スローロリスが高中正義

October 29 [Sun], 2017, 10:21
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、どちらかというとインプラントが優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。



様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。


この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、歯科医選びに全力を尽くすことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が支払いの証拠となるためなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。


もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる