大塚家具株の買い時を見極めるチャート分析の方法

January 07 [Sat], 2017, 16:15

株の買い時を探る方法として、
perを使うやり方もあります。


一般的にperが小さければ小さいほど割安株と言われ、
10倍以下は買い時だと言われています。

perを当てにして値上がりの見込める銘柄を
スクリーニングして行くのも悪くはありませんが、
問題は材料が出尽くしている場合です。


好材料に乏しいと、
もはや値上がりは難しくなります。

業績が良かったとしても。



そんな銘柄をつかまさされることになれば、
株価が天井で注文を入れることなり、
遅かれ早かれ下落に転じます。


株の買い時を探るためにperを当てにしすぎるのは
危険なものがありますが、実は
もっとリスクが小さくて分かりやすい方法があるんです。


それが常勝トレーダーもやっている方法で、
具体的には次の3ステップとなっています。


1.優良銘柄をスクリーニングする
2.6つの条件が成立したら買い注文
3.売りサインが出たら利益確定




■1.優良銘柄をスクリーニングする

会社四季報を使います。

月足チャートで見たときに、
株価が上がり始めている銘柄がベスト


それに加えて、コメントが適度にポジティブな銘柄を
選ぶようにします。

「最高益」「絶好調」といった言葉がある場合、
材料出尽くしの危険が高くなるので、
避けるようにします。



■2.6つの条件が成立したら買い注文

銘柄選びがすんだら、
チャートを1日1回チェックします。

チャート上で6つの条件が成立するのを待ちます


実際には、6つの条件が成立するまで、
かなり時間がかかりそうな銘柄を省き、
6つの条件の成立が近そうな銘柄だけをチェックします。


そのため、慣れてきたら
1日5分程度で済んでしまいます。


6つの条件が成立したことを
確認したら買い注文を入れます。

翌日の寄付きで
買い注文を入れるように設定をすればOKです。



■3.売りサインが出たら利益確定

買い注文を入れると同時に、
損切注文も入れておきます。

100%勝てるわけではないので、
損切に当たることはもちろんありますが、
負けるときには保有期間が短いので、
含み損でイライラすることがありません。


逆に、無事に理が伸び始めた銘柄は、
長いと半年くらい持ち続けることもあります。

早いと1ヶ月くらいで決済することもありますが、
どこで決済するか?もチャートで確認をします。

売りサインも明確に決まっているので、
サインを確認できたら手じまいすればOK。



ルールが具体的かつ再現性が高いからこそ、
常勝トレーダーは勝ち続けることができるんです。


実際に、このルールに基づいてトレードしたら、
どんな結果になるのかと言うと、こんな感じになります。



このルールを、このブログで紹介できればよいんですが、
あなたに正確に伝える自信がありません。汗


ただ、ここで紹介したルールはマニュアル化されています。

6つの条件について詳しく解説されているのはもちろんのこと、
専門的な知識を身につける必要はないので、
株初心者でもすぐに真似できるようになっていますよ。
↓↓↓




P.S

マニュアルには返金保証が設けられているので、
中身に納得いかなければお金を取り戻すことができます。


ただそれでも、不安を感じるのであれば、
このブログ経由で申し込んでくれた場合に限り、
下記の特典も特別にプレゼントしています。


これで、料金的な問題はクリアーできますよ。







投資信託で預金の利息より確実に利益を上げるためのこつ

January 07 [Sat], 2017, 16:12
現在の日本は低金利の時代ですので、投資信託の方が儲かるともてはやされることが多いです。
しかし投資信託で預貯金の利息より大きな利益を出すためには、その選び方に注意する必要があります。
投資信託を選ぶときには、分配金のことをよく考えなければなりません。預けた資産の運用成績が良好で、資産運用会社が決算を迎えて収益が出たという場合、分配型の投資信託は分配金を受け取ることができます。
この分配金の受け取り方には、現金で還元する方法と、分配金を自動的に同じ投資信託の買い付けに回す方法の二通りの方法があります。
もし分配金が出るタイプの投資信託の購入を検討しているのであれば、事前に運用会社の決算の時期をきちんと確認しておくとよいでしょう。
決算の時期の前に投資信託を購入すれば、分配金を受け取ることができるからです。しかし、分配金は投資家が投資信託を運用している会社に預けている信託財産から支払われることになりますので、分配金の支払い後は、信託財産がその分だけ目減りして、基準価格が下落することもきちんと頭に入れておきましょう。
また、決算の時期の前に解約してしまうことも絶対に避けましょう。決算の時期の前に解約してしまいますと当然ながら分配金がもらえなくなるからです。
成績が優秀な投資信託であるならば、現金で分配金を受け取るよりも、分配金でさらに同じ投資信託を購入できるタイプの分配金である斎藤氏を選んだほうがよいでしょう。
なぜなら再投資をしたほうが、優秀な投資信託の元本をさらに増やすことができ、さらに利益を上げることができるからです。
ただし、成績が悪い投資信託の場合はこの限りではありません。投資信託は選び方を間違えなければ、銀行の定期預金よりも大幅に高い金利を得ることができます。
現在の銀行の金利が0.2%から0.7%であるのに比べ、経済成長著しい新興国への投資信託であるなら3%くらいの利益を得られる場合もあるからです。
しかし、投資信託はもともと元本が保証されていない金融商品であるため、運用成績が悪ければどんどん値下がりしてしまいます。
また、投資信託の利益を受け取るときにも、銀行の預金の利息を受け取るときと同じく、税金がかけられることにも留意する必要があります。
このため、投資信託で確実に銀行預金より高い利益を得るためには、信託の値上がりによる利益と分配金の利益の双方を期待できるものを選ぶようにするのが理想的です。