ベルマトの仲谷

June 13 [Tue], 2017, 8:52
友達に看護師をしている人がいるのですが、まあまあ給料が高いと羨ましいといわれているようです。
ただし、看護師の業務は、夜間の勤務も含んでいることが多く、仕事のシフト中心の生活になりがちで、職場環境は女性が多数という特殊なところなので、ストレスを抱えている方も多いようです。



そんなことを考えると高いといわれる給料も当然でしょう。



時間のない看護師が転職したい場合、今の仕事を行いながら次の仕事先を探したいこともあるはずです。そういった時、離職しないままで、自分で転職先を見つけようとしたら、時間的に余裕がないので、丹念に求人情報をみられないといったこともあります。

そこで、看護師の転職サイトを用いると、希望条件と見合った職場を探せるので、とても使えます。



看護師が、別の医療機関に転職をしたいと思ったら、どうすればいいでしょう。看護師に限ったことではないですが、転職を決めるには、それぞれに理由があげられるでしょう。



家庭の事情に伴った望む勤務条件が変わったり、労働環境、職場の人間関係への不満など、それぞれ頭を抱えてしまうことがあることと思います。以前は疑う余地もなく、看護師をするのは女性という感じだったと思いますが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。

日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、力のある男性看護師は重宝されます。
給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。転職情報サイトの看護roo!で利用できる看護師専用のコミュニティサービスも、経験豊富な先輩看護師からの助言や看護師同士の気になる話題が網羅されていて、すごく人気です。また、看護師の疑問や質問、それから、その答えもすぐに読めるので、たいへん参考になりますね。
希望の病院や医療機関への転職を試みる看護師にとって、重大なことが面接なのです。



一般的に、看護師が面談の時に聞かれやすい質問は前のクリニックでの仕事について、これまでの職場を辞職した理由、就職したら、この病院で何をしたいか、看護観などです。

これらの質問に、すぐに答えられるよう考えをまとめておくべきです。

求人情報誌で探すメリットは、手軽に手に入り、多くの求人情報の比較がしやすいことです。



何かのついでにコンビニで買って、家でゆっくりと求人に関する情報を収集可能です。
しかし、正社員の求人もあることはありますが、非正規雇用といった雇用形態の求人が多数です。
また、必須スキルや職場環境などが理解しにくいこともあります。



当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、やる気も高まります。



看護師に階級があるのをご存知ですか?一番階級が高いのは、病院によっても違いますが、多くの場合は総看護師長や看護部長と呼ばれている人たちです。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが必須になります。
階級が高くなるほどに収入も増えます。

中には、退職金に懸念がある人ももしかしたら、多いかもしれません。退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。続いて、退職金の金額が大きいのは大学病院でしょうか。規模が小さい病院の場合は、退職時に支払われるお金は多くありません。夜間に勤務することが多いので、全ての人にとって良い仕事場ではないですが、一般的に言えることは、規模が大きい医療機関の方が待遇が良いです。
小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家の都合によってしばらくOLとして会社に勤めていました。

でも、夢を諦められませんでした。


資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。


この方法で看護師の夢を叶えたいです。
基本的には、看護士も看護師と表現するのも同じ職業のことをあらわします。
違うところは、今までは、男性を看護士、看護婦は女性に限るように性別によって区分されて称していたものです。



最近は、男女わけずに看護師という名で呼ばれています。
あなたにとってベストな看護師転職サイトを選ぶには、まず、あなた自身の希望をしっかりとあなた自身で知っておくことが大切なのです。


あまり考えないで、「転職してみたい」と考えているようでは、あなたに合う転職先など見つけられるはずがありません。

日本国内の看護師の年収は平均して437万円ほどです。


しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として勤務しているため、平均年収は約593万円になります。

公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比べてみると高く、福利厚生も整っています。準看護師の待遇をみてみると、看護師よりも平均年収がおおよそ70万円低いです。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。


入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。
夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。



漢字で書いてみるとこうして二種の字で表せます。

かつては看護士と書くと男性を、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。それが、2001年に法律が改正され、男女とも使える看護師の呼び名にまとめられることになったわけです。看護師をするきっかけとして外せない理由の一つに年収が高いということがあります。働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。ただし、そのように高給をいただくということはそれだけ自分の知識や技術を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。
ナースには精神的なストレスになることが結構あるものです。

ナースという職業は非常に多岐に渡る業務があるため、対人関係に疲弊することが多いのです。収入が良くても、それだけ、たくさん悩んでしまう職業ですから、辞めていく人も多い職場も存在します。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。


でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職することを決めたのでした。



決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。

頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。

けれども、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とつくづく実感したものでした。
看護師として仕事する際、比較的楽だと思われているのが、外来勤務によるものです。
人の命に影響するということでの責任は同一ですが、夜勤の必要がない、割と休みをとりやすいなどといった理由で外来による勤務を希望する人も増えています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aika
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる