

ここで、峰岸さんの提案でお昼の沼津産の養殖うなぎの昼飯を賭けて、ガチンコ対決をサシで行うことに…。

人と競うと焦りが…。 

2006年01月21日(土) 21時20分
とにかく釣れる状況での戦いなので、ミンナ焦る焦る。

キタミが絶好調で飛ばし、

千年さんが追い上げる。

当然、峰岸さんは釣りまくる。

山辺さんも調子がいい。
しかしなんと…。優勝したのは・・・。

キタミ…。
「魚が全部うなぎに見えました!」
食欲の勝利か??
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お馬鹿に突っ込み!
アイコン画像コンプ
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2008年10月05日)
アイコン画像まさる
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2008年09月30日)
アイコン画像隙間男
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2008年09月24日)
アイコン画像まあむ
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2008年09月23日)
アイコン画像SHM・666蜩
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2006年03月09日)
アイコン画像SHM・666蜩
» OPA!カンツリ部 in高萩 (2006年03月09日)
アイコン画像よしかい
» 最後に…。 (2006年02月28日)
アイコン画像クランク大木
» 続き鱒Yo! (2006年01月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:opakanturi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる