スナネズミの朝ポン

September 22 [Thu], 2016, 10:17
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。保険適用されることはごくまれで、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療にかなりの危険が伴います。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。リスクをできるだけ減らすためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すことも十分あり得ます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。使用年数は普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。ろくに歯磨きもしないでいると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いでしょう。インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。健康保険が使えることもまれにありますが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくと良いでしょう。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。最大のデメリットは費用が高額になることです。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優るというべきでしょう。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛さもあるのです。入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によって相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場です。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら歯科医の判断を仰ぐことが治療を成功させるために必要です。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という段階を踏みます。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユナ
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oomyn9hbeeon58/index1_0.rdf