煩悩とは

January 08 [Sun], 2012, 14:51
いろんな出来事があった2011年も過ぎて早1週間が経ちますね。
一年の締めくくりに除夜の鐘。
除夜の鐘を鳴らす回数「108」は、人間の煩悩の数だといわれているそうですね。
しかし、その「108」の中身って具体的にはどんなものがあるのでしょうかね…。笑
個人的には、今ものすごくお腹がすいているので頭の中は食欲80%ほどいっています。
はい、太ります。ダイエットします
実際、スマホのアプリみたいに物欲○%、色欲○%などカテゴリー分けできたりしないのでしょうか。

調べてみたところ、実は、「108」というのは“とても多い”ことを示す数で、必ずしも数が決まっているわけではないそうです。
考えることがすべて煩悩…みたい感じですよね。笑

もちろん人は十人十色なので、煩悩の種は人それぞれです。
しかし、有名な考え方として人の五感に「意識」を加えた『六根』を、それぞれ好・悪・平、さらに浄・染、前世・今世・来世の要素があり、6×3×2×3で108になるというものがあるみたいです。
ただ、例えば“味覚×悪×浄×来世”のような組み合わせで、それがどんな煩悩なのかを素人が理解するのは難しいですよね。笑

より大きな枠組みだと、仏教の根本的な考え方として、人の煩悩は貪・瞋、痴の“三毒”に帰結する、というものがあります。
いずれにしても、人の煩悩は“眠い、お腹が空いた”など身体が欲するものと、頭で考えるもの、物事に執着して、自分で生み出すものとがあるといえるでしょう。
数え上げたらキリがないのかもしれませんが、毎年の除夜の鐘はそんなことに思いを馳せながら、静かに聞き入ってみてはどうでしょうか。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨッシー
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる